マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ライオンズ・オブ・リュディアLions of Lydia

  • ライオンズ・オブ・リュディアの画像

二人プレイ時の感想を書きます。

ケンビルさんより販売のものは輸入品なので箱など全て英語表記となっていますが、完全日本語版ルールブックが付属しており、コンポーネントにテキストが全くないため何ら問題なく遊べました。

プレイヤーはLydiaと呼ばれた古代国家の名士となり、メインボードで取引しながら資材を蓄え、勝利点となるカードを買って繁栄を目指します。

システム的にはワーカープレイスメントで、4色の『門エリア』か1つの『噴水エリア』に各自の布袋に入ったワーカーをひとつ引いて置くだけ。

門エリアでは資材が集まり、噴水エリアではカードを買ったり発展させるアクションが行えます。

最初は4色の資材を物々交換するようなイメージで取引が行われますが、次第に金色の商人コマが現れ、本作のテーマとなる『硬貨』の概念がもたらされます。

Lydiaは歴史上初めて硬貨が使用された地のようで、獅子のレリーフがついた硬貨(Lions of Lydia)が取引の価値観を変えていく…みたいなテーマ性も強く感じられます。これがゲーム内に上手く織り込まれていて、イメージ再現が秀逸です。


ゲームは資材をたくさん集めてボーナスを得る必要がありますが、それらを一気に消費してコインを得るアクションも重要になるなど、リソースマネジメントの悩ましさがあります。

カードは勝利点となるほか、『この色のコマをこの色のエリアに置くと追加の資材やコインを得る』といった能力があり、増えるほど1アクションが強化されるエンジンビルドの仕組みも。

そして布袋に入った4個のワーカーは、1つ置いた手番の最後に噴水エリアから1つを戻すアクションがあります。カードの効果で強い能力を発揮するコマの色がはっきりしてくるため、袋の中に入っていて欲しい色を集めていくバッグビルドの要素も現れます。

主な得点ソースはカードからとなりますが、場にあるカードは補充されないため完全な早い者勝ち。リソース管理に時間をかけたいのに、欲しいカードはいち早く取らねばというジレンマが常にプレイヤーを焦らします。

終了フラグは、買ったカードと同じ額を払って、より強い能力と勝利点が書かれた裏面にする『発展』を誰かが一定数実行した時点となります。これがまた悩ましく、フラグを立てたプレイヤーのみが手持ちのコインも勝利点にできる恩恵がありますが、他のプレイヤーはもう一手番行って、価値がなくなる前にコインを使いまくって勝利点を伸ばせます。

フラグを立てるのにコインを使うのでコインが勝利点になる恩恵を受けにくかったり、そもそもこのまま終わらせても勝てるのかというジレンマが終盤常にあり、誰が終了フラグを立てるのかという睨み合いに緊張感があって楽しいです。

これが二人なら45分ほどで終わる、さんざん悩んだ割に終わってみたらライトなボリュームの中量級といった印象。というかこれだけの要素を散りばめていながら恐ろしく遊びやすく、即座にもう1ゲームやりたくなってしまうような魅力があります。

更にモジュール式のミニ拡張が8種類(!)あり、ちょっとしたスパイスと更なるジレンマを加えることが出来ます。だいたい1〜4種類入れてゲーム感を変える楽しみがあるので、リプレイ性も非常に良好です。


コンポーネントは、厚いメインボードと個人ボードの他、カードはハーフサイズながらエンボス加工、プリントの入った木製資材カウンターコマも丁寧な作りで嬉しいです。

それと買う前は紙製だと思っていたコインも木製で、全面プリント仕様という高級感。主役となるコインをカチャカチャジャラジャラと扱うのが楽しく、手触りの面でも全体的に質感の良い仕上がりとなっています。


流行りの要素をシンプルに取り入れつつ、プレイ時間も感覚もライトで手を出しやすい。より多くの人に遊んでもらえるよう工夫が凝らされた名作と思います。

日本語版が無いので敬遠されている方も、ケンビルさんの輸入品なら全く問題なく遊べるので、この機会に一度遊んでみてはいかがでしょうか。

またもう少し詳しいメカニクスが知りたい方は、ケンビルさんの公式HPにて細かいルールや魅力をウィットに富んだ文章と写真で解説するページもありますので、是非とも読んでみて下さい。読むだけで楽しくめちゃくちゃ欲しくなる良質なレビューが掲載されています。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:winterkoninkske
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 51経験あり
  • 15お気に入り
  • 56持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルライオンズ・オブ・リュディア
原題・英題表記Lions of Lydia
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢14歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

155名が参考
(2021年04月06日 19時58分)
二人プレイ時の感想を書きます。ケンビルさんより販売のものは輸入品なので箱など全て英語表記となっていますが、完全日本語版ルールブックが付属しており、コンポーネントにテキストが全くないため何ら問題なく遊べました。プレイヤーはLydiaと呼ばれた古代国家の名士となり、メインボード...
続きを読む(winterkoninkskeさんの「ライオンズ・オブ・リュディア」のレビュー)
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿