マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2006年~

王への請願oshio_senseiさんのレビュー

148
名に参考にされています
2016年07月22日 16時33分

プレイヤーは自身の願いを国王に叶えてもらうために、様々な家臣たちを取り込んで自身の発言力を強めていくゲームです。
発言力はダイスの数で表され、すべてのプレイヤーは最初は3個のダイスからゲームが始まります。
.
王への請願を通すために必要な条件は「7個のダイスがすべて同じ目であること。」です。
つまり、「4,4,4,4,4,4,4」とか「1,1,1,1,1,1,1」といったダイスの目を作ることが目的です。
そもそもダイスが3個しかないのに7個の目をそろえるなんてことは、そもそも数が足りないのにどう考えても不可能です。
なので、ダイスの出目を使って、家臣たちを仲間に引き入れ、
発言力(=ダイスの目)を増やして行きましょう。
.
プレイヤーの手番はダイスを振って目を確定させるところから始まります。
例えば、「2個のダイスがすべて同じ目であること」という条件を満たせば、「農夫」を仲間に入れることができます。
農夫の効果は、振るダイスが1つ増えるというものです。
つまり、農夫を仲間に入れたことにより、4個のダイスになることで、王に1歩近づいたイメージとなります。
(詳細は割愛)
.
家臣は、単純なダイスの数を増やすだけのキャラクターだけではなく、
変則的な能力をもった家臣も存在します。
「任意の1個のダイスの出目を1~3増やす」「任意の1個のダイスの出目を減らした文だけ、別のダイス1個をその分増やす」など。
この能力は毎手番ごとに発動でいるため、運要素が強いダイスゲームでも、
どの能力を、どの順番で発動させればいいかが悩ましいゲームです。
.
「任意の1個のダイスの出目を1~3増やす」
「任意の1個のダイスの出目を減らした文だけ、別のダイス1個をその分増やす」
.
●この二つの能力を使って、以下のダイスを想定してみましょう。
「1, 4, 4, 5」

①「任意の1個のダイスの出目を1~3増やす」で1の目を+2する。
「3, 4, 4, 5」

②「任意の1個のダイスの出目を減らした文だけ、別のダイス1個をその分増やす」で3の目を1増やし、5の目を1減らす
「4, 4, 4, 4」
.
2回の能力を使用しただけで、4個のダイスを揃えることができました。
このゲームはそういった、運要素をプレイヤーの知恵で書き換える神のような感覚に浸ることのできるゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
oshio_senseiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 83興味あり
  • 580経験あり
  • 118お気に入り
  • 393持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率15
戦略・判断力11
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見5
作品データ
タイトル王への請願
原題・英題表記Um Krone und Kragen
参加人数2人~5人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

oshio_senseiさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク