マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2018秋年~

怪盗オーシャンズ大下バルサラさんのルール/インスト

77
名に参考にされています
2018年11月14日 17時23分

作者です。

下に取説を掲載していますが、インストが難しいという声を聴きますので
私が説明している内容を上部に掲載いたします。

参考にしてください。


≪シチュエーション≫
プレイヤーみなさんは怪盗になって
ラスベガスにある巨大カジノのダークマネーを盗みに入ります

みなさんは巨大カジノに客として潜入するところまでは成功している状態から
話しが始まります。

客として潜入したカジノですが、そこで初めて分かった事があります。
それは中央金庫のお宝(50億ドル)が入った金庫は、東西南北に4っつに分かれていて
1つは50億ドルのアタリ。しかし3っつは外れの金庫になっていました。

≪役職≫
キャストは
・怪盗2人
・怪盗のボス1人
この3人は金庫のお宝(50億ドル)を探し当てたい

しかし、怪盗の中にはカジノから雇われた
・探偵が1人
が紛れ込んでいます。
この探偵は、はずれの金庫に導いてお宝を守るように誘導してください。

≪流れ~フェイズ~≫
このゲームは大きく分けて 2つのフェイズがあります。

・金庫のお宝に辿り着くまでのフェイズと
・無事にお宝に辿り着いた後は、探偵も身分を隠したまま分配を決める脱出フェイズになっています。

フェイズ間ではboss清算(後述)というものが入ります。

≪スタート手札と役割≫
カードには
金色の数字の書かれたカード
銀色の数字の書かれたカードがあります。

銀色の数字が書かれたカードは『子猫ちゃんたち』と呼ばれるオーシャンズの協力者です。
この協力者がカジノに客として潜入しています。

このカードを使って、ミッションを成功に導いたり、脱出フェイズでの分配を決める事になりますので
脱出フェイズには最低でも3枚は持っているようにしてください

数字は 1.3.5.7.9.11 の計6種類

これを各1枚ずつ計6枚をスタート手札として配ります。

中には、東西南北の書かれた『鍵』(後述)と共有しているカードがあります。

≪流れ~調査~≫

山札の中には『調査』というカードが入っています。

このカードが回ってきて、プレイすると
4つの金庫の内、好きな金庫1個を選び中身をそっと見る事ができます。

見た後は、中身を全員に伝えてください。

嘘をついても構いません。

使った『調査』カードは、見た金庫の上に重ねておきます。

1度誰かが見た金庫を、もう一度見ても構いません。
つまり怪しいと思ったら検証する事ができます。

が、『調査』カードは全部で4枚しかありません。

金庫が4つなので、検証したら1つは中身が見れないまま
ゲームを進めなければならなくなります。

≪流れ~鍵ミッションを立てる~≫

山札の中には、鍵と東西南北の方角が書かれているカードがあります。

これは、鍵の入っている小金庫を示しています。

鍵には東西南北の内、1種類、もしくは2種類の方角が書かれいます。
2種類かかれいている鍵は、2か所両方に使える鍵という事です。

『調査』カードの結果を聞いて
信じられると思ったら、その場所の方角が書かれた鍵を
金庫の四隅(説明書参照)に出します。

鍵に書かれている数字が金庫の中心に向かっている場合は
その数字を超えたら成功のミッション

外側に向けたら、数字を下回ったら成功のミッションを立てた事になります。

これだけでは、鍵を手に入れるミッションを立てた

という状態なだけで、鍵の入手にはなりません。

1人が複数立てても良いですが、全員で同時に立てられるのは
4つまでです。

≪流れ~予告状 ミッション発動~≫

『予告状』というカードがあります。

これは、場に出された鍵カードに重ねて出す事で
怪盗オーシャンズを招集して鍵獲得のミッションを発動させる
効果があります。

客として潜入している怪盗達が密かに集まりミッションを開始します。

『予告状』が出されたら
各プレイヤーは『予告状』を出したプレイヤーに
銀色の数字のカードを1枚ずつ伏せた状態で集めます。

『予告状』を出したプレイヤーも1枚伏せた状態で出します。

プレイヤー分の数のカードが集まったら、伏せた状態でシャッフルして
いっせいのでオープンします。

この時の掛け声は 取説には『オーシャンズ』と書いてありますが
今は流行語にのって『ショータイム!』をおすすめしています。

裏向きで集めますので、誰が邪魔しているか分かりませんので
その方角の鍵を手に入れたくないプレイヤーは失敗に導くような
銀色の数字を出してしまっても構いません。

使った、子猫ちゃんたち と 予告状 は 一旦捨て札になり
山札が無くなった場合、再び山札になります。

失敗した鍵も同様に一旦捨て札になります。

≪流れ~鍵の入手と開錠~≫
無事にミッションが成功すれば
鍵のカードをチームとして受け取る事ができます。

全員が見れるように置いておきましょう。

そして、流石最後の大金庫。

鍵は3重ロックのセキュリティになっています。

つまり、同じ方角を3つ集めないと開ける事が出来ません。

もし同時に複数の方角集まった場合は
最後に『予告状』を出したプレイヤーが好きな方角を選ぶ事ができます。

・そこに、お宝があればBOSS清算を経て、脱出フェイズに移りますが
・ハズレの金庫だったら探偵の勝ちです。

≪流れ~手番に出来ること ドロー~≫
山札から2枚引く、もしくは、他プレイヤー1人を指定しお互いに2枚ババ抜きをします。
ババ抜きのタイミングは同時に行います。

≪流れ~プレイ~≫
ドローした手札を含めて 2プレイ以外の行動ができます。
つまり『1プレイのみ』『1プレイ、1枚すて』『1枚すて のみ』『2枚すて』『何もしない』
の行動ができます。

ただし、手札枚数は手番が終わった時点で最高7枚です。

つまり
鍵のミッションを出して、続けて予告状や
調査をして、続けて鍵のミッションを立てるなどの行動は
1ターンの内では出来ません。

≪流れ~BOSS清算~≫
無事、お宝(50億ドル)に辿り着いたら
BOSSだけが身分を明かします。
探偵は身分は明かしません。

最後に『予告状』を出したのがBOSSだった場合は
BOSS以外のプレイヤーで銀色の数字のカードを一番多い枚数持っている
プレイヤーから1枚ランダムに貰います。
同じ枚数持っている場合は、Bossの右側のプレイヤーからもらいます。
BOSSが子分から人脈を巻き上げたという状態です。

最後に『予告状』を出したのがBOSS以外だった場合は
BOSSがそのプレイヤーに銀色の数字のカードを1枚
ランダムであげます。
よくやったと人脈を分けてあげるという構図です。

≪流れ~分配して脱出~≫

お宝と鍵は、最後に『予告状』を出したプレイヤーが一旦全部引き受けます。

そして、分配を決めます。

先ずは、組合せを決めます。
お宝(50億ドル)を含んでも構いませんし、鍵(数字×億ドル)を含んでも構いません。
1度に全部でも構いませんが、最大3回行えますので最初は合計が小さくても構いません。

組合せが決まったら、表向きで場に出し
最大 の 銀色の数字のカードを出した人が持って帰るか
最小 の 銀色の数字のカードを出した人が持って帰るか
を宣言します。

プレイヤー全員で、同時に銀色の数字のカードを場に表向きで出します。

この時の掛け声も『ショータイム!』をおすすめしています。

同じ数字が出された場合(バッティング)は無効です。
例えば、最大の宣言に対して 11が複数いたらそのプレイヤーは分配を受けられず
次に大きい数字の9や7に権利が移ります。

見事、バッティングせずに宣言に合った数字を出した人が分配を受けます。

銀色の数字のカードが無い場合は参加できませんので
先ほどのBOSS清算で明らかになった銀色の数字のカードの枚数を見て
探偵を3回目の分配には参加させない なども出来ます。

お宝(50億ドル)は、勝利条件ですので
このフェイズで、お宝が探偵の手に渡ったら探偵の勝利です。

怪盗の手にお宝が渡った場合は
鍵に書かれている数字とお宝(50)の数字が一番大きいプレイヤーの勝利となります。

慎重に分配を決めましょう。

バッティングが続いて、誰の手にもお宝(50億ドル)が渡らなかった場合は
探偵の勝利です。


0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
大下バルサラさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトル怪盗オーシャンズ
原題・英題表記Kaitou Oceans
参加人数3人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018秋年~
参考価格2,400円
クレジット
ゲームデザイン大下 修央(Shuo Oshita)
アートワーク未登録
関連企業/団体スピカデザイン(Spica Design)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大下バルサラさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク