マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2014年~
70名
1名
4ヶ月前
0

手番でやることはざっくり以下の3つのいずれか1つ。

「場からカードをとる」

「手札から同じカードの組み合わせを手前に出す」

「手前に出した同じカードの組み合わせを得点にする」

これ聞いただけでは何か単調でパッとしない。


このゲームの主人公はハムスターなので、ハムスターになったつもりで読み替えてみよう。

「森で木の実を集める」

「集めた木の実を貯蔵する」

「貯蔵した木の実を食べる」

何か楽しい気持ちになりませんか?

ハムスターになったつもりでプレイするのがこのゲームをより楽しむコツだ。


しかし、そんなキャッキャッした気持ちになるだけのゲームだったら推す訳が無い。

忘れてはいけない。

こいつらは「よくばり」ハムスターなのだ!

まず、自分が貯蔵している木の実と同じ色の木の実を別のハムスターが貯蔵しようとすると

「それはオレが集めてる木の実だぜ!」

と「NO!」を言ってくる。

更に、自分の蓄えを食べただけは満足せず、貯蔵しないで手にいっぱい木の実を抱えているハムスターを見つけると

「それ、要らないならちょっとよこせ」

とつまみ食いまでしてくる。

折角食べるなら効率よく集めてドカ食いしたいが、いつまでも大事に抱えていると他所に奪われてしまうのだ。

つまみ食いされる枚数は、食べた貯蔵カードに印された数字とイコールになる。

つまり、仮に「④のカード」が食べられると「4枚持って行かれる事になる」ので、実際にプレイするとこの「つまみ食い」のダメージが相当痛く、逆に言うと相当美味しい事に気付くだろう。


一見単調なゲームと思いきや、よくばりなハムスター達の物語があり、「ヌヌヌっ…」というジレンマも良く効いている。

「セット出しで得点化する」タイプのゲームといえば、当時「アブルクセン」が同時期に遊ばれていたので、こっちは少し陰が薄い印象だったが、実は非常に面白いお勧めカードゲームだ。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
びーている / btail
大賢者
みね
みね
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 172経験あり
  • 17お気に入り
  • 118持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

みねさんの投稿

会員の新しい投稿