中国・民の時代で家族の長となり、反映を目指そう。台湾発のユーロ風本格ストラテジーゲーム。

ロンデルのようなシステムで、ワーカーを2人を操作し、アクションを選択していきます。

手番では、下記の5つのアクションを順に実行します。
・達人カードの使用
・ワーカー(家族長)の移動
・移動先のアクション実行
・クエストカードの取得(条件を満たした場合のみ)
・クエストカードの達成

リソースには、赤・青・茶のキューブと、金のキューブがあり、それをクエストカードの達成に使ったり、達人カードの使用によるボーナスで受け取ったりすることで、点数が入ります。
また、終了時に護符も得点となり、より多く集めることで大きな得点が入ります。

アクションには、リソースを売り買いしたり、取得したり、達人カードを得たりと様々な種類があります。
一部アクションはモジュラーボードとなっているため、ゲームのたびに違った戦略を考える必要があります。

独自の要素もあり、先のことを考えて戦略的に行動することが必要な、本格ストラテジーゲームだと思います。プレイ時間は1時間少し程度で、ちょうどよい長さです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
  • 1興味あり
  • 9経験あり
  • 2お気に入り
  • 11持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル客家円楼
原題・英題表記Round House
参加人数2人~5人(60分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインエロス・リン(Eros Lin)ソン・フア・ヤン(Zong-Hua Yang (Bob))
アートワーク未登録
関連企業/団体エンペラーS4(EmperorS4)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿