マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2000年~

バトルライン大吉さんさんのレビュー

128名 が参考
0名 がナイス
約1ヶ月前

★★★Excellent!!

バトルラインはロストシティと双璧をなすクニツィアの2人用ゲームだと思います。

めっちゃおもろいです!

戦略的なゲームではありますが、ロストシティと比べて運の要素は強い。

たぶんそれは手札のコントロールができないから。手番では必ず手札のカードは出さなければならないし、カードの補充は山札から引くのでランダム。

ロストシティの場合はカードを出したくなければ捨て札にしてもいいし、カードの補充は山札か見えている捨て札を選んでもいい。

その代わり、ロストシティは昇順という縛りがありますが、バトルラインはカードを自由に出せます。

バトルラインは手札は引き運でコントロールできませんが、出せる場所がロストシティの5ヶ所に対して9ヶ所もあるので、そのところの選択肢は多い。

そう言う意味では、ロストシティとバトルラインは真逆の性質を持ったゲームのように感じます。

バトルラインの手札運は強いですが、それを逆手に取ったようなカードの出し合いによる相手との探り合い、駆け引きがとても面白い!

手札を必ず1枚出さなければならないのが悩み所ですが、9カ所の選択肢があります。

2枚目を出したらどの役を狙っているか分かりますが、果たしてそれが完成するかどうかは分かりません。お互い同じ場所でカードを出し合って、この辺の駆け引きは熱い!

そして、証明というシステムがこのゲームをさらに面白くしています。

証明するためには9ヶ所に出されたカード全体を見ないといけませんし、いかに勝ちを証明するかについても駆け引きがあります。

特殊カードの戦術カードはとても強い効果を持ちますが、戦況が悪くても切り札を持っているのは心強い!戦術カードは相手より1枚多くしか使えないので、お互いに交互に使っていくのもいい感じ。

戦術カードを引くか、何枚持つかの選択肢もある。かといって、持ちすぎると手札を圧迫する。

どのタイミングで使うか、自分が使える状態か相手が使える状態かどうかという事もあるので、また違った駆け引きが起こる。

とは言っても、戦術カードの引きも運なので、手札運と相まって運が強すぎる感じがしないでもない。

個人的には戦術カードを使う事で理不尽さを感じてしまう場面も多々あり、ちょっと安易な感じがして何となくクニツィアっぽくないな~と感じる。カードテキストも少なからずありますし。

なので、戦術カード抜きのショッテントッテンのルールでプレイする方が、運を感じる割合も少なく純粋な頭脳戦ができて面白い!

ショッテントッテンルールは戦術カード10枚と、各色の10の数字カードを6枚抜いてプレイします。

1~9のカードだけを使います。

手札も7枚ではなくて、6枚に変更。

とてもシンプルでシビア、こちらの方が好きですね!

子どもは自分の勝ちやすいバトルラインルールを好み、私も自分の勝ちやすいショッテントッテンルールを好む。人によって楽しみ方は違います。

よく考えるとカードを1枚ずつ出して、9ヶ所でポーカーをしているだけのゲームなんですが、これだけ面白いのはやっぱりクニツィアだからでしょうね!

ポーカーは5枚ではなく3枚で役を作り、手札は7枚。ちょっとした事でこんなに面白くなる。

上の子との対戦成績もロストシティは負けなしなのに、バトルラインはけっこう負ける。

バトルラインの方が運も強いけれど、それ以上に駆け引きが強く全体を見ないといけない。

脳みそを使っている部分が違う気がする…

ロストシティは手札をやりくりする妙がありましたが、バトルラインは場の9ヶ所を使ってやりくりする妙がある。

なので、カードの引き運があるからこそ面白く、与えられたカードをいかに活用するかを考えるのが楽しい!なまじっか手札をコントロールできたら、面白くないかも。

ロストシティもバトルラインも甲乙つけがたい面白さ。やらなきゃ損!損!

今のところ、個人的な2人用3大ゲームは、ロストシティ、バトルライン、マンダラですね。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
バトルライン
バトルラインの通販
ポーカー×陣取りゲーム!?戦略が試される2人用カードゲーム
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,750(税込)
大吉さん
大吉さん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1031興味あり
  • 3952経験あり
  • 1553お気に入り
  • 3148持ってる
プレイ感の評価
運・確率82
戦略・判断力143
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ74
攻防・戦闘53
アート・外見18
作品データ
タイトルバトルライン
原題・英題表記Battle Line
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2000年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大吉さんさんの投稿

会員の新しい投稿