マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 90分前後
  • 14歳~
  • 2018年~

イマジナリウムYYYKKKさんのレビュー

741
名に参考にされています
2018年04月08日 18時57分

イマジナリウムプレイしましたので紹介します。
夢が作られる「夢工場」という設定です。とにかく世界観とアートワークが凝りに凝ってます。

どんな世界観か、僕のつたない引き出しを探って表現してみます。
まず骨格にはミヒャエル・エンデがいて、原風景にはHRギーガーがある気がします。それらの上層に構築された、現代的なダークファンタジー世界という感じでしょうか。

映画だったらティム・バートンが思い浮かびます。ナイトメアビフォークリスマスとか、(工場つながり)チャーリーとチョコレート工場、バットマン(プリンスの主題歌PV含む)。あと、作家だとニール・ゲイマン(の映像化作品)。映画コララインとボタンの魔女はかなりこのゲーム世界とイメージが近いし、ドラマ版のアメリカン・ゴッズの中の神話シーン/異世界シーンはグロさの方向性がすごく近く感じます。もっと的確な引用がある気がするので、趣味がちかい人と情報交換がてらちょっと語り合ってみたいです。

さて本題。ゲームを紹介します。

セットアップされたボードを説明するだけでゲームの全体は把握できますね。

左上は、達成タイルです。毎ゲーム違うタイルが置かれ、書かれていることを達成すると勝利点が入ります。右上は三人だけ雇える「助手」で、全員能力が違い、雇い主のプレイヤーを強化します。

真ん中の資源ボックスの両脇と下は、アクションと手番順を管理するレーンです。まず、プレイヤーは自分が動かすこれらの派手派手なミニチュアコマを、手番順にレーンの上の好きなところに置きます。レーンは「機械」と呼ばれるカードを買うか、収入(黒炭が貨幣)を得るかのどちらかです。レーンの左ほど割高、一番右だと大きな収入が得られますが、次のラウンドの手番順は割高のアクションの人の方が先になります。資源ボックスの右の気持ち悪い口は、廃棄カード置き場です。しゃくしゃく食べられちゃうわけですね。

個人ボードです。このゲームはついたてで、持っているお金や資源を隠します。
「機械」は、他のプレイヤーを攻撃する特殊なものも中にはありますが、基本的には、3種類(木材 < 銅 < 水晶)ある資源や、貨幣である黒炭を生産したり、安い資源から高い資源を生んだり、資源の数を増やしたり、勝利点を生むことかメインのはたらきです。機械は一回つかうごとに壊れてしまうという設定で、特定の資源を入れるとまた動きます。

また、同じタイプの機械や、効果につながりのある機械は合成して強くすることができます。

ゲームとしては、助手や機械の獲得はもちろん早い者勝ちなので、手番順のコントロールもまあ重要です。ですが,少ない資源や欲しい機械が手に入らないじりじりの中で、やりくりし,よりよい機械を買ったり、合体させたり、または助手の力で自分を強化して資源を増やし、勝利点を稼いでいく点、つまり「カードコンボによる拡大再生産」が中心のゲームと言えます。

以下,徒然に感想を述べます。
プレイヤー同士の勝利点と資源が完全に隠されていることは、ゲームのプレイ感を軽くしていますが、より世界にひたりやすくさせたい、というデザイナーの意図な気がします。だれかが衝立のむこうで20点をとったらゲームが終了しますが、この20点という点数も生産体制が整って気持ちよく生産はじめたころにちょうど終わる、という絶妙なところで設定されてて好感触です。

攻撃系の機械の効果がとても強いです。防御のカードもあるし、攻撃対象は個別のプレイヤーではないので、ヘイトもたまりにくいかと思います。しかしそもそも拡大再生産のゲームに、攻撃システム自体必要か?とも思いますが、ダークな世界観のための演出なのかな、とも思います。

一点だけ、不満があります。写真にあるような、B-1からB-5までのステップをすべてのプレイヤーが順番にやる点です。機械の合成や生産の順番はそこそこ悩みどころが多いので、けっこうなダウンタイムが発生します。攻撃や助手の購入で手番順が重要なのはわかるのですが、もっと手番を細分化して欲しかった。

不満としてあげるのはその点くらいです。

細部まで世界観をつくりこんだすばらしいゲームで、ゲームの中身もしっかりしているゲームです。100回以上プレイしたくなるゲームではありませんが、最低でもあと2回くらいはプレイして、コンポや効率的なパスを探して見たい!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
イマジナリウム
イマジナリウムの通販
夢の工場で、新たな時代が幕を開ける!生産目標は、素晴らしき幻想の数々だ!
残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 7,700(税込)
YYYKKKさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 149興味あり
  • 340経験あり
  • 74お気に入り
  • 187持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力11
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見15
作品データ
タイトルイマジナリウム
原題・英題表記Imaginarium
参加人数2人~5人(90分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2018年~
参考価格7,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

YYYKKKさんの投稿

会員の新しい投稿