マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~6人
  • 15分前後
  • 12歳~
  • 2019年~

デスノート人狼贄さんの戦略やコツ

219名 が参考
0名 がナイス
1年以上前

友人と(5人プレイ)数回ほど遊んだ際の気づきとして、キラがデスノートを手にしたときは、裁きの時間に必ず名前を書く必要があるため、特定のプレイヤーにデスノートを送り付けて、そのプレイヤーがキラかキラでないかを確認することができます。

逆にいうと、そこに至るまでは、基本的にキラもLもカードを回して自分の正体を隠すことが多く、カードの流れから正体を割り出すのは難しいように思います。

キラ側は、逮捕カードが使用される終盤までは誰がLかを絞るのがかなり難しいのに対し、デスノートの行き先は追いやすくキラは割と容易に正体がバレるので、キラとしては、Lによる逮捕を逃れる「アリバイ」カードをいかにして握るか、またはLがデスノートによる死亡を回避するためのカードである「偽名」をいかにして握り潰すかが勝負の分かれ目になってきます。

5人プレイの場合、キラチーム2人に対しLチーム3人となるため、比較的キラに有利なカード運びをし易く、警察側が若干不利なように思われます。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
皇帝
贄
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 70興味あり
  • 227経験あり
  • 39お気に入り
  • 177持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルデスノート人狼
原題・英題表記Death Note Jinro
参加人数4人~6人(15分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格2,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿