マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

リカーーーリングReCURRRing

【まえがき】
2016年に同人サークル「賽苑」が発売したカードゲームです。
タイトルの「リカーリング」は英語で「Recurring」、循環するという意味です。その名前の通り、前の手番の人が出したカードが次の手番の人の手札になり、その人が出したカードがさらに次の手番の人の手札となり...を繰り返す様は、まさに「循環する」と呼ぶのがふさわしいです。

【ルールの簡単な説明】
カードは「R」カードと1~9の数字カードがあり、数字カードはその数字と同じ枚数、「R」カードは12枚あります。これをすべて混ぜて各プレイヤーに均等になるように配りきります。

ゲームはリードプレイヤー(スタートプレイヤー)から時計回りの順番で手番を進めます。
まずリードプレイヤーは手札から1枚だけカードを出します(Rカードまたはどの数字カードでも)。次のプレイヤーからは、場に出ているカードより強いカードを出して、そして場に出ていたカードをすべて手札に引き取ります。
強いカードとは同じ枚数であればR->9->....1の順で強く、それよりも多い枚数の方が強くなります。3枚の3より、4枚の9の方が強いということです。
もし強いカードを出せない、出したくない場合はパスして、このターンから抜けます。これを最後の1人になるまで繰り返し、最後の1人になったらそのプレイヤーは場のカードを手札ではなく、手元に引き取ります。
そして、このプレイヤーが次のターンのリードプレイヤーとなります。
これを繰り返して、誰か1人のプレイヤーが手札すべてを出し切ってなくなれば、そのターンが終わったときにラウンドも終了し、得点計算を行います。

得点は、手元に引き取ったカード1枚が1点となります。「R」カードは0点ですが、このラウンドで最も早く手札をなくしたプレイヤーだけは、1枚1点となります。

これを3ラウンド行い、最も点数が高いプレイヤーが勝利者となります。

【感想】
4人で1回プレイしました。インスト5分、実プレイ時間約40分ほどです。

ゲームの目標は手札をすべて出し切ることを目指しますが、カードを場に出すと場にあったカードが手札に戻ってくるというのが独特なプレイ感です。従って、ちまちまカードを出していても全く終わりません。
ある程度の枚数をまとめて出していかなければ、手札を減らすことはできないのです。
そのためには、手持ちのカードの数字がばらけてる状態ではまとめて出すことができないため、まずは同じ数字になるように手札を揃えていかなければなりません。そして、そうなるように場のカードと交換していかなければなりません。
しかし、いくらカードの数字をまとめても出せる枚数は今場に出ているカードの枚数+1枚までとなっているため、ときには揃っている数字のカードを分割して出す必要もあります。ときには半端な数字のカードを取らざるを得なくなるのであれば、パスした方がよい時もあります(既に1枚しか残っていない数字のカードとか)。

ある程度慣れている人であれば、ゲームを進めていくうちに誰がどの数字をカードを持っているのかが把握できるようになるでしょう。把握できるようになれば、手札の不要な数字のカード(他のプレイヤーが大多数を持っているため)がわかるようになったり、このカードを場に出すとあのプレイヤーはこれを出すだろうと予測したりすることができます。
慣れた人たちだけで遊ぶのであれば、少なくとも場に出たカードを誰か引き取ったかぐらいは把握しなければゲームに勝つことは難しいでしょう。当然、手元に引き取ったカード(他プレイヤーも含めて)もちゃんと把握しなければなりません。意外とチェックしておかなければならない点はあります。

ゲーム自体は準備も簡単で、ルールも簡単、単なる運勝負ではなくプレイヤー同士の読み合いがあるカードゲームです。手札のカードの減り方が他のゲームに比べると遅いため、プレイ時間はかかります。そのため、他のゲームの合間にというのはちょっと難しいかもしれません。ここが唯一の欠点でしょう。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:moro
マイボードゲーム登録者
  • 46興味あり
  • 312経験あり
  • 62お気に入り
  • 234持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力14
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルリカーーーリング
原題・英題表記ReCURRRing
参加人数3人~5人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格1,800円
クレジット
ゲームデザイン賽苑(Saien)
アートワーク賽苑(Saien)
関連企業/団体賽苑(Saien)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 7件

  • 107
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月07日 18時40分

    場の札より強い手札を出して場の札と交換していく。交換できなくなったらゲームから除外し、それを出した人の枚数分が得点となる。その後手札から1枚場に出して再開する。これを繰り返して手札をなくした人が勝ちというゲーム。交換というのが曲者で、最後の終わらせ方をどう持っていくかが相手の思惑もあり結構難しい。シンプルながら良質のゲームだ。カードセットには1~9の数字とRという最弱の札がある。1が一番強いのだが、このゲームの肝は場に出ている枚数+1枚ならそちらの方が強いという点だ。例えば1が出ている時に9やRの2枚を出すことができて1を取得できる。+2枚という風には出せないので多ければよいというもので...

    吉野瀬理さんのレビューを読む
  • 153
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月24日 03時01分

    このゲームはシンプルなシステムで、各プレイヤーの思惑がぐーーーるぐると巡って行くとても良くできたゲームです。各プレイヤーが自分の手番にやれることはヒジョーーーにシンプル1.場札よりも強いカードを自分の手札から一枚選び、場札と交換する2.パスする(任意)これだけです。で、全員がパスしたら、最後に場札を出した人がその場札を得点として受け取ります(一枚一点)カードは基本的に1~9がその数の分(9なら9枚、2なら2枚)と最弱カードRが10~12枚あります(人数による)つまり「1>2>...8>9>R」という関係性です。「おいおい、じゃあ1を持ってるやつが最終的に勝つじゃないか」となりますよね。実...

    やゆさんのレビューを読む
  • 244
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月25日 06時28分

    【まえがき】2016年に同人サークル「賽苑」が発売したカードゲームです。タイトルの「リカーリング」は英語で「Recurring」、循環するという意味です。その名前の通り、前の手番の人が出したカードが次の手番の人の手札になり、その人が出したカードがさらに次の手番の人の手札となり...を繰り返す様は、まさに「循環する」と呼ぶのがふさわしいです。【ルールの簡単な説明】カードは「R」カードと1~9の数字カードがあり、数字カードはその数字と同じ枚数、「R」カードは12枚あります。これをすべて混ぜて各プレイヤーに均等になるように配りきります。ゲームはリードプレイヤー(スタートプレイヤー)から時計回り...

    moroさんのレビューを読む
  • 184
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月20日 10時25分

    最初はよく分からないままやってみると、徐々に面白さがわかってきます。数字=枚数(Rだけ多い)で、同じ枚数では小さい数字が強く、大きい数字を出すには枚数を増やす必要があります。増やせる枚数は場札+1枚なので、手札の固まっているカードが中途半端に残る状態では出したくないけど、出さないと他の人が上がりそう・・・。といったジレンマが発生します。Rは上がった人のみ得点になるため、Rばかり取っていると最終的に0点になることも・・・。ゲームは短時間で終わるため、繰り返し遊びたくなるゲームです。

    ガラス猫さんのレビューを読む
  • 42
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月20日 20時23分

    やり始めのころはよくわからなくて徐々にコツを掴んでくると楽しいゲーム。運要素も程よくてなかなかいい感じ。

    hanikinuさんのレビューを読む
  • 144
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月28日 13時52分

    リカーリングではなくリカーーーリングです(謎このゲームは、1が1枚、2が2枚・・・9が9枚とRが12枚のカードで構成されています。プレイ人数に応じて使うカードの枚数は変わってくるのですが、まず初めにスタートプレイヤーが何かしらのカードを1枚場に出し、以降のプレイヤーは・場のカードと同じ枚数、場のカードより強いカードを出す・場のカード+1枚同じカード(数字の強弱は無関係)を出す・このラウンドをパスするのどれかを行い、カードを出した場合は場に出ていたカードを自分の手札に加えます。数字の強弱は、Rが最も弱く、以降9から1にかけて小さい数字の方が強いのですが、上記の+1枚なら数字は関係ないルール...

    Utyさんのレビューを読む
  • 226
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月12日 00時15分

    シビアなプレイ感で、未体験の感触がするカードゲーム。スルメゲーです。カードを出す時、場のカードより強い数字で同枚数を出すか、場のカードの枚数よりも1枚多く同じ数字のカードを出すか、というゲームなんですが、カードを出すときに場のカードを引き取らなければなりません。いつでも自分の手番をパスすることができ、パスするとそのラウンドのゲームには参加できず、誰か1人を残してパスしたら、残った人が場にあるカードを獲得。このカード1枚が1点になる。誰かの手札が無くなった段階で、最も点数の多い人が勝ち。大富豪やUNOのように手札を無くせばゲーム終了なんだけど、それで勝利ではなくて、点数を獲得しなければなら...

    だいもん(@economic_wars)さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 396
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月29日 15時12分

    わかりそうでわからないこのゲームには、陥りがちなミスが2つあります。1つ目が、素早く手札を減らして上がろうとすることです。あくまで、一番最初に上がることを狙うのは、点を取るという目的のためのルートの1つでしかありません。なんとしても素早く手札を減らす戦略は、運良く上がれたならいいものの、他のプレイヤーに先に上がられると、自分の場にはRしかなく、3点やそこらしか稼げない、という一か八かになりやすいです。もちろん、手札を素早く減らして上がることが必要な状況もありますが、基本的には手札は得点を稼ぐリソースなのです。なので、むやみに場のカードよりも多い枚数のカードを出さないように心がけると高得点...

    YOSHIBALLさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは89mm×57mmです。「CAC-SL105 アメリカンサイズ・ハード」などのスリーブが最適です。カードは57枚入っています。

    0件のコメント10ページビュー約1ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク