マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 60分~120分
  • 14歳~
  • 2011年~

数エーカーの雪みねさんのレビュー

167名
4名
4ヶ月前
0

例によって、よく参考にさせて頂いていたある個人のボードゲームレビューブログで「面白い!」と評価されていたのを見たのがきっかけ。

しかし作者名を見たらワレス。

重ゲーが苦手な自分が「ワレス」という単語を聞いて微妙な顔になるのは分かっていたが、パッケージアートが抜群に格好良いのと、英仏インディアン戦争というテーマに惹かれたので「とりあえず店行って考えよう」と、テンデイズさんへ。


店長のタナカマさんに「これ、面白いですか?」と念のため聞いたところ「既に10回位廻してみたが、噛む度に味が出るスルメゲーです」と笑顔で薦められたので、少し迷ったが購入(ついでに同じワレス作という事で「フォレショレ」もセットで)

帰りの中央線で早速ルールブックを読むも「・・・分からん」と頭を抱えながら帰宅。

それから三日三晩、1人2役でルールブック片手にゲームの進め方を理解し、サマリーも自作。

例によってゲーム仲間のN氏に「ちょっとやってみないか?」と誘ってプレイ。


何度遊んでも苦労するのが、地域カードの地名がボード上のどこなのかが分かり辛い点だ。

「この地域を経由して攻撃だ」と大事に取っていたカードがよく見たら違う地名だったなんてことが何度かあった。

手番中にやる事、やれる事の選択肢も非常に多い。

入植、砦の建設、戦力増強、お金稼ぎと手一杯のところに、相手からの奇襲や待ち伏せにも備えなくてはならない。

奇襲を食らうとこちらの入植地を奪われ、待ち伏せを成功されるとこちらの手札を捨てさせられたりと不利になる。

だがこれをバシッと防いだ時や「これは無理だろ!」と2連続奇襲をかけてきたのを「それは読んでいたぜ!」とばかりに綺麗に躱した時なんかは、相手も「何ぃ!?」っという顔になって最高に気持ちが良い。

そして最大の見せ場は包囲戦だ。

毛皮取引や海賊行為で潤沢にお金を生みやすいフランス側が全体的に有利な感じもするが、いざ包囲戦が始まるとイギリス側の畳みかけるような火力が炸裂する。

左右非対称な互いのデッキと盤面のバランスが素晴らしく、戦力駒が押して戻してを繰り返す様子は本当に戦っている感じがして実に熱い。

あとデッキ構築型ゲームなので、当然デッキの回転を上げるためにカードを廃棄する事も必要になってくるが、廃棄したカードの地域が奪われたりする事もよく発生する。

奪い返すには廃棄した地域カードを買い戻す必要があるので、捨てるタイミングを見誤ると面倒なことになる。


最初は開始から終了まで2時間以上かかったが、慣れてくると1時間くらいで終わり「陣営交代してもう一戦やりましょう」になる。

ブルームーンの時と同じく、当時は色んなゲームスペースやゲーム会に立ち寄っては狂った様に遊びまくり、それだけでは飽き足らずオンライン(yucata)でも海外のプレイヤーと100戦以上対戦した。

更には興味を持ったゲーム仲間に譲ったりしたので、結果2度程買い直している。


重ゲーが苦手だったはずなのに、自分をここまで虜にするとは。

ワレス・・・恐ろしい子!!(白目)

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
じむや
びーている / btail
kaya-hat
まつなが
大賢者
みね
みね
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 191興味あり
  • 133経験あり
  • 45お気に入り
  • 113持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

みねさんの投稿

会員の新しい投稿