マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ニューロストレガシーNEW Lost Legacy

相手の心を読んで、失われた遺産を探し当てろ!

過去に発売されたロストレガシーのバランス調整版+拡張。1プレイ3~5分。

敵の邪魔をかいくぐり、失われた遺産(ロストレガシー)を探し当てるゲーム

基本ルールは同じだが、カードの効果が一部微妙に調整されているのと、拡張カードが4枚追加されている。

基本セット16枚+拡張セット16+追加拡張カード4枚

ゲームの概要は16枚+αのカードをシャッフルし、1人手札1枚配る。遺跡という場所に1枚カードを置き、残りは山札とし、準備完了。
手番が来たら、山札から1枚引き、手札2枚の内から1枚使う。
山札が無くなったら探索フェイズに移り、手札のカードの探索順の早いプレイヤーから、誰かの手札や遺跡から1枚選び、失われた遺産(ロストレガシー)のカードを探し当てた人の勝ち。
また、カードの効果により、ゲームから脱落する事もあり、探索フェイズの前に他のプレイヤーを全て脱落させても勝ち。

探索順の早いカードほど、使いたいカードとなっており、手札に残すか使うかのジレンマがある。
追加拡張カードを加えることにより、通常のカードにも影響を与え、ジレンマ、戦略性が増える。

他人の手札や遺跡を見るカードや、遺跡を増やすカードがあり、誰がどの情報を持っているかを把握し、失われた遺跡を探し当てろ!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. フォントルロイフォントルロイ
マイボードゲーム登録者
  • 37興味あり
  • 182経験あり
  • 29お気に入り
  • 156持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力9
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルニューロストレガシー
原題・英題表記NEW Lost Legacy
参加人数2人~4人(3分~5分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格1,500円
クレジット
ゲームデザイン木皿儀 隼一(Hayato Kisaragi)カナイセイジ(Seiji Kanai)
アートワークU井
関連企業/団体ワンドロー(ONE DRAW)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

  • 193
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月09日 23時09分

    奥さんと2人で5回くらいプレイしたかんじでは、少なくとも3人はいたほうが楽しめそうです。今のところ、2人プレーはお勧めできません。2人だと、勝ち方が相手の手札を見る、または手札を交換する(=死亡フラグをたてる)自分が都合のいいカードを持っていないなら、都合のいいカードを待つ相手が都合の悪いカードを持っていたなら、手放すのを待つとどめを刺す(=フラグ回収)という一本に、ほぼ絞られてしまう気がします。この流れに乗れるカードが早くきた方が勝ちみたいな、運だけ。手札が常に1枚だけでカードの種類も枚数も決っているという特徴が、通常は読み合いやブラフを助長してゲームを面白くするんでしょうが、2人プレ...

    Craftsmanさんのレビューを読む
  • 223
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月15日 17時10分

    ロストレガシーのリメイク+拡張な作品です。ロストレガシーシリーズのファンなのでゲームマーケットで発売されると知り即買い。新しい拡張カードも入って、旧版やったことある人も楽しめるようになっています。以前のシリーズは3作品(×2セット)のカードを混ぜられたのですが、今作は以前のものとは混ぜられないのが個人的にはマイナスです。(パッケージ内の2セット及び拡張カードは混ぜることができるし、裏が見えないスリーブとかならいけるかな?)一部カードは効果が微妙に違うため、旧版で慣れている人は要注意。全体的に、最後に探索する場所が増えるようになっています。(脱落者の手札が捨て札→遺跡になっているため、どん...

    ガラス猫さんのレビューを読む
  • 225
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月28日 00時11分

    前作は未プレイです。個人的にはラブレター+αのゲームという感じです。ラブレターより多少ルールが難しいですが、そこまでというわけでもなしです。拡張版が同梱されており、また、カードも初級上級の2セットは言っております。いろいろなカードの組み合わせでその場の状況に応じて遊びわけができるかなと思いました。

    だかさんのレビューを読む
  • 253
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月17日 13時06分

    以前出たロストレガシーの調整版らしい。しかし、前作をプレイしていないので、このゲームだけでのレビューになります。4人でプレイしたのですが、始め2ステージ目のやり方がイマイチ見通せず、マニュアルだけではよく分からなかったのですが、プレイしてみたら段々と分かってきました。内容は、ラブレターと同じく、全16枚でワンゲームの決着をつけるというもの。ルールは簡単だけど、そのプレイ方法がラブレターを少し複雑にした感じかなぁ。もう少しやり込まないと結論が出せないけど、初心者向けではないかも…。

    Nobuaki Katouさんのレビューを読む
  • 392
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月15日 09時42分

    毎ゲーム驚きがあって、延々できる  4人でプレイしましたが、約2時間半エンドレスで遊べました 手札は1枚、1枚引いたら必ずどちらかを使用するので、常にたった1枚の手札が手元にあるというシンプルさ  なのにとても奥深く、毎ゲーム終わる度にもう一度やりたくなる中毒性がありました  

    bunmoriさんのレビューを読む
  • 467
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月09日 12時56分

    1プレイ3~5分と短い為、昼休みの15分くらいの間で3~5回ほどプレイしています。基本セットは、他人の手札を見るカードが多く、見た人を脱落させるカードと見られたら脱落するカードがあり、手札に何を残すかが重要になる。拡張カードには、見た人を脱落させるカードを手札に残したくなるカードが入っており、これにより手札を見る時の緊張感が上がり、脱落する可能性も高まった。拡張セットは、遺跡と手札を交換したり、シャッフルするカードが多く、脱落は少なく、探索フェイズでの推理要素が高くなっている。基本セットと拡張セットと追加拡張カードから好きな組み合わせを選んで遊ぶことも出来る。1プレイが短い、準備が楽、毎...

    フォントルロイさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク