マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 30分~150分
  • 12歳~
  • 2008年~

ル・アーブルchimitaipapaさんの戦略やコツ

184
名に参考にされています
2019年02月08日 13時21分

借用書を使った戦略について、考察されたサイトがないので、投稿します。


アグリコラでは物乞いは-3、ル・アーブルで借用書を最後まで返済出来ないと-7となる為、借用書使うべからず。と思いがちですが、借用書を使ってこそ高得点を狙えると思ってます。


借用書をプレイできるのは食料を払えない時か利息を払えない時です。借用書を使うと、その時点で4フラン(4飯)調達でき返済は5フラン、5枚でも25フラン(実質ロスは5フラン)また、借用書は何枚持ってても利息は1ラウンドあたり1フランなので、1ラウンド終了時に借用書をプレイして16ラウンドで完済するとしたら、利息は15フラン。40フラン(実質ロスは20フラン)程度のマイナスは実はすぐに取り返せます。


借用書を使う最大のメリットは、建設資材の調達と建設だけに手数を使うことが出来る為、借用書を使わない人(食料調達の為に手数を使う人)と比べて、建設資材を独占しやすく、いち早く建物や船を建設出来るということです。建物を早く建設することで他人から使用料が取れますし、重要な建物や船を早く建設することでゲーム中盤以降に食料調達に困ることがほとんど無くなります。(つまり食料フェイズで借用書に頼ることが無くなってきます)序盤から中盤は食料調達に翻弄する他人を尻目に建設資材の調達と建物や船に先行投資し、終盤には簡易裁判所で借金を棒引してもらい海運会社で商品を大量に売りさばけば借金はあっさりと返済出来ます。


全員が借用書を使った展開になるとどうなるかまだ検証していませんが、食料調達に手数をかける人には確実に勝てます。前々回2人プレイフルゲームで、112対241の大差、前回3人プレイフルゲームで、98対108対167の大差での勝利でした。


借用書を使ってガンガン先行投資してこそル・アーブルの本当の面白さを感じ取れると思います。是非お試しください。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 村上和博
  • まつなが
chimitaipapaさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 105興味あり
  • 216経験あり
  • 58お気に入り
  • 216持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルル・アーブル
原題・英題表記Le Havre
参加人数1人~5人(30分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク