マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 45分前後
  • 14歳~
  • 2011年~

髑髏と薔薇 / スカルさたもとさんの戦略やコツ

347
名に参考にされています
2017年05月22日 00時37分

人となりをよく見よう

嘘をついているのか(ドクロを仕込んでいるのか)、勝ちに行っているのか(薔薇を積んでいるのか)のみのゲームなので、ほとんど心理戦のみのゲームです。

ならば、ヒントはゲーム中の所作にしかありません。所作といっても身振り手振りのことではありません。

今ゲームしているグループは1枚目にドクロを仕込む人はどれくらいいますか?よくドクロを仕込む人は?勝ちに向かうことが多い(薔薇を仕込むことの多い)人は誰ですか?1枚目は様子見で2枚目にドクロ仕込むが多い人がいるかもしれませんね。

数字の宣言でウソをついてでも人を嵌めよう(自分が競り落としたら、アウトになるのに数値を上げる)人もいれば、そういうことを絶対にしない人もいるかもしれませんね。

いろんな人がいますが、そんなに複雑な人はなかなかいません。カモ(わかりやすい人)を見つけて、その人を確定した情報として扱えば、数字の宣言の指針にもなるはずです。

仕込んだカード、数値の宣言の仕方を所作の例としてあげました。よく他人を見れば、他にも見つかるかもしれませんね、細かいことでもよく観察して、ヒントを得ていきましょう。それのみだと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
さたもとさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 630興味あり
  • 2987経験あり
  • 902お気に入り
  • 1542持ってる
プレイ感の評価
運・確率21
戦略・判断力29
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ82
攻防・戦闘0
アート・外見25
作品データ
タイトル髑髏と薔薇 / スカル
原題・英題表記Skull & Roses
参加人数3人~6人(45分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

さたもとさんの投稿

会員の新しい投稿