マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 180分~300分
  • 2005年~

トワイライト・ストラグル白州さんのレビュー

722
名に参考にされています
2017年12月11日 10時52分

7/10

一時期、ボードゲームギークでランキング1位をキープしていたボードゲーム。

どちらかというと、ウォーゲームよりなのだが、普通のウォーゲームが丸一日かかるのに比べ、このゲームは早ければ1時間、長くて3〜4時間で終わるので、かなり今のボードゲームよりになっている。

ウォーゲームはそこまでプレイしたことないので、詳しくはないが、基本的には、カードを1枚プレイして、そこに書かれている内容のイベントを発動するか、カードの左上に書かれている数字を使って、国に影響力(陣取りの数字的なもの)を配置するのがメイン。

面白いのは、このゲームはソ連側とアメリカ側でプレイするのだが、イベントはソ連側に有利なものとアメリカ側に有利なものが存在しており、当然、ソ連側のプレイヤーは、アメリカ側に有利なイベントを発動させたくないし、逆もしかり。

しかし、例えば、ソ連の手札にアメリカが有利になるイベントカードがあるとしたら、ラウンドが終わるまでには、それを強制的に発動するときがくるのである。この相手側が有利になるイベントが強制的に起こるシステムが特徴らしい。

とまぁ、これを書いてもよくわからない人もいると思うが、テーマ的に面白そうだなと思っているなら、手にとって見る価値はあるゲーム。

しかし、重ゲーであることは確実で、初心者にはおすすめできない。しかし、テーマが好きでボコボコにされてもやりたい!というのであれば、ありかもしれない笑

やっていることはカードを1枚出して、陣取りしていくだけなので、シンプルといえば、シンプル。基本的に重ゲーはやらない自分がこのゲームを絶賛するのは、このシンプルさがあるからだと思う。あと、全てのカードに歴史的背景があって、全てのカードの効果が違うので、カードによって、遊戯王とかギャザ的な興奮もある笑

また、このゲームでは前半ソ連が有利で、後半がアメリカ有利になっている。つまり、2人の実力が違うのであれば、初心者にソ連、経験者にアメリカとしてプレイすれば良い。

ほかにもいくつかバリエーションが存在しているので、新しくそちらでプレイすれば、経験の差もなくなるかもしれない。

ルールブックは日本語版で12ページくらいだった気がするので、そこまで多くはないが、ゲームに慣れていない人はわかりづらい表現が多く、最初はルールを間違う可能性も高いところは気を引き締めていく必要はある。

あと、このゲームは、アプリ版が存在し、このアプリが非常に完成度が高いので、カードの訳を手に入れ、ルールを把握していれば、かなり充実したゲームアプリになると思う。1000円前後で購入できるので、8000円を超えるこのボードゲームを購入するのに躊躇している方は先に体験してみるのもいいかもしれない。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 305興味あり
  • 189経験あり
  • 77お気に入り
  • 260持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力17
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘12
アート・外見1
作品データ
タイトルトワイライト・ストラグル
原題・英題表記Twilight Struggle
参加人数2人用(180分~300分)
対象年齢未登録
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿