マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 180分~300分
  • 2005年~

トワイライト・ストラグルsenshuwataさんのレビュー

347
名に参考にされています
2016年04月19日 19時34分

冷戦時代の米ソ対立をテーマにした2人用戦略ゲーム。
デフコンの低下による核戦争の危機、宇宙開発競争、各地でのクーデターの扇動など、当時の世界的な緊張をうまく表現した作品。

複雑そうに見えますが、ルール自体は案外簡単。
ゲームは10ターンあり、最終的に勝利点がプラスのプレイヤーが勝ちです。

最初にそれぞれのプレイヤーにカードが8枚くばられ、これをどうやって出していくかがゲームの肝。
カードは全部で110種類あり、日米安保や朝鮮戦争、文化大革命、キューバ危機など実際にあった歴史的事件などをあつかっているので、世界史の勉強にもなります。

手持ちのカードの効果が自国に有利な場合、それを発動させてイベントを引き起こすか、それともカードの左上にある数字(作戦値)をつかって自分の影響力をどこかの国に配置したり、クーデターを引き起こしたりするかなど、戦略的な要素がふんだんに盛り込まれています。
それでいて、さいころをふって判定する運要素もあり、ボードゲームとしてのバランスがすばらしい。

ゲームは複雑にしようと思えばいくらでもできます。
多くの駒を用意し、煩雑で細かいルールを設定することです。

しかし『トワイライト・ストラグル』はこの複雑な冷戦の世界観を、ボードゲームとして徹底的に洗練してシンプル化することに成功しています。デザイナーの手腕が天才的としかいいようがありません。

対戦相手がいない、とりあえずどんなゲームかやってみたいという方は、SteamでPC版の販売(1000円ぐらい)もあるので、そこから手を付けるのがいいでしょう。

ただSteam版は英語です。
しかし英語だからといってやらないのはもったいないです。

『トワイライト・ストラグル』普及のため、ゲーム内容やルールなどを、PC版のチュートリアルの流れを参考に、日本語でわかりやすく解説したブログをほぼ勢いで開設したので参考にしていただければと思います。そして一人でも多くのボードゲームファンにこのゲームの楽しさが伝えられればと切に願います。
http://minorgame.blog.jp/archives/2838242.html

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 一味
  • 大石
senshuwataさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 201興味あり
  • 102経験あり
  • 40お気に入り
  • 140持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力11
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘8
アート・外見1
作品データ
タイトルトワイライト・ストラグル
原題・英題表記Twilight Struggle
参加人数2人用(180分~300分)
対象年齢未登録
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク