マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 1995年~

1号線で行こう(旧版)moonwing-mothさんのレビュー

165名 が参考
0名 がナイス
約4年前

シュテファンドーラの代表作の一つ。双六があるので気楽なゲームと言われているがさにあらず、理不尽なまでにインタラクションの強い狂気のアブストラクトである。タイルを配置してから双六をするのであるが、そのタイル配置が恐ろしい。自分が通過しなければならないチェックポイントが決められているのだが、そこに全員から邪魔タイルを置かれると実質通過不可能になる。多人数でループを複数造られると、駅からの脱出も困難になる。手持ちがすべてバームクーヘンになったプレイヤーが何もできないのも見ていて悲しくなってくる。これに視認性の悪さからくるプレイミスも掛け合わされるので、必然的に長考が誘発され何時間かかっても終わらない。緑のカビマーク(?)が付いているタイルは移動させることができないというのも効いており、さらに悩ませてくれる。路面電車はバックできないため、路線がすべて断絶していると、ルールの穴をついてスタートに戻るしかない。

自分の駅を直線でつなぎたがるプレイヤーばかりであれば、終わるのかもしれない。コマは可愛い。

なお筆者が所持しているのはメイフェア版である。メイフェア版はタイルの品質が悪く、カルカソンヌの半分の薄さである。メイフェア版以外をおすすめする。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
国王
moonwing-moth
moonwing-moth
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 111経験あり
  • 9お気に入り
  • 55持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力7
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘2
アート・外見3
作品データ
タイトル1号線で行こう(旧版)
原題・英題表記LINIE 1
参加人数2人~5人(45分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期1995年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

moonwing-mothさんの投稿

会員の新しい投稿