• 2人~4人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2014年~

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたいSANZEN SEKAI – I’d kill all the crows in the world to be with you a little longer –

朝まで遊郭に残ったら勝ちの「鳥ぬっ殺しゲー」。増える鳥をぶっ殺せ!

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞です。
(「主と『添い寝が』してみたい」であったとも)

歌は遊郭の遊女に宛てたもの。
「烏が鳴けば私は帰らないといけない。ならば世界の烏を全て殺してでも、お前とゆっくり朝を迎えたいものだ」そんな心境を唄っています。

明日をも知れぬ志士の身、遊郭で戯れても、烏が鳴けば帰らなければいけない。ならば世界の全ての烏を殺しても、現を忘れて過ごしたい。なんと狂おしく壮絶な恋の歌でしょう。

このゲームでは貴方は遊郭の「客」です。鳥が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、鳥を殺して鳴かせないようにしてください。

最後まで遊郭に残れた客(プレイヤー)が勝ちとなります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. pen_n_dicepen_n_dice
  • 21興味あり
  • 48経験あり
  • 8お気に入り
  • 44持ってる
販売中の商品
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトル三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい
原題・英題表記SANZEN SEKAI – I’d kill all the crows in the world to be with you a little longer –
参加人数2人~4人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザインろい(Roy)
アートワークろい(Roy)アマヤギ堂(Amayagi Dou)
関連企業/団体ペンとサイコロ(Pen and Dice)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 92
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月21日 01時21分

    鳥を出来るだけ場から退治しながら朝までいられるかがポイント。刻が進むと邪魔物も増え、あせあせしながら鳥達を退治し時にはアイテムを使用し、対戦相手に押しつけたり!あわあわしながら楽しめるゲームです(ゝω・)

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿