マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分~30分
  • 6歳~
  • 2020年~

それやっぱボクの!山田さんの戦略やコツ

42
名に参考にされています
2020年03月15日 01時17分

ゲームの軸がブラフ・バッティング・セットコレクションなので、それぞれ簡単に思ったことを少し。


・ブラフ

心理戦ではあるけれども、そこまでウェイトは高くない。勝つための戦略としてブラフを使うというより、ゲームを面白くするためのスパイスとして行う方がより効果的。

後述するけど、このゲームの肝はセットコレクションなので、ブラフを仕掛けてたとしても、欲しいカードはある程度予測されてしまう。かといって、セットコレクションを崩してまでブラフを仕掛ける場面もあまりないと思う。

でも、ブラフを仕掛けた方がゲームが盛り上がるのは事実。勝ち負けを気にせずブラフを仕掛けていけば、もれなく楽しい時間を過ごせるのは間違いない。


・バッティング

欲しいカードがかぶると手に入らない。バッティングの基本だが、このゲームは「ほしい」と「いらない」を同時に表明するため、必然的に心理戦に持ち込まれる。相手が今、どのカードを欲しているのか、逆に相手にどのカードを取らせたくないのかを考える必要がある。

また、あらかじめ先手(一番手)が伏せた後にほしい・いらないを考えることが出来る。この時間差がまた良くできており、ハゲタカのえじきのように、サッと出してパッと決まるような定型ゲームとは一線を画している。Eカードみたいなイメージかも。


・セットコレクション

このゲームのまさしく肝。ブラフもバッティングもこれがあるからこそ成り立っている。

カードの色ごとに[赤>青>黄]の順で高得点で、枚数も[赤<青<黄]の順になっている。なので、当然場に赤が出たら狙いたくなる。しかし被るともらえないどころか、場から除外されるため、露骨に狙うと得点が稼げない。

また、同じ絵柄はセットに出来ないため、保有しているカードの状況によっては、別の色のカードに逃げる戦略もアリ。敢えて別の人と被せて場から高得点のカードを除外する戦略もあるけど、山札の枚数を考慮すると、相手を妨害している余裕はあまりないかも。


そもそもガチで勝ちを取りに行くようなゲームではないから、ここまで考える必要は無いんだけど。

適度にブラフを混ぜながら、ワイワイ心理戦を楽しむゲームですね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
山田さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 9興味あり
  • 5経験あり
  • 0お気に入り
  • 10持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルそれやっぱボクの!
原題・英題表記Sore Yappa Bokuno!
参加人数2人~4人(15分~30分)
対象年齢6歳から
発売時期2020年~
参考価格1,900円
クレジット
ゲームデザインまめまめ堂(Mamemamedo)
アートワークまめまめ堂(Mamemamedo)
関連企業/団体まめまめ堂(Mamemamedo)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

山田さんの投稿

会員の新しい投稿