• 2人~8人
  • 30分~60分

ウイングキャリバーWing Caliver

テレビアニメ『聖戦士ダンバイン』に出てくる、ヒトのオーラ力で駆動する昆虫風のロボットマシン同士の戦闘を再現したシミュレーションゲーム全盛期の傑作。

前作に『オーラバトラー』という作品があるのですが、番組途中での先行リリースだったため、後半の新型などがデータ化されておらず、こちらの『ウイングキャリバー』が完全版となります。

各オーラマシンには性能差が細かくデータ化されており、そこに乗せるパイロットのオーラレベルにより、毎ターンの性能が大きく変動するのが特徴です。

一概に高性能の新型が良いというわけでもなく、上位機に低レベルパイロットを乗せてしまうと、途中で機体が動かなくなって墜落したりします。

戦闘は空中で機動しなが、基本的には剣で斬り合う、という戦闘形態です。

詳細は省きますが、上段から切り掛かって、右腕を損傷!…というように、かなり精密な判定を行ないます。

で、レビューですがこれはもう懐かしのボードゲームで、もう30年くらい前ですが、仲間集めて一晩中やってました。

おそらく私の全てのゲーム歴の中で、最もプレイ回数の多いゲームでしょうね。

シナリオなんて無視無視。

ひたすらランダムに袋からオーラバトラーコマと、パイロットコマを引き、全員でバトルロイヤル!これに限る!

引くたびに歓声と悲鳴!

移動と攻撃を事前にプロットして一斉に公開するのですが、肝心の間合いを外されたり、気がつけば真ん中に一人取り残されたり、いよいよ敵にトドメだーっ!ってタイミングで機体がパワーダウンしたりして、力んだり爆笑したりして、まあものすごく白熱しましたなあ(遠い目)

やられると新しいきた機体とパイロットを引いてボード端から出てくるので、ひたすら終わらない(笑)。

アニメのセリフなどを口にしながら仲間と入り乱れてのバトルゲームがしたいなら、おそらく最高のゲームです。

ぜひ一度体験を!

…と言いたいとこですが、今では入手難ですよねぇ。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:Bluebear
  • 0興味あり
  • 4経験あり
  • 3お気に入り
  • 4持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルウイングキャリバー
原題・英題表記Wing Caliver
参加人数2人~8人(30分~60分)
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン岡田 厚利(Atsutoshi Okada)
アートワーク高荷 義之
関連企業/団体ツクダホビー
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 145
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月12日 12時03分

    テレビアニメ『聖戦士ダンバイン』に出てくる、ヒトのオーラ力で駆動する昆虫風のロボットマシン同士の戦闘を再現したシミュレーションゲーム全盛期の傑作。前作に『オーラバトラー』という作品があるのですが、番組途中での先行リリースだったため、後半の新型などがデータ化されておらず、こちらの『ウイングキャリバー』が完全版となります。各オーラマシンには性能差が細かくデータ化されており、そこに乗せるパイロットのオーラレベルにより、毎ターンの性能が大きく変動するのが特徴です。一概に高性能の新型が良いというわけでもなく、上位機に低レベルパイロットを乗せてしまうと、途中で機体が動かなくなって墜落したりします。戦...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿