マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分~50分
  • 2020年~

セブンセグメントトリックス bine(ビネ)さんのレビュー

52名 が参考
2名 がナイス
10日前

配られた手札を見て「今回は何回くらい勝てるか」を予想・宣言してからゲームを開始する「ビット方式」っぽい体裁を取りながらも全然雰囲気が異なるのが面白いところ。一般的にビット方式は宣言した勝利数を目指して過不足の無い様にうまくコントロールしていくものなのだが、このゲームはその状況に併せてそのビット数(勝利宣言数)すらも変動させることが出来る独特のシステム。デジタルを模した数字カードの上に勝利数を示す棒を載せて別の数字とすることが出来ます。「3」の左側に2本棒を足して「8」に!といった具合です。マッチ棒パズルにも似たこのギミックがゲーム中のいろいろな部分と結びついています。棒を置いて数字をある程度変動できるのでカウンティングの概念が通じなくなるのも斬新。

ともう一つ。各色1から9までの数字を用いるので「8」は上から二番目なので本来ならば強い部類の数値なんですがこのゲームにおいては「棒が置けない=数字が変えられない」という意外と不便な数字であるところも秀逸。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
ビッチュウ
いぬた
大賢者
bine(ビネ)
bine(ビネ)
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 23興味あり
  • 95経験あり
  • 19お気に入り
  • 49持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルセブンセグメントトリックス
原題・英題表記Seven Segment Trix
参加人数3人~4人(30分~50分)
対象年齢未登録
発売時期2020年~
参考価格2,800円
クレジット
ゲームデザイン新澤 大樹(Taiki Shinzawa)
アートワーク未登録
関連企業/団体倦怠期
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

bine(ビネ)さんの投稿

会員の新しい投稿