マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~120分
  • 12歳~
  • 2019年~

マルコポーロ2:大いなる帰還ボドローさんの戦略やコツ

467名 が参考
4名 がナイス
1年以上前

■歩きやすくなった

トラベルアクションが3種類から選べるようになって、格段に歩きやすくなりました

都市-都市間の移動コストはありますが、距離に応じてダイス数を調整でき、後乗り追加料金を(ある程度)回避しやすくなったのは大きいですね


■歩かないといけなくなった

契約取得アクションは自分の拠点のある都市から契約を取る形になりました

なので拠点0では契約カードが取れません、まずは歩きましょう


■移動系キャラの強化

トラベルアクションが打ちやすくなったことと、拠点数ボーナスの強化で移動系キャラが強くなりました

がんばって全都市置き切りしてしまえば43点+15点で得点トラック一周分、そこから契約分上乗せすればまず間違いなくトップ争いに食い込めます、毎ターン複数回歩きたい


■美味しい特殊都市

3ヶ所ある特殊都市はどれもアホ程リソースがもらえるので、最低でも一カ所は到達したいところ

非移動系のキャラも7金か4ラクダの都市どっちか踏むまでは移動しましょう、やりくりが一気に楽になるので

移動前に対応する手形の用意は忘れずに(可能なら強化もしておきたい)


■追加移動カードはカットしよう

追加移動のある契約、都市アクションを放置すると移動系キャラが楽々世界一周してしまいます、自分が移動重視でなくても可能ならカットしましょう

2歩移動カードとか言語道断です


■今現在、最強のキャラは決まっていない

目標(拠点置き切り)がはっきりしている分、移動系がやりやすい印象

逆に非移動系はどこまで歩いて、どこから本格的に点数を稼ぐかを見極めないといけないので、より実力(と運)を求められるようになったかもしれない

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
Mercy
絆@ボドゲ買いすぎ
Kruck
まつなが
皇帝
ボドロー
ボドロー
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 159興味あり
  • 368経験あり
  • 137お気に入り
  • 308持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力13
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルマルコポーロ2:大いなる帰還
原題・英題表記Marco Polo II: Im Auftrag des Khan
参加人数2人~4人(60分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿