マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 180分~300分
  • 2005年~

トワイライト・ストラグルTRIGUNさんの戦略やコツ

746
名に参考にされています
2017年12月07日 21時41分

1 ソ連初期配置
 通常はポーランドに3 ユーゴに3だと思います。これは無難でいい配置だと思います。ただ他の初期配置も知っていたほうがいいと思います。
 オーストリアに5 ユーゴに1
 ねらいは初手での影響力排除です。米が西ドイツ4イタリア3で初期配置したら、4Pカードで西ドイツに+1の影響力排除を4回しかけます。確率的には0にできます。
 HLに社会民主党政権をだせると壊滅的な効果があります。西ヨーロッパから米のポイントを消せますw 普通そうなったら戦意喪失で投了するでしょう。
 この戦略をするときは、アジアは捨てるつもりで、ヨーロッパに集中するのがいいようです。西ドイツからフランスへ、ギリシャトルコも支配し、スペインを影響力排除で支配する。コントロールするぐらいの気持ちでヨーロッパに攻勢をかけましょう。
 アメリカの対処法
 マーシャルプランがあればHLで使えば問題ありません。
 CIAがあれば先にどこかでクーデターしてデフコンを4にしましょう。
 東欧動乱でも防げます。
 上記のカードがないときは、イタリア4 ギリシャ3で配置するのがいいと思います。ヨーロッパはあきらめます。 このソ連の初期配置は、西ドイツに米の影響を配置させない点で優秀だと思います。


2 キューバはアキレス腱
 中米はアメリカがドミにしても2点しか入りません。キューバが存在するからです。
 しかしキューバはソ連にとって弱点でもあります。失うととたんに点数が跳ね上がるので失うわけにはいきません。それを利用します。
 アメリカの最後の手順でニカラグアを支配します。すると次のターンの最初に厳しい選択を突きつけることができます。
 A キューバを守る
 この場合ニカラグアにクーデターすることになります。これでキューバは守れます。しかしデフコンは下がりませんから、アメリカにBGへのクーデターを許すことになります。たぶんアフリカのBGを1つ失うでしょう。
 B BGへのクーデターを優先する。
 この場合デフコンが2になります。自陣営のBGは守れます。一方でアメリカはキューバに対して影響力排除を+1でしかけます。4opのカードでくるでしょうからほぼキューバを失います。
 点数的にソ連はキューバを守るほうを選ぶでしょうから、アメリカはクーデターの権利を1回手に入れることができます。


3 ボツワナが大事
 南アフリカはアメリカにとって貴重な橋頭堡です。ここを失うとアフリカをコントロールされる可能性があります。その場合10点失います。南アフリカを防衛する上で鍵となるのがボツワナです。アンゴラは普通ソ連が支配できます。さらにボツワナを失うと、+1で南アフリカが影響力排除をくらいます。これは耐え切れません。
 南アフリカとボツワナはセットです。両方支配して初めて維持できます。
 このゲーム 影響力排除を使いこなせるようになると中級者といっていいでしょう。


4 タイは+3の影響力を起きましょう。
 これは初心者向けの記事です。
 チャイナカードは全てアジアで使う場合5opになります。タイを支配されていても、それを全てつぎ込むと支配を逆転できます。これを防ぐには、1余計におく必要があります。パキスタンも同様です。


5 アメリカをプレイしていて大事なことは、いかにクーデターの権利を奪うか。

  通常ソ連側はデフコンを2まで下げます。ターンエンドに3に上がりますが、ソ連側が先行なのでクーデターはソ連だけが権利を得、毎ターン2点獲得します。これを素直に許すと、米国に勝利はありません。

 毎ターン最終手番に、ソ連が対応せざるを得ない一手を差しましょう。そしてクーデターと天秤にかけさせましょう。強豪米国プレイヤーは、毎ターンこの手を取ってきます。

 結構勘違いされていることなのですが、終盤は確かに米側が有利です。しかし9対1や8対2程の圧倒的優勢ではありません。意外とソ連側のカードもいいものがあります。せいぜい7対3です。しかもウオーゲームでサドンデスもあるので、最低でも5点差以内で8ターンに入る必要があります。

 つまり、米側はただ長引かせるだけでは勝てないのです。ここを間違っている人が多い。序盤から点差がつかないように攻撃する必要があります。


6 アフリカは頂点と底辺が大事

 アルジェリアをソ連が取ると、事実上アフリカは赤化します。米側は過剰に3配置した方がいい。それと隣のチュニジアも必須。BRUSHWARされないように仏・アルジェ・チュニジアを繋げましょう。

アフリカの帰趨はアルジェが決めます。

底辺の南アについては前述しているので省略。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
TRIGUNさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 302興味あり
  • 187経験あり
  • 77お気に入り
  • 260持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力16
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘12
アート・外見1
作品データ
タイトルトワイライト・ストラグル
原題・英題表記Twilight Struggle
参加人数2人用(180分~300分)
対象年齢未登録
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿