マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 15分~30分
  • 14歳~
  • 2020年~

ダニー:映画を想うビッチュウさんのレビュー

68名
1名
0
11ヶ月前

★★★

ダニーを信じてぇ~

ダニーを疑ってぇ~

映画を軸にした【 イラスト伝達系 + 正体隠匿系

それが『ダニー:映画を想う』。

★★★

★★★

 お題となるカードから回答者だけが番号を見て手札を使ってお題を表現。

 それを残りのプレイヤーが話し合って回答するイラスト伝達パート。

 そして、失敗数が規定数に達したならば、それを誘導していたであろうプレイヤー内にいる裏切り者を指名する正体隠匿パートとなっています。

 多重人格者の脳内での人格同志の争いがテーマですが、内容は上記のようにシンプルにまとまっており、表現カードの曖昧なビジュアル要素で課題の5つの映画タイトルから出題者がランダムで選ばれた課題を作っていく。

★★★

 個人的に課題テーマが実在の映画タイトルのみで構成されているのが特色で、前シリーズ作の『ダニー』は未プレイでしたが興味が湧き購入しプレイしました。

 最初は実在の映画タイトルということで映画好きでないと楽しめないかと不安もありましたが、実際には出てきた回答表現に対して、

「回答者は古典映画を普段あまり観ていなさそうなので、映画の内容を知らないでタイトルをそのまま表現したのではないか……?」

(いや、あえてそう思わせて間違えさせそうとしているのかもしれない……)

 といった風に推理の方向が増えるので、新鮮で面白かったです。

 課題の映画も新旧織り交ぜられていますが、課題カード内で「アイアンマン」「ロボコップ」があったり、「サイコ」「シックス・センス」 「ゴーストバスターズ」が並んでいたりと、絶妙に表面的に似ていたりする課題が多いので考える方も工夫しようと楽しめたのが非常にGOOD!

 最初は実在の映画タイトルのみをテーマにしているのが珍しい点に興味を持ちましたが、いざプレイしてみると意外とテーマを偏らせたことで表現創作系として最後の正体隠匿の回答からの感想戦も盛り上がり、 他とは違う独自の面白さがありました!

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
びーている / btail
大賢者
ビッチュウ
ビッチュウ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 19経験あり
  • 1お気に入り
  • 23持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

ビッチュウさんの投稿

会員の新しい投稿