マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

カルカソンヌ:城Carcassonne: Die Burg

職人クニツィアのアレンジが光る!クニツィア流カルカソンヌ。


【ざっくり解説】

 「カルカソンヌ」をクニツィアがアレンジしたゲーム。タイルの配置などのルールはそのままだが、ゲーム性は大きく変わっており、特にタイルの配置の自由度は極めて高いものになっています。

 ゲーム性も相手の相手の妨害か自身の得かの2択ではなく、建物をどこで完成させるのかが鍵になるよう変更されております。さらに特定得点に先に達したほうが得られる特殊タイルの存在がそのゲーム性を大きく強めています。

 基本のルールはそのままに大胆な変革が加えられた「クニツィア式カルカソンヌ」といって差し支えないでしょう。そのプレイ感は本家とは大分違うはずです。


【長所】

 タイルの配置の自由度が高いこと。道と道周辺のタイル以外にほぼ配置制限はないに等しく、建物をどの程度のサイズで収束させ得点に変換するかが悩ましいです。建物の完成をプレイヤーが大幅かつ大胆にコントロールできることです。引いたタイルをうまく使うかどうかのところは本家以上にプレイヤーのセンスを問われるかもしれません。

 部下の数の管理も絶妙になっており、適度に完成させて回収しないと肝心な時に配置できる部下がいなくなります。部下置き得でない絶妙なバランスだと思います。


【短所】

 本家に比べてゲームシステムがプレイヤーに与えるプレイの指針が弱いところですね。本家は初心者でもなんとなく建物を拡張し、完成させて遊ぶことができます。しかし、こちらはなんとなくで建物を拡張しているとどこまでも伸ばせてしまいます。初心者向けではないかもしれません。

 カルカソンヌ本家にあるような、大規模な建物を完成させる快感も控えめです。一言でいうと地味です。以上を踏まえて言えることは、本家に比べて大分ゲーム性が違うので、本家と好む層が全然違うということです。

 

【個人的な評価】

 「引いたタイルをどのように使うか」と「どの程度のサイズで建物を完成させるか」とかなり、プレイヤーの技術が問われるゲーム性になっています。ゲーム性が大きく異なります。


 個人的にはすごく好みです。建物完成のタイミングをうまくコントロールするゲーム性が面白く、また本家と違いゲーム終了時に未完成の建物が基本的に点になりません。部下置き得でないあたりがクニツィアらしいなとも思います。

 個人的には2人用ゲームの定番足りえる実力があると思います。稼働回数も多く、20回以上プレイしています。クニツィアが好きな人には一度はプレイしてもらいたいです。本家の影に隠れた傑作です。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:マクベス大佐
マイボードゲーム登録者
  • 35興味あり
  • 38経験あり
  • 4お気に入り
  • 41持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルカルカソンヌ:城
原題・英題表記Carcassonne: Die Burg
参加人数2人用(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2003年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 215
    名に参考にされています
    投稿日:2020年05月05日 12時03分

    職人クニツィアのアレンジが光る!クニツィア流カルカソンヌ。【ざっくり解説】「カルカソンヌ」をクニツィアがアレンジしたゲーム。タイルの配置などのルールはそのままだが、ゲーム性は大きく変わっており、特にタイルの配置の自由度は極めて高いものになっています。ゲーム性も相手の相手の妨害か自身の得かの2択ではなく、建物をどこで完成させるのかが鍵になるよう変更されております。さらに特定得点に先に達したほうが得られる特殊タイルの存在がそのゲーム性を大きく強めています。基本のルールはそのままに大胆な変革が加えられた「クニツィア式カルカソンヌ」といって差し支えないでしょう。そのプレイ感は本家とは大分違うはず...

    マクベス大佐さんの「カルカソンヌ:城」のレビュー

リプレイ 1件

  • 101
    名に参考にされています
    投稿日:2020年06月13日 21時29分

    久々にカルカソンヌ・ディブルグをプレイ。一度夜にLEDランタンと間接照明の灯りでボードゲームをしてみると映えるのではないかと思ってやってみました。なので、今回の写真はやや見にくいかもですが、よろしくお願いします。ひさびさのディブルグです。僕は白プレイヤーで、開幕早々から写真手前の城と道、屋敷(完成済み)を固めます。自分の建物は近くに集結させると、同時進行しやすいです。ここは本家と違う点ですね。道と城などはお互いの完成を邪魔しあうこともあるのですが、ほぼ配置制限のない序盤なら問題ないかなと思い、展開していきます。しかし建物をじっくり育てすぎたのか、序盤の特殊タイルを概ね相手に奪われていきま...

    マクベス大佐さんの「カルカソンヌ:城」のリプレイ

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿