マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

タギロンTAGIRON

最も情報が落ちる質問は?今までの情報を繋げると?たぎる論理!

0から9の数字が2枚ずつあり、5は2枚とも緑、残りは赤青1枚ずつ。
プレイヤーはランダムでその数字チップを5枚受け取ります。
数字をついたてに隠した状態で、順番に公開されている質問カードのどれかを選び、相手に質問します。
質問された人は正直に答え、聞いた人は手元の紙にメモします。
早く相手の数字と色の組み合わせを当てられた人の勝ちです。

わかっている情報から論理的に相手の数字と色を絞り込んでいき、得られる情報が1番多い質問を選ぶという、論理パズルが好きな人にはたまらない推理ゲームです。

シンプルで、プレイ時間は10分ほどですが、負けるときもたいていあとちょっとで当てられる状態なので、次なら勝てる!と繰り返し遊びたくなります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 58興味あり
  • 306経験あり
  • 78お気に入り
  • 183持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力10
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルタギロン
原題・英題表記TAGIRON
参加人数2人~4人(15分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体ジェリージェリーゲームズ(JELLY JELLY GAMES)
拡張/関連元たぎる論理(Boiling Logic)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 108
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月16日 22時26分

    細かいルールについては『ルール』の項を参照。お互いに、相手の隠された数字を当てるゲーム。メモ取りは自由なので、このメモと推理力で相手に勝つ!システムは、『アルゴ』とかなり似ている。というか、明らかに『アルゴ』をもとにして、変化させたようなゲーム。数字の並べ方の条件やそれを当てると勝ち、という内容は一緒だけど、最も変わっているのは、やはり質問のパターンを場のカードから選ぶ、ということか。質問の答えは推理要因になるのは当たり前だけど、数字タイルの内訳とか相手がした質問とかからの推理できたり、自分がされるとヤバい質問を相手にさせないために取る、という戦略も生まれる。推理系が好きな自分としてもな...

    フクハナさんのレビューを読む
  • 148
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月28日 13時16分

    2人でやった時のレビューになります。相手が使っている数字と色を順番に当てる。当てるための質問カード選びがカギを握るゲームです。ヌメロンが好きだった友達とやりましたが、まぁ面白い!!質問カードは6枚から選んで、減った分補充するのですが、そのカードの引きの運にも左右されます。思考を巡らせて勝つ!!まさに滾る理論でした。

    だかさんのレビューを読む
  • 226
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月17日 11時49分

    6/10たぎる論理が4人までできるようになったバージョン。たぎる論理は未プレイなので、カード内容が変わったかはちょっとわからないが、基本は変わらないと思う。似たゲームとして、アルゴがあるが、アルゴは手札によって、かなり早い段階で詰む可能性があるが、その状況がこっちでは起きにくいと思うので、個人的にはアルゴよりも好き。だが、アルゴをプレイしたことがあると、その想像の範囲は超えてこない予想通りの展開。とはいっても、もともと、アルゴも完成度の高いゲームなので、想像を超えてこないといっても、2人論理パズルゲームとして、かなり面白い。3〜4人ルールはやったことはないけど、3〜4人でやるなら、他のゲ...

    白州さんのレビューを読む
  • 157
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月14日 21時34分

    同人ゲーム「たぎる論理」がバージョンアップ!お互いが数字と色の書かれたタイル5枚をついたての裏に隠し持ち、相手が持っているタイルの「数字」と「色」と「並び」をドンピシャで当てるゲーム。ヒントは自分だけが知っている5枚のタイルと、相手に投げかける質問カードの返答だ。相手の持つ数字タイルが頭の中で完成した瞬間は、まさにアハ体験の如き快楽。同人版の「たぎる論理」の数字タイルは木駒で、「TAGIRON」は紙タイルになっているが、よく言えばコンパクトに収まっており、持ち運びが容易だ。何より、同人版は2人専用だったが、TAGIRONでは最大4人まで遊べるルールが追加された。論理を組み立てるのに役立つ...

    おっきーさんのレビューを読む
  • 611
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月31日 12時17分

    伏せられた数字を当てるゲームです。質問カードで絞っていくのですが、質問カードを指定する時は最初に「自分が質問に答えなければならない」という点がポイントです。▼ゲームの概要※4人プレイ時です。2人プレイはルールが変わります。0-9のタイルが2セットあり、それらをランダムで各プレイヤーに4枚ずつ配ります。それらをついたての中に入れ、ルールに沿って自分の前に表向きに並べます。推理用の専用シートを受け取ります。スタートプレイヤーを決め、場に置かれた質問カードの1つを指定し、自身から時計回りに答えていきます。最後に質問カード補充します。その後、次のプレイヤーの手番となり、同様に行います。これを繰り...

    atcktさんのレビューを読む

リプレイ 2件

  • 19
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月16日 22時24分
  • 290
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月23日 20時47分

    2人プレイで3回遊びました。1回目2回目は読み飛ばして大丈夫です。。1回目:自分がインストしておきながらまさかのルール(というか推理対象)把握漏れで負け手元に緑の5がなく、自分でルールを読みながらも5が緑だということを把握できておらず。 赤は何枚?2枚 ふーん、じゃあ青3枚なんだ・・・と推理を進めてしまい、途中からかみ合わなくなり、絶対回答間違えてるよ!と言っていたら単に私の把握漏れでした。。2回目:言い間違えで負け当たっていたんですが、言い間違えてたみたいで、正解になりませんでした。。3回目:勝ち!こんな感じでメモしています。多分シンプル目です。①偶数は何枚?→2枚まず数字を絞り込み、...

    まつながさんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク