マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

呪われたクリーチャーVerflucht!

あなたたち全員は、呪われたクリーチャーでいっぱいの屋敷に閉じ込められています。

あなたがめくるカードには、クリーチャーかアイテムがかかれています。
アイテムは、攻撃される前にクリーチャーを倒すために使います。 全員で一緒になって、プレイしていくことでのみ、夜を明かし、朝を迎えることができます。
無事に朝を迎えることができたら、プレーヤー全員が勝ちとなります。

◆カードはクリーチャーカードとアイテムカードのほかに紋章カードがあります。
紋章カードはプレイ人数により決まった数を表にして並べておきます。
クリーチャーカードとアイテムカードは裏にしてまとめてテーブルの中央の置きます。
プレーヤーは、順番にカードを1枚ずつめくります。アイテムカードなら手札として持っておきます。クリーチャーカードの場合は表にして並べておきます。
クリーチャーカードを表にしたプレーヤーがこのクリーチャーカードに書かれた数字以上のアイテムカードを持っている場合には、このクリーチャーカードを倒すことができます。
倒さなくても構いません。他のプレーヤーと相談してください。ただし、どんなアイテムカードを持っているかを言ってはいけません。
倒されたクリーチャーとアイテムカードはゲームから取り除かれます。
もし、クリーチャーカードが6枚表になったら、必ず最も数字が大きいクリーチャーを倒す必要があります。
倒すことができない場合は、紋章カードを1枚捨てて対応することができます。紋章カードを使って対応したクリーチャーはカードの山に戻されます。
数字が連続するクリーチャーが表になったら、これらのクリーチャーすべてを倒す必要があります。
この場合はすべてのプレーヤーが協力して立ち向かうことができます。ただし、1つのクリーチャーを複数のプレーヤーが持つアイテムカードで倒すことができません。
必ず一人のプレーヤーが持つアイテムカードで倒す必要があります。
倒せそうにない場合は紋章カードを使えば、これらすべてのクリーチャーに対応できます。クリーチャーはカードの山に戻ります。
必要な時に、クリーチャーを倒せず紋章も残っていなければプレーヤー全員の負けです。
カードの山をすべてめくることができたらプレーヤー全員の勝ちです。
まだ残っているクリーチャーを残っているアイテムカードと紋章で取り除き、残ったクリーチャーの合計ポイントが得点です。得点が小さいほど大きな勝利となります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. Feiron33Feiron33
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 95経験あり
  • 15お気に入り
  • 73持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトル呪われたクリーチャー
原題・英題表記Verflucht!
参加人数1人~5人(15分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格1,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 128
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月23日 18時28分

    5人でプレイした感想です。5人共にボードゲームに慣れているメンバーだった為か少し手応えがなかったように思いました。ルールとしては簡単で説明するのにも困る事がないので初めての人でもすぐにプレイできます。気軽にするのなら問題ないですが、クリアできるか、できないかギリギリの感じで遊びたい方にはあまりおすすめできないなと思いました。ゲーム事態は、楽しく子供と一緒に遊んだりしています。

    小山樹さんの「呪われたクリーチャー」のレビュー
  • 202
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月14日 23時59分

    そいつはオレに任せろ!! 別荘でクリーチャーだらけの部屋で武器を駆使してクリーチャーの全滅を目的とした協力ゲームです。基本的に山札(?)からカードを1枚引いて武器か敵が出てきて、上手いこと同じ数字で倒していくことが理想的でしょう。 準備としては1~40の数字が書いてある武器カード40枚と1~40の数字が書いてある敵カード40枚をテーブル真ん中で「わしゃわしゃ」混ぜます。わざわざ山札にしてシャッフルしないのがポイントです。それと5枚の紋章を用意します。 目的としては紋章5枚が割れて裏返ると即負けで、敵が攻撃する可能性がなくなった状況にしたら勝利になります。 手順としてはカードを一枚引いて、...

    82BG@19秋GM(土日)出展さんの「呪われたクリーチャー」のレビュー
  • 227
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月01日 09時32分

    3歳児が昼寝した際に、1人でプレイした感想です。ザ・ゲームで有名なステファン・ベンドルフによる作品で、1人から5人までプレイできる協力ゲームです。ゲームの背景は、1897年、イギリスのサマセット州に突如現れた呪われたクリーチャーを倒すために、アイテムを駆使しながら、無事に朝を迎えることができたら、プレイヤー全員の勝ちとなります。カードは、クリーチャーカードが40枚(1〜40までの連番)で、そのクリーチャーを倒せるアイテムカードが40枚(1〜40までの連番)あります。このほか、紋章カードがあり、プレイ人数に応じて使用枚数が変わり、1人の場合は3枚使用します。上記写真は、場の並べ方の参考です...

    Nobuaki Katouさんの「呪われたクリーチャー」のレビュー
  • 154
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月27日 14時53分

    勝ちにこだわると運の要素を強く感じますが、みんなでワイワイ遊ぶならルールも説明しやすく短時間で終わるのでオススメです。ルールが分かりづらい部分が気になったので、参考程度に私が遊ぶときの解釈を書かせて頂きます。・手番が来たらまず山札から一枚めくる。モンスターなら場札に、武器なら手札にする。その後モンスターを討伐するか見送るか決める。説明書のままだと山札からめくるかモンスター討伐どちらか片方だけとも取れますが、私は手番に両方行うものとして遊んでいます。

    S.Kさんの「呪われたクリーチャー」のレビュー
  • 225
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月11日 15時05分

    5/10ザ・ゲームの作者による協力ゲームの新作。大手メーカーAmigoで初の協力ゲームらしい。ルールはシンプルで、1〜40の武器カードとモンスターカードの計80枚の山札があって、自分の番が来たら、1枚引くだけ。武器だったら、手札に入れて、モンスターだったら公開。武器はモンスターを倒すことができるが、武器の数字以下のモンスターしか倒すことはできない。また、モンスターは6体そろうと、その中で1番大きい数字のモンスターが攻撃してきたり、連番がそろうとその連番モンスター全てが総攻撃をしかけてくる。もし、これに対応できない場合、魔法陣を使って対処しなければならず、魔法陣が0の状態でもう1度攻撃をく...

    白州さんの「呪われたクリーチャー」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 76
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月20日 17時53分

    武器カードの数字とクリーチャーカードの数字の差をいかに少ない差で退治するのがポイントですが、時には躊躇わずに数字の大きな武器で数字の小さなクリーチャーを退治することも重要になります。あと、どうしても倒せない時には紋章カードを使用することが出来ますが、倒せるわけではなく山札に戻るだけで、再び同じクリーチャーが出てくることもあるので、クリーチャーの数字を覚えておくことと、或いは手札が余分に減ってしまいますが、武器カードを複数枚使用して退治する決断をすることも大事です。

    ゆき猫(雪火)さんの「呪われたクリーチャー」の戦略やコツ

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは87mm×56mmです。「CAC-SL103 ボードゲームサイズ・ハード」などのスリーブが最適です。カードは85枚入っています。

    0件のコメント5ページビュー9ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク