マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ルーン・ストーンズRune Stones

魔法と神話の世界をモチーフにしたデッキ構築ゲーム!

Queen Gamesによる2019年リリース作品です。
プレイヤーはドルイドとなり、不思議な力を持つルーンストーンを操って他のプレイヤーと覇権を争います。クリーチャーを召還しジェムを集めてルーンストーンを入手していきますが、アーティファクトの強化もルーンストーンの持つ力に影響を与え、ゲームの行方を左右することでしょう。
ゲームデザインは「イスタンブール」でおなじみのリュディガー・ドーン。アートワークはこのゲームのパブリッシャーであるQueen Gamesの話題作「マーリン」のアートワークを手がけたデニス・ロハウゼンが担当しています。
プレイヤーはデッキを構築しそのカードを使いますが、カードを使う際には同時に2枚プレイしなければいけません。カードは全てユニークな能力と番号が割り振られており、その二枚のうち高い番号のカードはデッキから取り除かれてしまいます。これにより、プレイヤーはカードをプレイする度に悩ましい選択を迫られることになるでしょう。
また、アーティファクトの作成も重要です。アーティファクトは勝利点とルーンストーンを生み出すからです。
アーティファクトは5種あり、2種以上の組み合わせで勝利点とルーンストーンに変換できるのですが、一度に沢山変換した方が勝利点は効率よく稼げるものの、ルーンストーンを獲得するのが遅れてしまうというジレンマがプレイヤーを悩ませます。
いずれかのプレイヤーが65勝利点を獲得すると、ゲームは終了へと向かいます。そして最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが、ドルイドの王となるのです!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 山本 右近山本 右近
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 9経験あり
  • 3お気に入り
  • 7持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルルーン・ストーンズ
原題・英題表記Rune Stones
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格5,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2019年11月24日 18時29分

    2019エッセン新作で2020年春にリリース予定のQueenGamesによるデッキ構築ゲーム。勝手に行われてしまう望まないデッキ圧縮が特徴的だ。プレイヤーは手番にカードを獲得したりカードの効果を使いリソースを獲得していき、そのリソースを使いアーティファクトを獲得し、さらにそのアーティファクトのセットコレクションを消費することで勝利点を得ていく。カードの使用時には2枚使用しなければならない。カードには固有の番号が振られており、使ったカードのうち最も小さい番号のカード以外はデッキから取り除かれてしまうので、単純にカードの能力以外にも考えどころがある点は良い。また、アーティファクトを消費して得...

    山本 右近さんの「ルーン・ストーンズ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿