マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2002年~

ムガル(旧版)Yurie Suzukiさんのレビュー

101
名に参考にされています
2017年04月14日 21時43分

ブラックマンデーを題材にした、シャハトの名作です。

プレイヤーは株券を購入したり、または暴落する前に売りさばき、勝利点をかせぎます。

コンポーネントは得点ボードとプレイヤートークン、株券にブラックマンデーカード1枚。

株券の山札の最後の5枚をとり、ブラックマンデーカードをそのどこかに仕込んで6枚を山札の最後にもどします。

ブラックマンデーカードが出た時点でゲームオーバーです。

まずは資金として6金のコインと鉄道会社の株券を1枚もらいます。のこりの株券は山札として、小さな得点ボードの上に1枚オープンにします。

この株券には数種類のデザイン(発行元の商標としましょうか)が描かれており、さらにそれぞれの商標が数種類の外枠で囲まれています。

まず、得点ボードの商標と自分の手札の商標が一致していれば得点をその枚数分もらえます。そのあとターン開始です。

プレイヤーがターン中にできることは、株券を競りで買うか、売るか。

まず競りです。得点ボードの株券をほしいプレイヤーは順番にコインを1枚ずつおいて競りにのります。

お金がないな・・・と思ったら競りから降りるかわりに、場のコインをすべてもらいます。

(座る順番もけっこう重要で、私の直前のプレイヤーさんはひたすら降りて小銭をかせぐので私の財政状態がきつくなりました^^;)ちなみにコイン5枚で1勝利点になります。

じゃあさっさと降りてお金稼げばいいじゃないという話ですが、ちょっと待って。

競りから降りなかったプレイヤーにしか株券を売る権利がないのです。

ただし、何でも売れるわけではありません!得点ボードに置かれたカードの枠の色と同じ枠の株券しか売れないのです。

そして、売りたい株券と同じ商標が場に出ている枚数だけ勝利点をもらいます。(お金じゃないのね)

各商標のカードはそれぞれ8枚から5枚とばらつきがあり、ここからあと何枚自分のねらっている商標がでるか、など予想しながらのかけひきが楽しいゲームです。

私がプレイした時は同じ商標をひたすら集めて、その商標が得点ボードに出たときに一気に勝利点をかせぐ作戦に出た人が勝ちましたよ。



0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Yurie Suzukiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 42興味あり
  • 274経験あり
  • 55お気に入り
  • 195持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルムガル(旧版)
原題・英題表記Mogul
参加人数3人~6人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2002年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿