マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 15分~20分
  • 10歳~
  • 2020年~

スパイシーbine(ビネ)さんのレビュー

79名 が参考
1名 がナイス
約1ヶ月前

基本は「場に出ているであろうカードよりも大きな数字を言っていく」だけなんです。
「ワサビの4」と言われたら「ワサビの5」という具合
すべてのカードを裏向きでプレイするので本当にそのカードなのかは出したプレイヤーしか判りません。嘘を言っていると思ったらそれを指摘することができます。「ブラフ」という種類のゲームに属するものですがこのゲームが優れているなと思う点は

完全な嘘(ブラフ)の時もあるしそうではないときもあるし、本当の時もあるという点かなと思います。

「ワサビの4」に対して「ワサビの5(本当はコショウの7を出した)」ら種類も数字も違うのでまったくのでたらめですが、「ワサビの4」に対して「ワサビの5(本当はワサビの1を出した)」ら種類は合っていて数字が違うので半分は正しいことを言ってることになります。
「それはワサビじゃないな!」という指摘はセーフティになるということです。種類が違って数字はルール通りでも同じ事が起きます。プレイした感じ「完全に嘘」は挙動などで察知されてしまう場合がありますが「半分は真実」というケースでは割と心を平静に保ったままカードを出せる気がしました。だって本当の事を言ってるからね。
簡単そうなブラフゲームなのに思った以上に難しく思った以上に白熱します。

エスニックな絵柄と金や銀の派手派手なカードも独特です


この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
哀川 勉
勇者
bine(ビネ)
bine(ビネ)
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 74興味あり
  • 195経験あり
  • 30お気に入り
  • 76持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ11
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルスパイシー
原題・英題表記Spicy
参加人数2人~6人(15分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

bine(ビネ)さんの投稿

会員の新しい投稿