マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
セブンセグメントトリックス
  • セブンセグメントトリックス	当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~4人
  • 30~50分
  • 2020年~

セブンセグメントトリックス

メーカー・卸元:サークル倦怠期 (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
日本語マニュアル付き
数字を書き換えるトリックテイキング

セブンセグメントトリックスです。(3‐4人用、30分~50分)

デジタル数字をテーマにしたトリックテイキングゲームです。

プレイヤーは、デジタル数字のカードと数字の断片(セグメントチップ)をもってゲームを行います。

セグメントチップには2種類の役割があります。

1つ目は、カードを出す際に、そのカードの数字の上にのせて、数字を書き換えることができます!

これがこのゲーム最大の特徴になります。

2つ目は、使わなかったチップの数が得点に影響します。

使わなかったチップとゲーム内で勝利した数(トリックの数)をぴったり合わせると得点が入ります!

このチップによる書き換えと、いくつ使うか、残すかのマネジメントが難しくも、悩ましく、興味深いゲームになります。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

制作者/関連企業/団体

レビュー 3件

レビュー
109名が参考
4ヶ月前

いまいちでした。。。

我が家での初のカードゲーム。これまで重量級のゲームを中心にプレイしていましたが、たまには軽いゲームを、と思い探していたところ本作に出会いました。数字を書き換えることができるというルールに新鮮さを感じ購入に至りました。

ですが、私を含め家族の反応はいまいちで、プレイしたのは1回だけ。数字の書き換えにあまり面白みを感じなかったことがその大きな理由かと思います。

「数字を書き換える」という行為が、トリックを取る(勝つ)ためではなく、セグメントチップ(数字を書き換える道具)を減らすための行為、であることもテンションが上がらない理由かと思います(取ったトリック数と、残りのセグメントチップ数が一致していると得点できるという仕組みなので、無理くりセグメントチップを使って減らした)。

本作の最大の特長が「数字の書き換え」なので、そこに面白みを感じなかったらプレイする意味を見出せないのは当然かな。まぁ、1回しかプレイしてないので何とも言えませんが。

続きを見る
閉じる
仙人
ばってら
ばってら
レビュー
99名が参考
7ヶ月前

 倦怠期でおなじみの(おなじみ?)マストフォロービッド有り切札スート固定トリックテイキング、ただしランクは固定とは言ってない。各プレイヤーに配られたチップを使ってランクを操作できるトリックテイキングです。だからランクの数字がデジタル数字になってるんですね。

 ビッド有りトリテはディールの最初に何トリック取れるかを宣言するものですが、このゲームはビッドの帳尻合わせをディールの後半~終盤に行うので、手札の良し悪しを把握するのが得意でない、経験が少ない人にも楽々行えるので、ビッド有りトリテの経験を積むための導入タイトルとして、ビッド有りトリテ初心者に全力でオススメできます。セグメント(チップ)の使用が最後の2,3トリックに集中して、そこまでに使い勝手のいいカードを残すプレイになるので、ディールの早めのトリックで、数字を弄れない2と8を早めに消費して、使い勝手のいい数字を残すプレイが鉄板なのかなと思います。

 ただ、何度も遊んでいる訳ではないので、もっと違う勝ち筋が見えてきたりするかもしれませんし、皆が同じ勝ち筋を目指すとゲームの寿命が短くなってしまう気もしますね。そこは今後何度か遊んでみて、補足したいと思います。

続きを見る
閉じる
有我悟(あるがさとる)@レガシー
有我悟(あるがさとる)@レガシー
レビュー
50名が参考
6日前

配られた手札を見て「今回は何回くらい勝てるか」を予想・宣言してからゲームを開始する「ビット方式」っぽい体裁を取りながらも全然雰囲気が異なるのが面白いところ。一般的にビット方式は宣言した勝利数を目指して過不足の無い様にうまくコントロールしていくものなのだが、このゲームはその状況に併せてそのビット数(勝利宣言数)すらも変動させることが出来る独特のシステム。デジタルを模した数字カードの上に勝利数を示す棒を載せて別の数字とすることが出来ます。「3」の左側に2本棒を足して「8」に!といった具合です。マッチ棒パズルにも似たこのギミックがゲーム中のいろいろな部分と結びついています。棒を置いて数字をある程度変動できるのでカウンティングの概念が通じなくなるのも斬新。

ともう一つ。各色1から9までの数字を用いるので「8」は上から二番目なので本来ならば強い部類の数値なんですがこのゲームにおいては「棒が置けない=数字が変えられない」という意外と不便な数字であるところも秀逸。

続きを見る
閉じる
勇者
bine(ビネ)
bine(ビネ)
  • 商品価格¥ 2,900(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 23興味あり
  • 93経験あり
  • 19お気に入り
  • 48持ってる

チェックした商品