マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

モンスターメーカーMonster Maker

お宝を求めてダンジョンに潜ろう!

間違いなく日本国産カードゲームの代表作品と呼んで良いでしょう。
1980年代に翔企画から発売されたこのゲーム、デザイナーは鈴木銀一郎先生、イラストは九月姫という黄金コンビ。
その後も後続作が出たり、コンシューマゲームになったり、小説になったりと、多方面に展開されたゲームです。

このゲームはドラゴンや悪い魔法使いが跳梁跋扈する世界。
プレイヤーたちは冒険者となって一攫千金を狙ってダンジョンに潜り、お宝を求めます。
しかしながらダンジョンには罠や怪物がいたり、そもそも道が分からなかったりします。
それら苦難を乗り越えてダンジョンの奥深くに眠る財宝を手にいれましょう。

財宝を手に入れたら後は来た道を帰るだけです。
が、帰り道も来た時同様に困難が待っています。
それら困難をくぐり抜けた冒険者は見事、お宝を手中にします。
しかし冒険者たる者、お宝の1つ程度では満足出来ません。
次なるお宝を求めてまた新たなダンジョンへと潜るのです。
その際、有益なお宝は持っていってもいかなくてもよし。
ただしお宝を持っていってダンジョン内で力尽きた時は、そのお宝もパー。
でも仮にダンジョンで力尽きても、またチャレンジ出来るのが、このゲームのいい所。

勝利条件は、遊ぶメンバーで予め決めておいて下さい。
さぁ、アナタもお宝を求めてダンジョンに潜ろう!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 稲妻老人稲妻老人
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 136経験あり
  • 17お気に入り
  • 63持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルモンスターメーカー
原題・英題表記Monster Maker
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢未登録
発売時期1988年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 183
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月28日 19時01分

    およそ30年前、スーパーファミコンが主力だった頃、当時うらわかき学生だった頃、昼休みに学友とたくさん遊んだのが「モンスターメーカー」。40分程度で遊べるの昼休みにピッタリなタイトルでした。進行・バトルもいたってシンプル。だけど白熱するおもしろさがあります。今は新版が出回っていますが、こちらも時代を感じずに楽しめると思います。

    竹輪御前さんの「モンスターメーカー」のレビュー
  • 298
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月04日 12時11分

    ダンジョンを距離100移動して、宝物庫でお宝をゲットして、また距離100移動すれば地上に戻れてお宝ゲットです。まぁ、何てお気軽なんでしょう、冒険者稼業とは!でも実際は、「距離カードがなーーーい!」とか、「なんでここで罠ーーーー!」とか、「キャラクターカードが底を突いているのにドラゴンだとーーー!」という阿鼻叫喚がそこら中で聞こえるゲームです。そりゃあ楽に稼げるならみんな冒険者になっていますよね?w勿論ゲームである以上、勝ち負けがあるのですが、カードのイラストがまた楽しみの一つになっているのも事実だと思います。個人的に好きなキャラクターは、やはり戦士のディアーネ様!可愛くて強いのです!モン...

    稲妻老人さんの「モンスターメーカー」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 187
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月08日 23時32分

    最初のうちに長い距離の距離カードを集めておきましょう。一番長い距離が40で、これが2枚あります。1枚でも取得出来ればいい感じで帰途につけます。また、モンスターカードはやたらめったら出してはいけません。20以上の戦力のモンスターは足止め用に1枚は確保しておきたい所です。そしてキャラクターはシーフを大切にしましょう。攻撃力としては大した事はないのですが、色々な場面で活躍してくれますので。2番手くらいにトレージャールームに着いて、ポンポンと帰る事が出来れば上出来です。取得したお宝で、冒険に使える物を持っていくかどうかは意見の分かれる所です。

    稲妻老人さんの「モンスターメーカー」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 566
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月04日 13時14分

    【コンポーネント】カード150枚:トレジャーカード:21枚プライズカード:8枚モンスターメーカーカード:121枚距離カード:57枚(5、10、15、20、25、30、40の7種類)回り道カード:3枚聖職者カード:3枚呪文カード:5枚罠カード:3枚モンスターカード:20枚(最弱6最強25)キャラクターカード:30枚ルールブック1冊【インスト】(1)トレージャーカードを裏向きにしてシャッフルし、中央に置いておきます。(2)プライズカードを裏向きにしてシャッフルし、中央に置いておきます。(3)モンスターメーカーカードを裏向きにしてシャッフルし、各プレイヤーに7枚づつ配ります。残ったカードは山札...

    稲妻老人さんの「モンスターメーカー」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク