犯人は探偵の中にイるHannin ha tantei no naka ni iru

犯行動機・凶器・犯行時間を推理するゲームです。
プレイ前に、プレイヤー(探偵)に封筒を配られるのですが、その中の一つに上に記した3枚が入った封筒があります。
それを悟られないようにしながら、他のプレイヤーからカードを引いたり特殊効果をつかったりする・・・ジジ抜きに似たような感じのゲームです。
このゲームの面白いところは、推理が失敗してしまうと脱落するのですが・・・犯人を告発するためには、犯人・犯行動機・凶器・犯行時間の全て当てなくてはいけないのです。
例え、犯行動機や凶器が正解していても犯行時間が間違っていたらシラを切ることも出来ます。

探偵は、全てを解明しないといけないのです!!

自分が犯人ならどう切り抜けるのかもドキドキしますし、探偵なら探偵で誰が犯人なのか推理しなくてはいけない・・・。
そんなドキドキが味わえるゲームとなっています。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:ケントリッヒ
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 65経験あり
  • 8お気に入り
  • 66持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル犯人は探偵の中にイる
原題・英題表記Hannin ha tantei no naka ni iru
参加人数3人~5人(20分~30分)
対象年齢15歳から
発売時期2015年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザイン江神号 (EJIN)
アートワーク未登録
関連企業/団体EJIN研究所
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 197
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月16日 15時48分

    犯人隠匿系ゲームですが、犯人が分かっても「犯行時刻」「凶器」「動機」を特定しない限り捕まえることはできません。プレイスタイルで中盤から犯人の目星はついてくるのですが、なかなか証拠が掴めずに犯人の逃げ切りというパターンも結構発生します。そうならないように探偵側は協力したいところなのですが、抜け駆けする探偵もいたりと一筋縄ではいきません。バランス調整は難しいですが、ドキドキする世界観や駆け引きが楽しめる良い作品だと思います。

    横浜ボードゲーム会@はまりばカフェさんのレビューを読む
  • 189
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月01日 18時04分

    初プレイで犯人役を引き当ててしまい、何も出来なかったそうです私が犯人です。カードを3枚セットにして封筒に入れ、ランダムに配布します。探偵の封筒には役割などが書かれたものが、犯人の封筒には時刻・凶器・動機が書かれたものが入れられています。犯人はブラフを駆使し、自分が犯人だとバレないように立ち回りつつ、山札を全て引かなければなりません。探偵は時刻・凶器・動機を推理し、犯人を捕まえなければなりません。また、探偵は一番最初に推理を成功させた1人だけが勝者となるため、時には他の探偵を蹴落とさなければなりません。基本的な戦略は、互いの手札を確認し、時刻・凶器・動機を洗い出しつつ、探偵カードという特殊...

    きのこさんのレビューを読む
  • 403
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月11日 02時01分

    犯行動機・凶器・犯行時間を推理するゲームです。プレイ前に、プレイヤー(探偵)に封筒を配られるのですが、その中の一つに上に記した3枚が入った封筒があります。それを悟られないようにしながら、他のプレイヤーからカードを引いたり特殊効果をつかったりする・・・ジジ抜きに似たような感じのゲームです。このゲームの面白いところは、推理が失敗してしまうと脱落するのですが・・・犯人を告発するためには、犯人・犯行動機・凶器・犯行時間の全て当てなくてはいけないのです。例え、犯行動機や凶器が正解していても犯行時間が間違っていたらシラを切ることも出来ます。探偵は、全てを解明しないといけないのです!!自分が犯人ならど...

    ケントリッヒさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿