マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ルイスクラーク探検隊Lewis & Clark

リソース管理しながらキャンプ地を建てつつ探検隊を目的地へと進めていくゲーム

1803年、探検隊を率いて北米大陸を横断し、可能な限り早く太平洋に到達することを目指すボードゲーム。いずれか1人がクラトソップ砦にキャンプが到達したら、ゲーム終了です。そして、その人の勝利です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 69興味あり
  • 155経験あり
  • 39お気に入り
  • 114持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力13
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見3
作品データ
タイトルルイスクラーク探検隊
原題・英題表記Lewis & Clark
参加人数1人~5人(120分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 126
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月08日 09時05分

    ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!ルイスクラーク探検隊は、人物カードを使ったアクションを実行しリソース管理をしながら、探検隊を目的地に徐々に前進させていく面白いボードゲームです!カードをどういう順番で使うのか、他のカードの効果を実行するために潰すカードをどれにするのか、他の人はどんなカードを出すのかといったことや、インディアン駒のやりくりといったこと、少し先の先あたりまで見越したゲーム進行が必要です。こういったことが好きな人にはオススメできるゲームです!一方で、カード効果がアイコンだけでは理解しにくかったり、どのようなカード...

    オグランド(Oguland)さんの「ルイスクラーク探検隊」のレビュー
  • 177
    名に参考にされています
    投稿日:2020年06月05日 05時59分

    ワーカープレースメントとハンドマネージメント、リソースマネージメントを軸としたレース。19世紀初頭の北米大陸横断をテーマとしており、内陸部から西海岸へ最初に到達した人が勝者となる。ゲームの目的はマス目状の1本道コースを、前進と後退を繰り返しながら、太平洋側を目指すという非常に単純で分かりやすいものである。しかし、その実、このゲームの核心は、リソースと人物カード効果の相互作用で成り立っており、パズル的な要素が強い。緻密な計画と正確な計算により対戦相手を出し抜かないと勝利することは難しい。また、ルールもやや細かいものがあり、これが微妙な計算に関係してくる。インタラクションは少な目で、アクショ...

    maroさんの「ルイスクラーク探検隊」のレビュー
  • 240
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月08日 23時04分

    ルイスクラーク探検隊をモチーフにしたレースゲームです。セントルイスから河を進み河口にいち早く到達した人が勝利します。このゲームは他のゲームと異なり、河口に誰かが到達した段階で即座にゲームが終了します。まだソロゲームしかやっていませんが、ワーカープレイスメントとハンドマネージメント要素が混ざったゲームですね。準備自体は各資源とインディアンをマップに配置して、カードを受取る準備はこれだけ。ソロモードだとアレクサンダー・マッケンジーと資源トークンを追加するだけ。ソロヴァリアントルールを採用するゲームは専用のカードやタイルがあって少し面倒な部分があります本作はシンプルです。プレイ自体もシンプルで...

    NekoMadamさんの「ルイスクラーク探検隊」のレビュー
  • 256
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月12日 22時57分

    ★★★★☆4.5/5.0(プレイ回数:1回)川を上り山を越えてゴールを目指すレースゲーム。ボードを見ると一見ワーカープレイスメントっぽいけど、本質はハンドマネジメントゲームなので要注意。つまり、ワーカー=正義ではないということ。手札は原則2枚セットでプレイする。1枚が実行するアクションを示し、もう1枚は裏面を使ってそのアクションの実行回数を示す。カードの効果の多くは、資源を獲得するか探検隊を前に進める効果だ。手札は使い切りで、一度使うとキャンプを行って回収するまでは使うことはできない。キャンプを行うと、手札を回収するとともに、自分の探検隊のいるところまでキャンプを進めることができる。これ...

    R@さんの「ルイスクラーク探検隊」のレビュー
  • 241
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月05日 12時51分

    探検隊の一員として目的を目指していくゲームです。手番では、所持している人物カード(色々なアクションが描かれている)を使ってアクションを行い、こまを進めていきますが、コマが二つあります。偵察隊とキャンプのコマ。勝利条件はキャンプコマがゴールについたら勝利ですが、自分の手持ちカードが無くなった場合、キャンプを構えて、偵察隊が戻ってくる。非常に探検に近いゲームです。また色々な人物に出会い、手札が増えたり減ったり。そしてアクションをするためにインディアンのコマを使ったりと、アクションの仕方はたくさん。駆け引き要素は少ないですが、うまく素材などを集めながら探検を楽しめるゲームです。

    きぬりすさんの「ルイスクラーク探検隊」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿