マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2002年~

ムガル(旧版)8件のレビュー

  • 95
    名に参考にされています
    投稿日:2020年06月22日 20時22分
    シャハトの名作株ゲーム。何としてでも大暴落前に株を売り抜け!【ざっくり解説】ミヒャエル・シャハトの株ゲーム。長らく絶版でしたが旧版の日本語版や、新版が流通するようになりお求めやすくなりました。株を買って売りぬくゲームなのですが、株の売買権利は丼にお金を順番に入れていき、競りから降りた人が丼の中の供託金を全て持って抜ける方式です。最後まで残っていた2人に売買の権利がある。そういう方式です。ずっと競りに勝ち続けることが物理的に不可能です。そのため、どの競りを諦めるのか判断しないといけません。ゲーム最後に訪れる大暴落前に株を売り抜きましょう!【長所】基本はシンプルな競りでしょうか。相場観という...マクベス大佐さんの「ムガル(旧版)」のレビュー
  • 63
    名に参考にされています
    投稿日:2020年05月31日 22時14分
    鉄道会社をモチーフにした株ゲーム。競りの方法が面白く、1回に1金ずつビッドしていき、降りた人が溜まっているコインを総取りする。このシステムが、降りるべきか突っ張るか考えさせてくれる。お金ないと競り続けられないのでで、上手に降りていかないとここ一番のところでお金がなくなるのだから悩ましい。競りの上位2人までか株を取るか売るかの特権を得ることができる。序盤は基本的に配当目当てに取るために競り、後半は売ることを目的に競る流れになる。借金の概念もあり、競るためのお金がつきたらどうしようもなくなることを回避しているが、ペナルティは小さくなく、ここにもジレンマが生じる。最後に株が全て紙切れになるのは...maroさんの「ムガル(旧版)」のレビュー
  • 134
    名に参考にされています
    投稿日:2019年02月01日 20時42分
    [動画あり]YouTube「Jin'sボードゲームチャンネル」https://www.youtube.com/channel/UC_GBmG4nf3yUkaLWfvqj86gチャンネル登録お願いします。Twitter@jins_hhttps://twitter.com/JinshJins_hさんの「ムガル(旧版)」のレビュー
  • 166
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月04日 15時27分
    【10段階中6】(※最下部に攻略記載のようなものあり)5人でプレー。株を用いたセリゲー。それぞれが作戦を練って互いに妨害し合い運も味方につけた人が勝てるといったそんなゲームです。<プラス>ルールは単純。読み合いとカウンティングが熱い。セリも分かりやすい。ゲームテンポも早め。コンパクトなコンポーネント<マイナス>きりきりした展開になりやすいのでプレーヤーを選びそう。つまりは初心者と和気あいあいといったゲームでは全くない。箱に描かれているような列車のゲームではない。<総評>カードの枚数とコインの枚数がぎちぎちで、うんうん唸りながらゲームをするのは初めてでした。経験者の方から感想戦で色々とアド...shunさんの「ムガル(旧版)」のレビュー
  • 159
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月27日 07時57分
    4人でプレイしたときの感想です。ミヒャエル・シャハトがデザインしたゲームで、内容は鉄道会社の株券5種類を売買して、暴落カードが出てくる前に、1番お金を稼いだプレイヤーの勝利となります。プレイヤーは、ゲーム開始前に株券1枚と6コインが配られます。それを元手に、各プレイヤーの手番には、山札から1枚カードを表にして競りを行います。その競りで、各プレイヤーは、手持ちのコインを1枚ずつカートの上に置いていき、競りから降りたプレイヤーはそのコインを拾えます。競りは、最後まで降りなかったプレイヤーが株券を入手するか、売買するかを決め、2位のプレイヤーは、1位のプレイヤーの取らなかった行動をとることがで...Nobuaki Katouさんの「ムガル(旧版)」のレビュー
  • 51
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月21日 07時04分
    ガマン。このゲームのコツはガマン笑コインが多少貯まってもガマン。株券が多少貯まってもガマン。ガマンしすぎて動かないと負ける笑hanikinuさんの「ムガル(旧版)」のレビュー
  • 101
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月14日 21時43分
    ブラックマンデーを題材にした、シャハトの名作です。プレイヤーは株券を購入したり、または暴落する前に売りさばき、勝利点をかせぎます。コンポーネントは得点ボードとプレイヤートークン、株券にブラックマンデーカード1枚。株券の山札の最後の5枚をとり、ブラックマンデーカードをそのどこかに仕込んで6枚を山札の最後にもどします。ブラックマンデーカードが出た時点でゲームオーバーです。まずは資金として6金のコインと鉄道会社の株券を1枚もらいます。のこりの株券は山札として、小さな得点ボードの上に1枚オープンにします。この株券には数種類のデザイン(発行元の商標としましょうか)が描かれており、さらにそれぞれの商...Yurie Suzukiさんの「ムガル(旧版)」のレビュー
  • 71
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月28日 18時03分
    自分が好きなドイツのゲーム作家、シャハトの名作。箱絵で列車がデカデカと描かれてるので、鉄道ゲームかと思いきや実は鉄道会社の株を売り買いするゲームなんです!ゲームは山札から一枚株券カードが捲られ、欲しい人は順番に1金出していく競りです。競りから降りたら場に貯まったお金を総取り出来るんで、どのタイミングで降りるかの見極めが重要です。また競り勝ちで2位まで入ればその株券を獲得したり、指定の株券を売ったり出来るのが特徴的ですね。競りゲーっていわゆる相場感というのが掴みづらいですが、このゲームは誰がどの株券を持ってるかが全てですのでとても分かりやすく出来てます。株券の所有者が多い時に売り抜かないと...kamaji_Gさんの「ムガル(旧版)」のレビュー

会員の新しい投稿