マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

バード・オブ・ハピネスBird of Happiness

かわいい鳥たちを集めるだけ!かんたんカワイイ、デッキ構築タイプのカードゲーム

【ゲーム概要】
「バード・オブ・ハピネス」は、ゲームを通して新しいカードを少しずつ手に入れながら、自分のカードの束(デッキ)を思うように強くしていく、デッキビルディング・タイプのカードゲームです。
かわいい鳥たちを集めるだけ、という簡単なルールで、戦略的ながらも、子供と大人が一緒に楽しく遊べます。

• プレイ人数: 1~5人、プレイ時間: 15分、対象年齢: 7歳以上
• 内容物: カード50枚、ルール説明書
• 日本製、カードサイズ:58mm×89mm
• ゲームデザイン: イイダテツヤ

【ストーリー】
深い森を抜けた先に、あなたはついに幸せ鳥の谷を見つけました!
幸せ鳥には、人を幸せにする力があると言い伝えられています。
誰よりも多くの幸せ鳥を集め、あなたは幸せになれるでしょうか?

【ゲームの目的】
プレイヤーは幸せ鳥を集めます。
鳥たちは、四葉のクローバーで引き寄せることができます。
四葉のクローバーの中には、特別な力を持つクローバーもあります。
また、鳥たちの中にも、プレイヤーを助けてくれる特別な鳥たちがいます。
四葉のクローバーの力や鳥たちの助けをうまく使って、誰よりもたくさんの幸せ鳥を集め、幸せになって下さい。

【ゲームの準備】
全てのゲームカードをよく切り、重ねて中央に置きます(これを「山札」と呼びます)。
山札の上から6枚をめくって表にします(これらを「場札」と呼びます)。
各プレイヤーにスタートカードを4枚ずつ配り、それぞれ自分の前に「デッキ」として裏向きに重ねておきます。

【ゲームの進め方】
1. プレイヤー自分の番に、デッキの一番上のカードを1枚めくります。
2. このとき表になったカードによって、様々な効果が発生します。
3. 何もせず自分の番を終了するか、溜まったクローバーパーワーで場札からカードを1枚手に入れることができます。
4. 新しいカードを手に入れたなら、自分の全てのカードを集め切りなおし、新たなデッキとします。
5. 場札が6枚になるように補充します。
6. 次のプレイヤーの番になります。

【得点計算】
山札が無くなり、場札に幸せ鳥が1羽もいなくなったらゲームが終了します。
各プレイヤーは全てのカードの中にある幸せ鳥の羽数を数え、合計羽数が最も多いプレイヤーが勝ちとなります。
もし羽数が同じ場合には、幸せ鳥カードの合計枚数が最も多いプレイヤーが勝ちとなります。

【ソロ(1人)プレイ】
「運命札の山」を作成し、デッキから1枚カードをめくるたびに、「運命札の山」からもカードを1枚めくります。
他人数プレイ時と同様に、溜めたクローバーパワーで幸せ鳥を集めていきます。
「運命札の山」がなくなるたびに、場札のカードを全て入れ替えなくてはなりません。
ゲーム終了時に集めた幸せ鳥の羽数によって、幸せランク(1~5)が決まります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. yamato_contactyamato_contact
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 65経験あり
  • 8お気に入り
  • 38持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルバード・オブ・ハピネス
原題・英題表記Bird of Happiness
参加人数1人~5人(15分前後)
対象年齢7歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザインイイダテツヤ
アートワークイイダミカ
関連企業/団体ヤマトゲームズ(YAMATO GAMES)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 143
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月27日 00時41分

    ソロプレイした感想です。イイダテツヤさんがデザインした、デッキビルディング・タイプのカードゲームです。プレイヤーは、四つ葉のクローバーの力や、特別な能力を持つ鳥たちの助けを得て、幸せ鳥を数多く集めて、幸せになることが目的です。カードの種類は、スタートカードとゲームカードの2種類ですが、非常に分かりづらくありますが、右下の卵マークがスタートカードで、クローバーマークがゲームカードとなります。慣れるまでは分かりづらいでしょうが、1回プレイすれば分かると思います。カードの左上に、クローバーマークがあればクローバーパワーで、これが鳥やクローバーを引き寄せるパワーの源です。羽マークがあれば勝利点と...

    Nobuaki Katouさんの「バード・オブ・ハピネス」のレビュー
  • 127
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月14日 17時55分

    このゲームは手札を強くしていくゲームです!また非常にシンプルなルールなので初心者でも簡単に遊べます。基本、クローバー(四葉)で鳥を獲得していきます。獲得に必要なクローバーの数があるので、貯めていく必要もあります。また鳥にも各効果があり、何をどのタイミングで取るかや使用するかなどはしっかり考えておかないとです!戦略と運があるゲームですが、効果自体も難しいものはないので、そう言った意味でも誰でも手軽に遊べると思います。

    さきさんの「バード・オブ・ハピネス」のレビュー
  • 174
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月22日 01時31分

    『バード・オブ・ハピネス』は、初心者でも遊びやすいデッキ構築型カードゲームです。初期カードで作られたデッキを各プレイヤーが持ち、デッキからめくられたクローバーのカードを使って鳥を増やしていきます。『バード・オブ・ハピネス』の特徴は簡単にデッキ構築型と呼ばれるタイプのゲームができるところにあります。4枚から始まり、鳥を集めてデッキを強化していく遊びの流れを簡単にわかりやすく体感できます。問題点は自分の手札という概念がないため、デッキ構築型ゲームに慣れている人ほど戸惑ったり物足りなく感じる部分が多いところですね。【おすすめできる人】・可愛いイラストが好きな人。・デッキ構築型ゲームに興味がある...

    鉄狼(てつろー)さんの「バード・オブ・ハピネス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク