マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

1630年のどこか...Sixteen Thirty Something

ルールブックのイントロダクションの抄訳

「1630年何かが」は、17世紀前半、三十年戦争でのヨーロッパの政変と軍事状況に基づいたゲームである。抽象的な方法で陣営、戦役、戦争と内部権力闘争を表す。

これはスタンダードな“リスク”スタイルのゲームではないし、当初は困惑するかもしれない。覚えるためのいくつかのキーポイントがある。プレイヤーは1か国以上を担当し、他のプレイヤーとシェアすることになるかもしれない。あなたはあなたの担当する、これらの国で得点を獲得する。得点は国家の影響力とその状態に累積に基づく。影響力は影響力カード持つことで得られる。これはゲームの心臓をもたらす。投票、これはプレイヤーの主たる活動が投票するためであることで実にシンプルなゲームである。あなたは、国家を調整するために投票し、他国を攻撃させるために投票する。これを上手くするためには、特典に投票して国家に貴方が担当できるよう影響させることをできるようにしなければならない。戦争は、兵士のスタックを地図上に渡らせることなくシンプルかつ早急に戦われる、

もし、ルール読了後にすべてのルールについて未だ確かでない場合、Dufferのガイドとデザインノートを試されたい。

ゲームは3人から6人のプレイヤー向けにデザインされ、標準プレイ時間は3時間である。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 3views3views
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 3経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル1630年のどこか...
原題・英題表記Sixteen Thirty Something
参加人数3人~6人(180分~200分)
対象年齢12歳から
発売時期1995年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 147
    名に参考にされています
    投稿日:2019年02月24日 13時37分

    ゲームの開始地図の配置各国は初期状態の軍事規模と軍事能力で開始する。国威は国威トラックに記録される。軍事規模及び軍事能力は地図の該当する国に置くことで示される。例:イングランドの軍事規模は1であり、軍事規模1のカウンターをイングランドに置かれる必要がある。イングランドは軍事能力が0であり、これは軍事能力カウンターが置かれないことを意味する。地図とトラックは下記の初期セットアップ表で示される値に従って配置される。すべてのカウンターはゲーム開始時には中立であり、これはいかなる青や赤のカウンターがこの時点で地図に置かれないということである。勝利得点カウンターの取得分割された18枚の勝利得点カウ...

    3viewsさんの「1630年のどこか...」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク