マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

魚河岸物語Cash-a-Catch

魚を競って競って、売りまくれ!

ハンブルク魚市場のここでは何匹かの魚がまとめ売りされており、値段は常に一山10ユーロです。
仲買人達は払ったお金の見返りになるべく多くの魚を獲得しようと狙っています。
仲買人たちは、魚が次々と足されていくのを静かに待つわけですが、そのうち誰かが「買い」のサインを示すベルを鳴らし、魚を全部まとめて持って行ってしまいます。出遅れた仲買人は、もう少し早く動いていれば、と後悔することになります。
しかし、買った仲介人も多くの魚を持つことはできないためごみ箱に捨てることになってしまい、廃棄にお金がかかってしまいます。
ゲームの目的は、魚を競り落とすぴったりのタイミングを見つけて、落札した魚を良い儲けになるように売ることです。
最後に一番お金を持っていたプレイヤーの勝ちです。

セリのように、金額をあげていくのではなく、魚が継ぎ足されていきます。
あと一匹、あと一匹と待っていると他のプレイヤーが先にベルを押して購入してしまうかもしれません。
魚を積みたす、ベルを押すといった半アクション、リアルタイムゲームです。
お金ではなく、魚なので種類がいっぱいあり、自分の箱がバーストしないよう厳選して持つことが重要です。
ワイワイパーティゲームであり、アクションゲームとして楽しめる作品。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 遠野 司遠野 司
マイボードゲーム登録者
  • 22興味あり
  • 79経験あり
  • 11お気に入り
  • 56持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル魚河岸物語
原題・英題表記Cash-a-Catch
参加人数3人~5人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 79
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月03日 22時37分

    競りゲー。魚河岸を舞台に魚を競り、いちばんユーロを稼いだプレイヤーが勝ち。テーブルの真ん中にはベルがあり、これを早い者勝ちで押すことで落札する、、半アクション系のゲームです。魚はある程度まとめて売らないと利益がでないので、一度にできるだけたくさん落札したい、、けれど他のプレイヤーに先を越されるかもしれない、、という緊張が常に場を支配します。やることはシンプルですが、魚の種類やお邪魔カード、廃棄ルールの存在がスパイスとなって、ノリだけでは勝てません。仲卸役はぜひダミ声で、というのが暗黙の了解だそうです。

    ばやし(on twitter:bayacchi)さんの「魚河岸物語」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿