マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 45分~90分
  • 10歳~
  • 2015年~

インペリアル・セトラーズかめさんの戦略やコツ

72
名に参考にされています
2020年01月27日 19時19分

文明によって特徴が異なるので、カードの把握が大切です。

簡単に各文明の戦法を言うと、

ローマ→連鎖で大量得点

エジプト→いやがらせして相手の得点DOUN

日本→専用カードを全部引いて安定した戦い

蛮族→略奪しまくり得点UP


詳しくは下記に記載しますが、戦法・コツはあくまで自己流なのでその動きは弱いとかあると思います。ご了承ください。


ローマ (灰9、青7、黒4、赤3、金2、茶2、桃1、【赤・茶・灰】3)←カードの色の枚数

・行政府(ローマ建設で1金+1点)と本営(灰色建設で1金と1点)のカードをどれだけ建設できるかが鍵です。

・1~4ラウンドまではカードを引きまくりましょう。コストの軽い共通カード(できれば生産カード)を少し建てておけば後半楽になります。

・5ラウンド目にはできるだけ灰色・専用カードを立てて点数を稼ぎましょう。ローマ式要塞(黒建設で2点)や庭園(赤建設で2点)も建てられればいいですが、黒色や赤色の施設がそんなにないため無理して建てなくてもいいです。建てられれば、お小遣い程度の点数がもらえる程度です。

・ミープルは交換してじゃんじゃん専用カードを引きましょう。目先の資源よりも専用カードを引くほうが大事です。

最終的に、行政府・本営を合わせて3枚以上あれば他のカードを実質無料で建設できるのでそれを目指しましょう。

ローマでは専用カード30枚引くことは難しく、共通カードの引きがよくないとほぼ不可能です。20枚程度引ける様に頑張りましょう。

 

エジプト(灰13、金7、桃5、黒4、青1、茶0、赤0)←カードの色の枚数

・基本的に点数はあまり伸びません。なので、相手の妨害をして、点数を伸ばせないようにしましょう。

・太陽神ラーの神殿(他人の施設を自分のものとして扱う)と王族用沐浴場(使用したカードを再使用可能にする)のコンボは強い。例)ローマ相手であれば本営(灰色建設で1金と1点)を太陽神ラーの神殿で自分の物として扱えばそのラウンド中資源と点数がもらい放題になります(エジプトは灰色が多いので)。

・自分で点数を稼ぐなら大スフィンクス(2点以上獲得するときにもう1点追加で獲得する、と奴隷商人(エジプト施設建設したときに金貨/石を消費して2/1点を得るがあれば点数は稼げます。

他にもサソリ養殖場(敵のアクション施設を使用不可能にする)や戦車工房(剣1つで敵施設を略奪する)、砂漠(自分と相手のカード1枚捨てる)等邪魔に長けたカードがあるのでローマ使用時は自分の点数を伸ばすより、いかにして相手の点数を伸ばさせないかが大事になると思います。


日本(赤15、黒5、青3、桃3、金2、灰2、茶0、)←カードの色の枚数

・とりあえず、4ラウンドまでに専用カードを29枚は引ききってください。ミープルが多いため、そこまで難しくはないと思います。最後の1枚はよほど重要なのでなければ残しておいて問題ないです(ラウンド開始時に1枚引くからその時の為)。

・基本的に建設ではなく、貿易収入をします。あとから交渉役(人消費し、貿易収入を家コスト無視して建設する)で重要な施設の建設はできるのでじゃんじゃん貿易収入にしてしまいましょう。

・序盤に道場(貿易収入の配置する度1点)が引ければ最高です。2枚あるので引いたらすぐに建てるようにしましょう。

・日本では私塾(貿易収入で得た産物を消費し点数を得る)でいらない貿易収入を得点化しましょう。これが日本での大量の得点源になります。3ラウンド目までにこのカードを建設して、ほかの日本専用カードを貿易収入にできていれば相当点数が入ります。

・最終的に余ったカード・資源は大鳥居(余ったカード1枚につき1点、3枚以上で+2点) 、神社(余った資源3/7/12が2/5/10点になる)を使って点数化しましょう。

日本は専用カードを建設しても略奪される特殊な文明です。攻撃されっぱなしでは癪なので武者だまり(敵の施設を除外する)を使って応戦しましょう。個人的にはサムライの配置はあまりいらない思います。相手の剣の所持数を確認しながら配置してください。ミープルの使用は計画的に。


蛮族(黒14、金4、桃4、青3、茶3、桃1、灰0、紫1)←カードの色の枚数

・剣を増やして牽制、妨害しよう。

・序盤にできるだけ人を資源に変換できるカードが引けるよう祈りましょう。

・とにかく略奪して点数を伸ばしましょう。

・一番の得点が稼ぎやすいカードとして、戦略隊(略奪する度1点)や邪教の礼拝堂(略奪時、資源を捨てると1つにつき2点)があります。

略奪で点数を伸ばすのがメインになり少し扱い辛いです。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 四十万五十六
インペリアル・セトラーズ
インペリアル・セトラーズの通販
ローマ・日本・エジプト・蛮族の文明発展競争!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,600(税込)
かめさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 67興味あり
  • 97経験あり
  • 19お気に入り
  • 109持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見1
作品データ
タイトルインペリアル・セトラーズ
原題・英題表記Imperial Settlers
参加人数1人~4人(45分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2015年~
参考価格6,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿