マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アール・エコ+R-ECO+

レーティングの登録/分布

  • アール・エコ+の画像

ゴミ処理業者になりうまくゴミを処理して、

その報酬を稼ぐカードゲーム。

友人たちと4人でプレイしました。


この「アールエコ」はけっこう有名らしく、

バージョンが沢山存在するみたいですが、

これはおそらく、一番、最新のバージョンかな。

従来のルールの他に、もう1つ新ルールがあるのが特徴です。


今回は従来のルールで遊びました。

まず、場に赤、青、緑、灰色の処理場タイルを1枚ずつ配置します。

このタイルは一方の辺がゴミ処理エリアで、

もう一方の辺がゴミ捨て場ってゆう設定です。


各ゴミ処理場タイル上には、

報酬カードを特定の順番で重ねて置きます。

これはゲーム終了時に得点になるカードで

0点からはじまり(一番上が0点)、1点、2点と続きますが、

途中に-2点があり、後半は4点、5点と続きます。


で、ゴミカードなるものがあり、これを山札にして

全員に3枚ずつ配り手札とします。


ゴミカードには色んなゴミが絵で描かれて

色でごみの種類が区分けされてます。


赤は缶ビン類、青はプラスチック、

緑はペットボトル、灰はリサイクル家電。


ゴミには冷蔵庫があったり、テレビがあったり

缶や瓶やプラスチックも、いちいち銘柄が違ってたりして芸が細かいです。

なんかゴミ処理のゲームしてるなーって感じッス。


ゴミカードの山から4枚引いて、各処理場タイルのゴミ捨て場に

てきとーに1枚ずつ表面で配置してゲームスタート。


自分の番になると、

1色を決めて、手札からその色のカードを好きな枚数、

同色のゴミ処理エリアにプレイします。

同じ色なら好きな枚数プレイできるのがポイント。


というのも、

各ゴミ処理エリアにゴミが4つ以上置かれると、

その瞬間に自動的にゴミ処理がなされ、

そこにあるカードは全て捨て札になるのですが、

ゴミ処理が実行されるようにカードを置いた者は

(つまり最終的にゴミが4つ以上になるよう置いた者)

その処理場タイル上の一番上の報酬カードを獲得できるからです。


このゲームではこの報酬カードが勝利点なので

なるべく、みんなプラス点の報酬カードを得たいわけです。


ただ一番上は0点です。途中でマイナス2点も登場。

なので、どこにカードを何枚置くかを考え、

誰が、どのタイミングで、

ゴミ処理を実行するかとゆう駆け引きが生まれるって仕組みです。

(ちなみに、ゴミカードの中には1枚でゴミ2つとかもある)


マイナス2点のカードが一番上になってる処理場のゴミ処理は

誰も実行したくないので、

そこにゴミが4つ以上になってしまうカードを置きたくないわけですが、

どうしても置かざる負えない状況になったりします。


これには手札補充(ゴミの回収)が、

大きく関わってきます。


どーゆうことかとゆーと

手番者はゴミを処理エリアにプレイした後、

ゴミ処理が実行されたかどうかに関係なく

手札補充をしなくてはなりません。


どこから補充するかとゆーと、

自分がゴミを配置した処理場タイルのゴミ捨て場にあるカードを

全て手札に入れなくてはならないのです。


ゲーム開始当初は、ここには1枚ずつしかカードがないので

どの処理場にゴミを置いてもそんなに気にならないのですが、


ゴミが回収されて、ゴミ捨て場のゴミがなくなるとすぐに

そのゴミ捨て場に、新たにゴミが置かれます。

その数は、そのゴミ処理エリアのゴミ数

(つまり反対側の辺にあるゴミ数)+1枚です。


山札から引いて置いていくので、

どんな色の組合せのゴミがそこに捨てられるかは運次第。


もしゴミ処理エリアのゴミ処理が実行されないギリギリの3つあるなら

そこのゴミ捨て場にはゴミカードが4枚も置かれます。


すると次にその色のゴミ処理エリアにゴミカードを置いた者は

4枚ものゴミカードを手札に入れなくてなりません。


実は手札が増えると困ることがあります。

それが不法投棄です。


不法投棄ってゆうのは、誰もが眉をひそめる行為です。

ゆえにゲームにおいても、それをあんましたくないし

やるとちょっと罪悪感があったり

みんなに「この悪徳業者!」と好きにいじられたり

とにかくゲームを盛り上げる要素なので、

このゲームにもちゃんとあります。


手札を補充した際に

手札が6枚以上になったら、5枚になるまで

自分の前にゴミを伏せて置かなくてはなりません。

この自分の前のゴミが不法投棄です。


不法投棄は、ゲーム終了時、

1枚につき-1点とペナルティになります。

ちなみに、不法投棄が1枚もなければ

ボーナス点がちょっとあります。


不法投棄はしたくない。

だから手札はそんなに増やしたくない。

しかし、カードをゴミ処理エリアに置いたら、

その反対側のゴミ捨て場のカードを全て回収しなくてはならいため、

なやむわー、汗ばむわー、ってことです。


あと、獲得した報酬カードにはちょっとした制限があって、

ゲーム終了時に、特定の色の報酬カードを1枚しかもっていない場合、

その報酬カードは捨てなくてはなりません。


だから報酬カードを2枚以上にするために

0点のカード獲得も意味があるし、

このルールを利用して、

取ってしまったマイナス2点のカードを

無くすことも可能です。


報酬カードを得る時に

どっか1か所の報酬カードが尽きたらゲーム終了。


実際のプレイでは、1回目は

僕がどうしても不法投棄をしなきゃならない状況になり

もうヤケクソで不法投棄ありきで高得点を狙ってプレイしたら、

なんと、得点トップで優勝しました。

不法投棄を沢山しても、その採算にみあう得点を得られれば勝てます。


しかし2回目のプレイでは

今度は、不法投棄なしのクリーンなプレイヤーが勝ったので、

勝者になるのにも、色んなパターンがあったりして、

どんなプレイをしようか、臨機応変な対応が求められます。


-2点時のゴミ処理場での洗面器レース。

不法投棄をものともしない悪徳業者プレイ。

なんとかやりくりしてクリーンを目指す者。

相手をはめるために、うまくゴミを置いていく者。


そんなゴミ処理場での攻防の物語を

楽しめるゲームでした。


ちなみに、もう1つのルールは、また全然違うルールで、

ゴミの分別が重要なポイントのゲームになってます。

元のルールが面白くて、そっちばっかをプレイしましたが

また機会があれば、もう1つのルールの方も試してみたいかなー。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:レモネード
  • 17興味あり
  • 34経験あり
  • 2お気に入り
  • 54持ってる
テーマ/フレーバー
未登録
メカニクス
未登録
作品データ
タイトルアール・エコ+
原題・英題表記R-ECO+
参加人数2人~4人
プレイ時間30分前後
対象年齢8歳から
発売時期2023年~
参考価格1,750円
関連作品
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人-非公開
9点の人-非公開
8点の人-非公開
7点の人-非公開
6点の人-非公開
5点の人-非公開
4点の人-非公開
3点の人-非公開
2点の人-非公開
1点の人-非公開
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

283名
1名
0
画像
充実
レーティングが非公開に設定されたユーザー
ゴミ処理業者になりうまくゴミを処理して、その報酬を稼ぐカードゲーム。友人たちと4人でプレイしました。この「アールエコ」はけっこう有名らしく、バージョンが沢山存在するみたいですが、これはおそらく、一番、最新のバージョンかな。従来のルールの他に、もう1つ新ルールがあるのが特徴で...
続きを読む(3ヶ月前)
レモネード
レモネード

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿