• 3人~6人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2017年~

かうんとりにゃもさんのルール/インスト

546
名に参考にされています
2017年10月18日 23時30分

製品版に同梱予定の、最初にまず遊んでみる人のためのクイックスタート用ルール説明です。
詳しいルールやもっと違う遊び方は、
公式サイトで公開している説明書をご覧ください。

基本の準備

①とりカードをよく切って、裏向きにおいてだいたい半分を取ります。(取ったカードは箱に戻しておきます)

②お題カードの「日本語」「英語」「拍手」を、みんなが見えるところにおきます。

③6枚のいろカードをよく切って、2枚ずつお題カードの下にさしこみます。それぞれのお題カードと対応する色をみんなで確認しましょう。まずはルールカード3「前の数字で今の色」で遊んでみましょう。

④いちばん最近鳥を見た人がスタートプレイヤーです(もし決まらなかったらじゃんけんなどで決めましょう)。この人から時計回りに順番が回ります。

⑤スタートプレイヤーがとりカードの束の一番上のカードをめくって表向きに置きます。これで準備は完了です!スタートプレイヤーから順番です。
※もしもこのとき、ねこカードが出たらさっそく次項目「基本の遊び方」の④です!



基本の遊び方

①順番がきたプレイヤーは、5秒以内にとりカードの束の一番上を表向きにめくって、「めくって置いてあった一番上のカードの数字」を「今めくったカードの色が対応していることば」で言いましょう。

②他の人から間違っているという指摘がこなければ成功です!すぐに次の人の順番となります。

③間違いが指摘されて、指摘通り間違えていた場合、表向きに出ているとりカードを全部ひきとります。とりカードの一番上のカードをめくって表向きに置いて、いまカードを引き取った人の左隣の人から再開です。

④ねこカードが出たら全員表向きに出されているとりカードの上に手を置きましょう。一番遅かった人が表向きに出ているとりカードを全部ひきとります。

⑤とりカードの束がなくなったらゲーム終了です。ひきとったカードの枚数が一番少ない人の勝ちです!


詳しいルールや、もっとかんたんなひよこルール、もっと難しい猛禽ルールなどは説明書を見てくださいね!

にゃもさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルかうんとり
原題・英題表記Count leery
参加人数3人~6人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン林 尚志(Hisashi Hayashi)
アートワークryo@にゃも(Ryo Nyamo)
関連企業/団体オカズブランド(OKAZU brand)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿