マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~20人
  • 30分前後
  • 6歳~
  • 1988年~

セットかえるきんぐだむさんのレビュー

100
名に参考にされています
2018年11月02日 21時47分

子供の頃グループの中で1人あぶれて後ろからついてくるだけの人っていますよね。

僕がそういうタイプでした。

今思い返すと、僕の場合は周りにどう見られているのか気にしすぎて自縄自縛に陥っていたのでしょう。

周りは何にも思っていないのにね。



まあそんな話はちょっと置いといて・・・


このSETをやっていると自分が超能力者になったような瞬間がたまにきます。

置いてあるカードから取れる3枚が浮かび上がってくるのです。

スポーツでいう"ゾーン"に入るっていうのはこういう感じなんですかね。


あの瞬間は本当に気持ちいいです


ただこれ系のゲームって苦手な方多いイメージがあります。

僕も最初はルールを理解することすらできませんでした。"なんでこの組み合わせはダメなんだろう?"って。


でも僕はすんなり理解できたタイミングがあってそれが、

"仲間はずれの組み合わせを作らない"

っていうことに気づけた時でした。(当たり前のことですけどね)


つまり2対1の関係にさせなければいいわけです。



ここで冒頭の話に戻ってくるわけなんですが、

僕は未だに仲間はずれのように見える状況には敏感に反応してしまいます。

それは自分のことだけでなく、例えば街中でそういう状況の人を見るとやっぱり気になってしまうのです。


たぶんそのセンサーがこのゲームでは活きてくる気がします。(というかそう思い込むことが大事)


僕は並べられたカードを教室にいる生徒に見立てています。

そしてそこから誰も仲間外れにならないような3人組を作ることをイメージしてます。


これを意識してから嘘のような本当、勝率がマジで上がりました。

もはやカードめくりながら見つけられます。


つまりぼっちセンサーが強い方は強くなれるかもしれません(適当)

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
  • まつなが
かえるきんぐだむさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 22興味あり
  • 329経験あり
  • 49お気に入り
  • 150持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力10
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルセット
原題・英題表記Set
参加人数1人~20人(30分前後)
対象年齢6歳から
発売時期1988年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

かえるきんぐだむさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク