マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ザ・マグニフィセントThe Magnificent

  • ザ・マグニフィセントの画像
  • ザ・マグニフィセントの画像
  • ザ・マグニフィセントの画像
  • ザ・マグニフィセントの画像
  • ザ・マグニフィセントの画像
  • ザ・マグニフィセントの画像

サーカスの団長となって演者を雇い、芸を披露してお金と勝利点をがっぽり稼ぐゲームです。

雰囲気があるメインボード、個性的な演者のポスターカード、アートワークは個人的にかなり素敵なものでした。

メインのゲームシステムはダイスドラフトとパズルゲームです。

ゲームの大まかな流れはスタートプレイヤーが人数に対応する数(ボードの右上に書かれてます)のダイスを全部振り、手番ごとにダイスを一つドラフトしてアクションを行います。

ダイスは4色あり、同じ色を取ればそれだけアクションの数字が大きくなります。白のダイスは取った時だけ他の色として使用できます。

アクションは3つあり、

1.移動

2.建設

3.公演

移動では、メインボードの馬車コマを動かして道中にある宝石や演者のポスターカードを手にいれることができ、テントタイルがあるマスにちょうどで止まるとそのテントタイルを獲得することが出来ます。

テントタイルを獲得していないとポスターカードがあっても公演することは出来ないので集め忘れないようにしましょう。

建設では、パズルピースを獲得し、個人ボードに配置していきます。このときボードの下に書かれているアイテムは即座に獲得します。

公演では、獲得したポスターカードがテントがある箇所へ配置していると公演することが出来ます。しかし、ポスターカードには公演をするための条件が書かれており、書かれているパズルピースが個人ボード上に配置されていることが条件となります。さらに、公演は複数枚のカードを公演することが可能ですがこのとき同じパズルピースを同時に使用することは出来ないので一気に公演をするにはそれだけのパズルピースが必要となります。


これを全プレイヤーが4回繰り返すと1ラウンドの終了、とったダイスの一色のうち合計が一番多い数値分プラス白ダイスの数値を合計した分お金を払わなければいけません。払えないとラウンドごとに決められた数値分、勝利点がマイナスになります。

全3ラウンドしてゲームの終了。


プレイした感想はダイス振ったり、どのポスターを集めるか、パズルの配置をどうするかといっぱい頭を使う楽しいゲームでした。

しかし、頭を使う分、パズルピースの管理が慣れてないといちいち確認して数が足りているか数えてやっているので時間がかかりました…。初めてやるときは取ったピースはメモしておいて余計に時間がかからないようにすることをお勧めします。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:頼児
マイボードゲーム登録者
  • 100興味あり
  • 180経験あり
  • 48お気に入り
  • 111持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力8
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルザ・マグニフィセント
原題・英題表記The Magnificent
参加人数1人~4人(60分~90分)
対象年齢14歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

219名が参考
(2021年08月04日 11時27分)
ボードゲームで最も重視することは何か。人によって違いますが、自分としてはやっぱりテーマに合っていると楽しめる傾向にあると思っています。特に「エクスペディション」のような旅行系ゲームや、「キルクス・マクシムス」のようなレースゲームだとテーマとゲーム性が合っていて世界旅行をした...
続きを読む(toribirdibonさんの「ザ・マグニフィセント」のレビュー)
大賢者
toribirdibon
toribirdibon
354名が参考
(2020年05月10日 15時09分)
サーカスがテーマだけあって、アートワークが見事です。黒を基調とした盤上に、色とりどりのダイスや宝石が輝き、見ているだけでもとても楽しいゲームです。ゲームでいうと、どちらかというとゲーマー寄りだと思います。というのも、ゲームは4つの手番×3ラウンドの全12回しかやれる事がなく...
続きを読む(天瀬涼太さんの「ザ・マグニフィセント」のレビュー)
勇者
天瀬涼太
天瀬涼太
354名が参考
(2020年02月05日 00時07分)
サーカスの団長となって演者を雇い、芸を披露してお金と勝利点をがっぽり稼ぐゲームです。雰囲気があるメインボード、個性的な演者のポスターカード、アートワークは個人的にかなり素敵なものでした。メインのゲームシステムはダイスドラフトとパズルゲームです。ゲームの大まかな流れはスタート...
続きを読む(頼児さんの「ザ・マグニフィセント」のレビュー)
皇帝
頼児
頼児

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 2件

56名が参考
(2021年10月14日 08時48分)
<テーマ>サーカスが舞台の、ダイスワーカープレイスメント&パズルゲーム。<準備>中央ボードを配置し、タイル・宝石・お金などのストックを近くに置く。全てのダイスを振って、出目を維持したまま『ゲームボード』右上のメインテントに並べる。中央ボード上の移動エリアに、テントタイルを表...
続きを読む(ヒロ(新!ボードゲーム家族)さんの「ザ・マグニフィセント」のルール/インスト)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
214名が参考
(2020年07月26日 18時02分)
全体の準備①『ゲームボード』と『サプライ』を中央に置きます。②ダイスを振ってスタートプレイヤーを決めます。その後、全てのダイスを振って、出目を維持したまま『ゲームボード』右上のメインテントに並べます。③『マスターカード』の内、左下にⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳと書かれた16枚を脇によけて...
続きを読む(鉄仙(てっせん)さんの「ザ・マグニフィセント」のルール/インスト)
大賢者
鉄仙(てっせん)
鉄仙(てっせん)

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿