マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

指輪の謎Riddle of the Ring

愛しいしと。誰にもこの指輪は渡さないぞ!

指輪物語をテーマにしたボードゲーム。

プレイヤーは二つの陣営に分かれて指輪を奪い合い、ホビット側は滅びの山へ、黒の乗り手はバラド・ドゥアへ指輪を持って行けば勝ち。

戦闘はもとより、なぞなぞカードによるカードの当てあいなど、指輪カードを巡るばば抜き的攻防がアツイ。

ミドルアースに風雲急を告げる。
ホビット庄を黒の乗り手が襲うというのだ。
いち早く異変を察知したビルボは、フロドやサムに唯一の指輪を探して滅びの山に捨てるように命じる。
途中、ガンダルフの支援を受けるようにと託し。

このゲームは協力対戦型としても、個人戦としても遊べますが、基本的にはホビット対黒の乗り手の対戦が良いでしょう。
小説や映画では黒の乗り手から逃げまくっていたホビットですが、このゲーム内では対等に戦えます。
その為には各都市を回って味方を集める(カードを集める)事です。
その後は戦力を十分に蓄えた状態で目的地に行くも良し、電撃戦を仕掛けるもよしです。

そして目的地に着いてから唯一の指輪を所持している事を皆に明示した後、1ターンこの状態を持ちこたえれば勝利が得られます。
ただしその1ターンが本当に長いのです。
唯一の指輪を奪う方法は本当に沢山あります。
中でも一番精神力を奪われるのが「友好的交換」です。
別に仲が良かろうが悪かろうが、隣接したキャラクター同士はカードを1枚ずつ交換し合います。
この時に唯一の指輪を持っていかれでもしたものなら……。

波瀾万丈のミドルアースでの冒険、ここに開帳です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 稲妻老人稲妻老人
  2. Arugha_SatoruArugha_Satoru
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 5経験あり
  • 4お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘2
アート・外見1
作品データ
タイトル指輪の謎
原題・英題表記Riddle of the Ring
参加人数2人~8人(120分前後)
対象年齢13歳から
発売時期1982年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 207
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月30日 19時52分

    J.R.R.トールキンの不朽の名作「指輪物語」がこのゲームの舞台となっています。映画にもなりましたので「指輪物語」をご存じの方も多いと思います。各プレイヤーはホビットまたは黒の乗り手(ナズグル)になり、唯一の指輪を巡って争う事になります。基本ゲームは個人戦になりますが、このゲームの醍醐味はやはりチーム戦でしょう。ホビットチームは指輪を滅びの山の亀裂へ、黒の乗り手はパラド・ドゥーアへと指輪を運ぶ事が勝利への道となります。小説や映画と同様に、冒険は一筋縄ではいきません。滅びの山、あるいはパラド・ドゥーアへ行くだけでも結構な旅になります。目的地の周囲は山あり丘あり湖ありと、移動するだけでも困難...

    稲妻老人さんのレビューを読む
  • 136
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月11日 23時06分

    一言で言うと、光と闇の軍勢に別れて指輪を取り合うゲーム(ただ実質このゲームは一人勝ちルールだったような記憶もあって曖昧です……)。実は持ってたんですが、指輪のカードがすぐボロボロになって一目でわかるようになってしまったので捨ててしまいました。もったいない。今ならスリーブ必須ですね。とはいえ20年以上前のゲームで既に絶版なので、オクで手に入れるしかなさそうです。(海外でこのゲームを再版したらしい的な情報を手に入れましたが、詳しい事はちょっと解りません>参考https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f155622965)カードの取り合いは戦闘か...

    Arugha_Satoruさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 98
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月20日 06時25分

    『コンポーネント』ゲームマップ1枚※ルールブック1冊カウンター(コマ)シート1枚サイコロ1個プレイカード80枚※粥村について小説翻訳時の誤訳で、現在ではブリー村となっています。1992年に訂正されたのですが、このゲームはそれ以前の出版なので誤訳の粥村が使用されています。この点はご了承下さい。『インスト』(1)どのようにかしてキャラクターを各自決めます。なるべく黒の乗り手とホビットが同数が好ましいですが絶対ではありません。(2)各キャラクターに対応するマーカーを各プレイヤーに渡します。(3)カードをシャッフルして各人に手札として2枚配ります。(4)残りのカードは山札として所定の場所に置きま...

    稲妻老人さんのルール/インストを読む

掲示板 1件

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク