マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
王への請願
  • 王への請願当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2006年~

王への請願 / Um Krone und Kragen の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ダイス運がなくても大丈夫!?あなたもダイスの出目を操る快感を体感しよう!
  • トーマス・レーマン(Thomas Lehmann)作

 王への請願は国王カードを得る事を目的としたダイスゲームです。国王カードを得る条件は振ったサイコロ7個をすべて同じ目にする事です。7個を全部揃えるだなんて難しいのでは?と思うかもしれませんが、このゲームではカードの能力を駆使してサイコロの数や出目を調整する事が可能なのです。

 各プレイヤーは、手番ごとに決められた数のダイスを振ります。サイコロを振る度に必ず1個以上の出目を確定させ最後に全部の合計値○○以上、奇数、偶数の出目数に応じて共通の場から王宮の人物カードを得ます。

 カードにはダイスの数を追加、出目数をプラスにしたり出来る様々な能力があるので、どのカードを集めていくのか、どのタイミングで能力を使うかを考えましょう。

 ちなみにカードは全部で20種類あります。農夫、衛兵など位が低いものは取得条件と能力が低く、反対に貴族、領主などは取得条件と能力が高くなります。

 こうしてダイスを振り、能力を使用し、カードを得るといった手順を繰り返していき、誰かが国王と王妃のカードを取得し終了条件が満たされたら最終ラウンドに移行します。最後はどのプレイヤーが一番多くゾロ目を出す事が出来るのかを勝負します。こうして、最後の勝負に勝利したプレイヤーだけが王への請願を果たす事が出来るのです。

 ダイス運がないとお嘆きの方、ダイスなんて運ゲーだと敬遠している方に是非一度遊んで頂きたいボードゲームです。

王への請願に15件の書き込みがあります

281
名に参考にされています
2017年10月18日 00時07分

個人的にお気に入りダイスゲームの1つです。

運要素の強いダイスロールの数や出目の結果を、獲得したカード能力を使って操作していくゲームです。


少しずつカードを獲得していくたびに、ロールできるダイスの数が増え、出目の数字を書き換え、ゾロ目の数が増えていく…といった操作が、カード能力のコンボで可能になっていく所が実に楽しいです。


他のプレイヤーとの絡みが殆どないため、ソロプレイ感は強いところは少し寂しい所かも知れませんが、豪快なカードコンボとダイスロールをキメて他プレイヤーにドヤ顔をするのは楽しいですよ。

(失敗したらめっちゃ悔しいですが)


ダイスゲームが好きな方にはオススメです!

※写真は海外版になります。

続きを読む
閉じる
207
名に参考にされています
2018年12月13日 22時12分

ダイスじゃらじゃら好きならお勧め!

そして、ハマれば人数分の色違いのダイスを用意するとゲーム進行がとてもスムーズに行えます!

最初は、数の少ないダイスから始まり、ダイスのセットを作り、場に出ているカードを集めていく。

カードには特殊能力があり、それによってダイスを増やし、変更し、セットコレクションを強くしていく。そして最終的に王への請願を達成させる!

ダイス。集める。カードの特殊能力を駆使しコンボを決める!

どうしても、とれるカードに制限があるので、ある程度勝ち筋が出来てしまうとどうしても、マンネリ感が…

ですが、これをプレイしてると、他のダイス系のセットコレクションのゲームがしやすくなります!

ダイスが好きなので、僕は結構リピして遊びますが、人によっては2,3回でいいかなってわかれるゲームでもありますね。

続きを読む
閉じる
193
名に参考にされています
2018年01月06日 10時42分

ダイスゲームです。

ダイスを振って1つ以上の出目を確保。残ったダイスを振り直す、をダイスがなくなるまで繰り返します。

振ったダイスの出目によって場札をとることができます。

場札の効果によってより上位の場札を取って……という感じでどんどん位の高い役職のカードを取って、最終的に王様のカードを取る、王に請願できたら最後の勝負。

全員でダイスを振って同じ出目の個数を比べ合います。とはいえだいたい王様をとった人が勝ちきることが多い気がします。


大量のダイスをバーッと振って出目を見ていく作業はなかなか爽快です。基本的に場札の取り合い以外にプレイヤー同士のインタラクティブはありませんが、お互いにダイスを振る作業が盛り上がります。

続きを読む
閉じる
171
名に参考にされています
2017年05月03日 00時51分

バリアントルールを考えてみました。

【全員で一斉にダイスを振る】

・先手(その時のスタートプレイヤー)を決めた上で、参加プレイヤー全員で一斉にダイスを振り、先手から時計回りにダイスを確定していきます。

・全員の確定が済んだ時、一人だけが目を揃えていたら、その人はカードを取得できます。(例:一振りで[3][3][3]が揃った)

・複数人が同時に目を揃え、尚且つ狙いが異なっていたら、それぞれのカードを取得できます。(例:Aは[3][3][3]、Bは[1][3][5])

・ただし、狙いが重複した場合、目の合計値が高い方にカード取得の優先権があります。(例:Aは[3][3][3]、Bは[6][6][6]、Bからカードを選ぶ)

・更に、目の合計値が同じ場合、先手にカード取得の優先権があります。(例:Aは[6][6][6]、Bも[6][6][6]、Aからカードを選ぶ)

・なので、①単独で先に揃えたら勝ち。②目が大きい方が勝ち。③先手の勝ち。となります。

・全員の最終的な確定処理(もうダイスを振らない・振れない)が終わったら、先手を時計回りに移動します。

・ダイスがいっぱい必要だけど、先手有利の緩和、ダウンタイムの解消、プレイヤー間の絡み(状況で狙いを修正)が増すと思います。

続きを読む
閉じる
152
名に参考にされています
2016年07月22日 16時33分

プレイヤーは自身の願いを国王に叶えてもらうために、様々な家臣たちを取り込んで自身の発言力を強めていくゲームです。
発言力はダイスの数で表され、すべてのプレイヤーは最初は3個のダイスからゲームが始まります。
.
王への請願を通すために必要な条件は「7個のダイスがすべて同じ目であること。」です。
つまり、「4,4,4,4,4,4,4」とか「1,1,1,1,1,1,1」といったダイスの目を作ることが目的です。
そもそもダイスが3個しかないのに7個の目をそろえるなんてことは、そもそも数が足りないのにどう考えても不可能です。
なので、ダイスの出目を使って、家臣たちを仲間に引き入れ、
発言力(=ダイスの目)を増やして行きましょう。
.
プレイヤーの手番はダイスを振って目を確定させるところから始まります。
例えば、「2個のダイスがすべて同じ目であること」という条件を満たせば、「農夫」を仲間に入れることができます。
農夫の効果は、振るダイスが1つ増えるというものです。
つまり、農夫を仲間に入れたことにより、4個のダイスになることで、王に1歩近づいたイメージとなります。
(詳細は割愛)
.
家臣は、単純なダイスの数を増やすだけのキャラクターだけではなく、
変則的な能力をもった家臣も存在します。
「任意の1個のダイスの出目を1~3増やす」「任意の1個のダイスの出目を減らした文だけ、別のダイス1個をその分増やす」など。
この能力は毎手番ごとに発動でいるため、運要素が強いダイスゲームでも、
どの能力を、どの順番で発動させればいいかが悩ましいゲームです。
.
「任意の1個のダイスの出目を1~3増やす」
「任意の1個のダイスの出目を減らした文だけ、別のダイス1個をその分増やす」
.
●この二つの能力を使って、以下のダイスを想定してみましょう。
「1, 4, 4, 5」

①「任意の1個のダイスの出目を1~3増やす」で1の目を+2する。
「3, 4, 4, 5」

②「任意の1個のダイスの出目を減らした文だけ、別のダイス1個をその分増やす」で3の目を1増やし、5の目を1減らす
「4, 4, 4, 4」
.
2回の能力を使用しただけで、4個のダイスを揃えることができました。
このゲームはそういった、運要素をプレイヤーの知恵で書き換える神のような感覚に浸ることのできるゲームです。

続きを読む
閉じる
151
名に参考にされています
2016年12月27日 11時37分

王へ請願する為にダイスの目を操作して役を作り強い協力者を得ていくゲーム。

王を説得する為には同じ出目を7つ揃える必要がある。

最初はダイスが3つしか無く協力者を得るのも一苦労だが協力者を能力を使うことでどんどん強くなれる。

だが協力カードはそれぞれ枚数に限りがあり序盤に大事な協力者を得ないとその後の展開に大きく差が開く。

あと出目を揃えるのは比較的簡単なので出目を操作する能力よりもダイスを増やす能力を持つ協力者をどんどん増やすだけで勝ててしまう。

2.3回やるとセオリーが分かってしまうのは残念なところ。いくつも戦術があればそれでも良いがこのゲームはダイスを増やす以外のセオリーは見つけられなかった…

続きを読む
閉じる
141
名に参考にされています
2017年06月24日 20時38分

ジャラジャラサイコロを振るのは楽しいよね!自分が最初にボードゲームにハマった時にお世話になったゲームです。サイコロを使いながらも、出目を変えていくのに衝撃を受けました。

サイコロを振ってカードをゲットし、そのカードを使ってサイコロの出目を変化させるということを繰り返し、最後にはなるべく多くのぞろ目を揃えるというゲームです。

国王を取った人が圧倒的有利なので、自分がやるときは色を変えたサイコロ2つを用意し、国王を取った人は王妃を加えたあと、2つのサイコロを色の違うダイスに変更するというルールにしています。色の違うさいころは1回目のあと必ず確定させなければならないという制限をつけます。こうすることでサイコロは多いものの、サイコロを確定させなければならず、出目が悪いときはカードの効果をつかうことになることもあり、最後まで接戦が楽しめます!

あと農夫を取れないと出遅れる傾向が強いので農夫は人数分用意してやっています。

ここまで王への請願の説明をしてきましたが、カードの種類やダイスの種類がふえ、ランダムサプライによってリプレイ性も高くなった【ファラオの恩恵】の日本語版があり、そちらもオススメです!!

続きを読む
閉じる
134
名に参考にされています
2018年01月16日 19時42分

今回は、実は以前一度やろうとしたけどルール説明の最中に強烈な眠気に襲われて中断してしまった、かなり手ごわそうなゲームをやりました。つまり2度目の挑戦です。
サイコロをいくつか振って、その出た目の結果でもらえるカードが決まり、そのカードを駆使して王様までたどり着いていく、プリンセスメーカーの王国での会話システムを彷彿とさせるルールでした。(分かりづらくてすみません。)

なかなか理解できるまで時間がかかりそうと思いきや、脳みそがボドゲに慣れてきているみたいで、以前ルール説明で挫折したときよりはすんなり出来ました。

結果は、僅差で僕の負けです。でも僅差なので嬉しい。初心者なのに健闘したほうなのではないでしょうか…。 


これを書いている今、ほとんどルールなどを忘れてしまったのですが、サイコロをいっぱいもらえば勝てるやつだ!という印象が残っています。そして門番はやはりチョロい。プリンセスメーカーと同じです。

サイコロを振る感触が楽しく、ボードゲームやってるなあ!と実感できます。

カードのイラストが動物で凝っていて可愛いのでそこも楽しめました。

※上の写真の赤いハートはこのゲームとは無関係の、プリパラの神ジュエルです。

続きを読む
閉じる
110
名に参考にされています
2017年06月12日 20時04分

お気に入りの1つです!


さいころを振って出た目を1つ以上確定しながら行っていき、より早く王を獲得するのはもちろんのことダイスのコントロールが出来るカードやダイスの個数を増やすカードを獲得しながら、最終決戦時に逆転も可能!


ダイス運もありますが、カードによっては計算をしながら行うとよりスピーディーにぞろ目が揃っていきます。どのカードをどのタイミングで狙っていくか、それぞれのダイス数などを考えながらサクサク進められます。


ただ、勿体ないのはもっとダイスを増量してくれれば同時進行が可能なことですかね。少し特殊な手番順を採用しているため、それぞれに箱と3~5つ程度のダイス、あとはカードや数字がかかれたコインの様なものがあれば確定ダイスを隠匿しながらそれぞれの出目が確定できてよりサクサクプレイできる気がする。


オススメなところは、ルールが簡単あまり考えなくてもできインストもしやすい点ですね(笑)初心者の方もやりやすいゲームになっていると思います。

続きを読む
閉じる
109
名に参考にされています
2018年01月06日 22時58分

4/10

戦略のあるお手軽ダイスゲー。意外と評価が別れるゲーム。

個人的には、選択肢が多い分、やったことある人とない人でかなり差が出ると思った。

あと、出遅れると、追いつけない気がするし、2回目以降は、同じ戦略に偏る気はする。

ちなみに自分がプレイしたのは、新版のアニメ風イラストの方で、もしかしたら、旧版の方なら、変わったかもしれない。(どちらかといえば、アニメ調のゲームが好印象ではないため)

と若干きつめの評価だが、決してつまらなくはないので、興味のある人はプレイしてみるといいかも。

あと、待ち時間が長いので、2〜3人の少人数推奨。

続きを読む
閉じる
93
名に参考にされています
2016年05月25日 16時48分

出目を使用してカードを獲得、さらにそれらのカードを使用して出目を操作したり
ダイスを増やしたりできるため、100%運だったり作業感がでてきてしまったりしないところが良いです。

もちろん、ダイスゲームなので運の要素が大きかったり、
人数が多いとダウンタイムが長くなりすぎてしまったりする問題はありますが、
カードの購入やダイス目の操作は楽しく、仲間内でも非常に評価が高く人気のゲームとなっています。
繰り返し遊べるゲームですし、箱も小さいので旅行先などのプレイにもおすすめです。

続きを読む
閉じる
74
名に参考にされています
2016年04月28日 10時15分

何が出るかな?っていうガチャガチャみたいな期待感があって、サイコロをたくさん振れるゲームってそれだけで楽しくて好きです♪
このゲームは私みたいにダイスゲーが好きという人に特にオススメです。
最初は少ないけどサイコロの数を増やしていったり、能力カードを使ったりして、サイコロで納得のいかない数字が出ても出目を変えることが出来るから、もう一回振り直すときも願をかけながらワクワク出来ちゃいます!
能力に関係なく、可愛い動物カードを集めたくなっちゃうくらいカードのイラストも可愛いです!

続きを読む
閉じる
71
名に参考にされています
2016年04月22日 09時21分

プレイヤーは王への請願を届けるべく王の家来たちを仲間にし
力を蓄え王のもとへ近づいていきます。
ダイスを振って条件をクリアすることで仲間を増やし
仲間の能力でさらにパワーアップしていきと
最初は絶対無理に思えた王への道が家来たちの連携技で
少しずつ近づいていくのは快感。
しかも家来たちのイラストが超かわいい。
このゲームを作ったトム・レーマンはあの「パンデミック」を
作った天才。面白くないわけないですよね。

続きを読む
閉じる
55
名に参考にされています
2016年03月27日 20時14分

あなたは一国民だ。成り上がって王への請願を達成せよ。
ダイスを振って人脈(カード)を入手、人脈(カード)の効果でダイスを強化、王への繋ぎを手に入れたものが勝利かと言うとそうでもない。
ファイナルターン!
一番多くゾロ目(6>1)を出したものが、最終的に請願を成功させる。

とにかくダイスを振りたい人にオススメのゲーム。あと動物好き。カードがかわいすぎる。
王のカードを手に入れたのにダイスが足りなくて請願を失敗したのは私だ。

続きを読む
閉じる
37
名に参考にされています
2018年12月11日 16時14分

ダイスを媒体とした発展系ゲームです。

ダイスでカードを獲得しながら、その効果でダイスを操作したり、増やしたりしながら最終的に同じ目をたくさん出すことを目指します。

ダイスを1つ以上確定させることで、残りを振りなおせるルールでダイスをうまくマネージメントできるようになっていますが、反面でどうしても強いカードがきまってしまうのが難点でしょう。

1つ確定すれば振りなおせるので単純にダイスを増やすカードが強く、そればかり取る展開になります。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,700(税込)日本語マニュアル付き残り2点
  • 107興味あり
  • 756経験あり
  • 146お気に入り
  • 507持ってる

チェックした商品