マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 15分~30分
  • 10歳~
  • 2016年~

THE 残業稲妻老人、HT君、MM君、HK君のリプレイ日記(2017年6月24日)

458
名に読まれています
2017年06月26日 04時35分

参加メンバーは4名でいずれも大学時代の友人です。

もう30年以上も付き合いがあるので、思考回路も知り尽くされている間柄です。

場所はHK君宅にて行いました。

この日は湿度が凄く、重いゲームが続いて脳がへろへろになっていたので丁度良い

ゲームかと思いました。

席順は私から時計回りに、HT君、HK君、MM君です

以下、メンバーの簡単な紹介です。

稲妻老人(私):防御優先。たまに無謀なギャンブルに出ます。この時は暑さで思考回路が0。

HT君:防御優先。切れ者ですが、たまに大チョンボをしでかす。

HK君:攻撃優先。猪突猛進という言葉がピッタリの人物。最近美人の嫁さんを貰って浮かれている。

MM君:防御優先。刎頸の友であり、この中で一番の切れ者。ただし最近視力の低下に悩んでいる。

こんなメンバーで遊びました。


第一週目の私の手札は、青3枚に緑、黄色が各1枚でしたので、緑と黄色をHT君に渡しました。

※記憶で書いていますので時間までは覚えていません。悪しからず。

MM君から貰ったのは青2枚。

 「コイツは何を考えているんだ?」

などと思いつつ、今週は無事に終わるのがほぼ確定。

スタートプレイヤーは勿論、ワーカーホリックのHK君。

全員このゲームは初プレイなのでとまどいながら出したのが「黄色」のカードw

  「飛ばすなー」

と思いつつも淡々と曜日が過ぎていきます。

そして金曜日。

私は何事もなく終了。

金曜日に終電前に帰宅したものの、最終退勤者であったHK君はライフを1点喪失。

この時点での私の感想は、

  「手札さえまともならば、守りの姿勢を貫けばライフが減る事はないだろう」

という安直な考えでした。

そしてもう1つ、

  「やっぱり、なんかしないと面白くないよねー」

良からぬ考えが首をもたげてきました。

これが悪夢の始まりでした。。。


第2週目。

私の手札は、青2枚に赤3枚。

本来ならば赤2枚を渡す所ですが、青を2枚渡して金曜日のお休みを狙いに行きました。

手元に来たのは青1枚と赤1枚!。

結果、私の手札は青1枚と赤4枚となりました。

  「ふっ、勝ったも同然だぜ!」

スタートプレイヤーはまたしてもHK君。

HK君もMM君も青カードを出してきました。

この時点で終電ブレイク出来たのですが、私は何を考えていたのか?

それとも何も考えていなかったのか、こっそり青色で帰ってしまったのです!

   「あぁ痛恨のミス!」


それでも手札は真っ赤っか。

火曜日から木曜日まで無双すれば大丈夫と心を落ち着かせます。

何せ私の手札には29:54というほぼ最強のカードがあるのですから。

予定通り火曜日、水曜日を終電ブレイクしてストレスを2個ゲット。

後は29:54を出すだけの簡単なお仕事です。

木曜日。スタートプレイヤーの私は涼しい顔で29:54を出しました。

HT君はこっそり帰っていきました。

   「ん~、よしよし」

が、落とし穴がありました。

何と、HK君が30:59分を出したのです!

ここでストレストークンを1個ゲットしたHK君は月曜日の分と持ち越し分で金曜日はお休みに。

迎えた金曜日、私の手元には真っ赤な色のカードしかなく、当然終電ブレイクした上に

最終退勤者。。。

ライフトークンを一気に2個失いました。

  「なんてこったい!」


気怠い第三週目が始まりました。

ストレストークンを貰いました。

手札を交換した結果、青2枚、緑1枚、黄色1枚、赤1枚とばらけました。

いいのか、悪いのか分からないけれど、まぁよしとしようという曖昧な姿勢。

赤1枚くらいならさばけるので、今週は無難に過ごそうと。

実はこの時、2週目の精神的ダメージが私に残っていたのです。

そのうち終電ブレイクが出来るだろうと高をくくってカードを出していく私。

しかし終電ブレイクが中々出来ず、しかも最終退勤者にもなれないのでストレスも溜まらない。

  「まずい、このままでは。。。」

と、自身のストレスだけが溜まっていきました。

金曜日。

またしてもHK君はお休みでした。。。

そして私の手札に残ったのは、深紅のカード。

終電ブレイクした上に最終退勤者に。

私のライフは-1になりました。。。


何かこう真っ白に燃え尽きました。

たった3週間で社員の命を削りきったこの会社。

ブラック企業どころではないですねw

ククとかでもそうですが、一回緊張の糸が切れてしまうと、坂道を転げ落ちるように失敗しますね。

負けはしましたが、中々に楽しいゲームでした。

今度こそは勝つぞーーーw

勝敗プレイヤー名最終得点
稲妻老人0点
HT君3点
MM君3点
勝ち
HK君4点
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 4人
2017年06月24日

ゲスト
HT君
ゲスト
MM君
ゲスト
HK君
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 82興味あり
  • 225経験あり
  • 19お気に入り
  • 130持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力7
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルTHE 残業
原題・英題表記THE ZANGYO
参加人数3人~5人(15分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格2,315円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿