マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分前後
  • 13歳~
  • 2022年~

キャット・イン・ザ・ボックスハンズさんのレビュー

247名
2名
19日前
0

話題作and可愛いということで気になっていましたが、中々再販されず待ちに待ってやっと購入。

ゲーム自体は2人プレイと3、4人プレイは全く別物のプレイ感なので、今回は3、4人プレイの感想を書きます。

気になり始めた当時はトリックテイキングに馴染みがありませんでしたが、そのころに比べたらトリックテイキングとはなんぞやくらいは説明できるくらいには成長し、このゲームの面白さもすぐに理解できました。

通常のトリックテイキングであれば、色やマークなどのスートがあって、マストフォローの中切り札などを駆使してプレイします。

しかし、このキャットインザボックスは色もありますし、色の強さもあるにもかかわらず、なんとカードに色が無いというとんでもないアイディアゲームです。

カードは全部真っ黒ですが、カードをプレイした際に自分自身で色を決めて宣言します。

それを管理するボードもあり、自分が出したカードの色と数字に対応する場所に自分のマーカーを置き、「もうこのカードは出たよ」という目印にします。

プレイングが頭で組み立てられるなら、1トリック目から「その色は持っていません」と宣言することもできます。

ゲーム自体の目的は何トリック勝利するか目標を立てて、且つカードを管理するボードに自分のマーカーをいかに塊で置くことができるかを競います。

何トリック勝つかの目標をピッタリ達成すればボードの塊分ボーナスになるので、敢えて塊でマーカーを置けるように端の数字(1など)から始めないなどの戦略が大事になってきます。

フレーバーが名前は知っているけど内容が理解できない理論で有名な「シュレーディンガーの猫」であるため、意味を考えると若干残酷な話ですが、ゲームの内容にはほぼ関係ないので可愛いクロネコに癒されていただければと思います。

トリックテイキングが好きな方はもちろん、数学系(数字系)のゲームが好きな方、猫が好きな方…はちょっと微妙かもしれませんが一応おすすめ出来る作品です。

異色ではありますが、非常に秀逸なゲームかと思いますので、持ってて損はない秀作です。

それでは最後にこの言葉を皆様にお送りして締めたいと思います。

ー大事なのは…
まだ誰も見ていないものを見ることではなく、誰もが見ていることについて、誰も考えたことのないことを考えることだ。

(シュレーディンガー/オーストリア出身の理論物理学者)

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
びーている / btail
Nun Nori
国王
ハンズ
ハンズ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 121興味あり
  • 344経験あり
  • 109お気に入り
  • 413持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

ハンズさんの投稿

会員の新しい投稿