マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~7人
  • 30分~210分
  • 12歳~
  • 2013年~
379名 が参考
2名 がナイス
約1年前

ウヴェローゼンベルク氏の、収穫三部作に続く傑作と名高い重量級ワーカープレースメント。

この時期は農業系と言われるワーカープレースメントを精力的に発表しています。


よくジャズ(リスニング)の世界では、マイルスの作品を追うことで、ジャズの歴史を知ることが出来るといわれます。ボードゲームにおいて、そのようなデザイナーは存在するかと問われると難しいところがあります。ただ、ウヴェ氏はシンプルなカードゲーム時代から長いこと第一線で活躍しており、特にワーカープレースメントの分野においては興味深い変遷を辿っているわけです。

アグリコラを代表とする収穫三部作の後、このカヴェルナが登場したのは時代の流れからして当然のことといえるでしょうか。カヴェルナのマニュアルを見ても分かるように、明らかにアグリコラを意識した作品でありながら、プレイヤーインタラクションは大きく変化しています。アグリコラのように、アクションスペースの早取りの結果、第三者までもが被害を受けるようなことはあまりなくなりました。隠匿性、ランダム性のあるカードは廃され、平等な公開要素を与えてプレーンな面を表出しています。

ここでは、現在のワーカープレースメントにも共通する、ソフィスティケートされたユーロゲームの様式に変化しているといえます。勿論、その間にも、三部作の2、3作目、また、祈り、働け、、や、グラスロードなどの作品もあり、その変化は決して一気に起きたものではないにしても、一つの形として結実したのがこのカヴェルナであることは疑いもないのではないでしょうか。

ゲーム内要素はかなり多いがワーカースペースは無駄に増やされてはおらず、ランダム性は少ないがしっかりしたプレイ感。探検という新規のアクションも登場し、食糧問題も緩和され、序盤からしっかり計画を立てて、部屋の改良や動物の養育に打ち込めます。アグリコラよりもこちらの方が合うというプレイヤーも珍しくはないのもうなずけます。2020年の現在では、このカヴェルナに似た構造を持つワカプレの良作も多数販売されており、あまり目立つ存在ではなくなっているかも知れませんが、ボードゲーム史に残る傑作の一つであることは間違いありません。


評価8/10  重さ7/10

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
Nobuaki Katou
まつなが
maro
maro
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 660興味あり
  • 838経験あり
  • 284お気に入り
  • 747持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力29
交渉・立ち回り10
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見15
作品データ
タイトルカヴェルナ:洞窟の農夫たち
原題・英題表記Caverna: The Cave Farmers
参加人数1人~7人(30分~210分)
対象年齢12歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿