マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
セット
  • セット当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~20人
  • 30分前後
  • 6歳~
  • 1988年~

セット / Set の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
世界中で大ヒットの「SET」がついに日本上陸!
  • マーシャ・ファルコ(Marsha Falco)作

 このゲームのカードそれぞれに図形が描かれ、その図形には4種類の要素(図形の形、図形の色、図形の数、図形の塗り方)があります。

 SET(セット)とは、カードそれぞれの要素を見て、要素が全く同じ、または要素が全く異なるカード3枚の組合せを指します。3枚について要素全てがこのルールを満たしている必要があります。言い換えると、3枚のカードの形状がすべて同じか、すべてが異なっていて、3枚のカードのすべての色が同じかすべての色が異なるものなどです。

 ゲームの目的は、テーブルに並べられた12枚のカードの中から「SET(セット)」を見つけることです。一番先にSET(セット)見つけたプレイヤーがその3枚のカードを取り、得点を得ます。山札が無くなったときに一番多くの得点を獲得していたプレイヤーが勝者です。

セールスポイント
 発売以来、世界中で35以上のゲーム賞を受賞。
 ルールは簡単で、繰り返しプレイしたくなるゲーム。
 ルールの論理性を瞬時に適用することが求められる頭脳トレーニングゲーム。
 1人から20人まで、6歳以上からプレイ可能で、家族でも大人同士でも楽しめます!

セットに6件の書き込みがあります

126
名に参考にされているレビュー
2018年11月02日 21時47分

子供の頃グループの中で1人あぶれて後ろからついてくるだけの人っていますよね。

僕がそういうタイプでした。

今思い返すと、僕の場合は周りにどう見られているのか気にしすぎて自縄自縛に陥っていたのでしょう。

周りは何にも思っていないのにね。



まあそんな話はちょっと置いといて・・・


このSETをやっていると自分が超能力者になったような瞬間がたまにきます。

置いてあるカードから取れる3枚が浮かび上がってくるのです。

スポーツでいう"ゾーン"に入るっていうのはこういう感じなんですかね。


あの瞬間は本当に気持ちいいです


ただこれ系のゲームって苦手な方多いイメージがあります。

僕も最初はルールを理解することすらできませんでした。"なんでこの組み合わせはダメなんだろう?"って。


でも僕はすんなり理解できたタイミングがあってそれが、

"仲間はずれの組み合わせを作らない"

っていうことに気づけた時でした。(当たり前のことですけどね)


つまり2対1の関係にさせなければいいわけです。



ここで冒頭の話に戻ってくるわけなんですが、

僕は未だに仲間はずれのように見える状況には敏感に反応してしまいます。

それは自分のことだけでなく、例えば街中でそういう状況の人を見るとやっぱり気になってしまうのです。


たぶんそのセンサーがこのゲームでは活きてくる気がします。(というかそう思い込むことが大事)


僕は並べられたカードを教室にいる生徒に見立てています。

そしてそこから誰も仲間外れにならないような3人組を作ることをイメージしてます。


これを意識してから嘘のような本当、勝率がマジで上がりました。

もはやカードめくりながら見つけられます。


つまりぼっちセンサーが強い方は強くなれるかもしれません(適当)

続きを読む
閉じる
102
名に参考にされているレビュー
2016年05月27日 15時16分

カードが12枚表に向けて並べ、その中からカードの絵柄を元に「3枚のセット」を見つけるゲームです。
カードには以下の4要素があります。
.
●絵柄の色
赤色、緑色、紫色
●絵柄の模様
塗りつぶし、中抜き、斜線模様
●絵柄の形
円型、波型、ひし形
●絵柄の個数
1個、2個、3個
.
すべてのカードは上記の4要素で分けることができます。
.
例)「赤色」の「円形」で「斜線模様」が「2個」のカード
.
それらのカードの中から、3枚のセットを探します。
セットと呼べるものとは、
それぞれの4要素全てにおいて、「すべてが同じ」か「すべてが異なる」が満たされているものがセットとなります。
.
例えば、以下の3枚はセットと呼べます。
●赤色、ひし形、中抜き、1個
●緑色、ひし形、塗りつぶし、2個
●紫色、ひし形、斜線模様、3個
.
色:「全て同じ」か「全て異なるか」... OK
形:「全て同じ」か「全て異なるか」... OK
模様:「全て同じ」か「全て異なるか」... OK
個数:「全て同じ」か「全て異なるか」... OK
.
逆に、以下のものは3枚セットではありません。
●赤色、ひし形、中抜き、1個
●緑色、ひし形、塗りつぶし、2個
●紫色、ひし形、斜線模様、2個
.
色:「全て同じ」か「全て異なるか」... OK
形:「全て同じ」か「全て異なるか」... OK
模様:「全て同じ」か「全て異なるか」... OK
個数:「全て同じ」か「全て異なるか」... NG (※1個、2個、2個)
.
.
このゲームはネットに日替わりで問題を出しているところがありますので、
プレイされてみるとこのゲームの難しさが分かると思います。
URL:http://www.setgame.com/set/puzzle

カードを出し切ったとき、一番多くのセット(組み)を取ったプレイヤーが勝者となります。

続きを読む
閉じる
95
名に参考にされているレビュー
2017年04月17日 22時41分

個人的には、脳みそが覚醒するゲームNo.1。
寝る前にやった日には目が冴えてしまって一時間は寝られなくなること請け合い。

脳が何かの拍子にあるモードに入ると、スカスカと正解が分かり気持ちいいことこの上ない。

続きを読む
閉じる
93
名に参考にされているレビュー
2018年09月03日 23時50分

おススメ度:★★★☆☆


形・色・数・塗り方の4要素が全て同じか全て違うものを見つける。

ルールはシンプルなのに、この説明では?がたくさん付く。それが一つずつ分かっていって最後理解して取れるようになると快感間違いないしの、そんなゲーム。


形・色・数・塗り方の4要素が3種類に分かれています。

形:ひし形・楕円・波形

色:赤・緑・紫

数:1つ・2つ・3つ

塗り方:なし・斜線・ベタ

この3種類が全部同じか全部違うのがセット。


なので形の場合は、

全部同じ:ひし形・ひし形・ひし形

全部同じ:楕円・楕円・楕円

全部同じ:波形・波形・楕円

全部違う:ひし形・楕円・楕円

このいずれかになっていれば、形はセットになっている。

逆に

2つ同じ(1つ違う):ひし形・ひし形・楕円

はセットになってない。


これを4要素全てがセットになるかを見つけるゲームです。詳しくはインスト参照。




おばけキャッチ同様、こういう判断⇒反射神経ではどうしても、経験者と初心者では、最初はどうしても差がついてしまう。でも初心者の方の吸収は早く、どんどん差は埋まっていく。何よりも経験者が見つけていないときに「セット」と叫んで取れるのは勝利以上の快感です。

そのため、セットになるかは丁寧に説明する必要があります。できれば紙なんかに書き出して、最初は検証してあげましょう。できればセットになるパターンを紙に書いて上げているとより分かりやすくなります。

初めての人と何度か遊んでみましたが特に問題なさそうな感じでした♪


また単に1番早く見つけるだけでなく、見つけてもあえて言わず、全員が見つけたら全員発表。意外に自分が見つけていなかったものが相手が分かっていて悔しかったりして、そういう遊び方もありかな♪

続きを読む
閉じる
68
名に参考にされているルール/インスト
2018年07月16日 22時38分




【勝利条件】

セットを1組見つけたら獲得。たくさんの組数を見つけた人の勝ち。


【準備】

シャッフルして12枚カードを並べる。残りは山札にする。


【遊び方】

①12枚の中から3枚のセットを見つける。

※セットとは、形状・色・数・塗り方が全て同じ・異なること

②セットを見つけたプレイヤーはセットを宣言し全員でチェックする。

③セットだった場合は、見つけた人が獲得(1点)。

※もし間違った場合は、1点を失う。取ったカードは元に戻す。

④空いているところに山札から3枚補充する。

以降、山札がなくなるまで繰返し。

※12枚のときセットが存在しない確率は1/33。もし見つからないときは

追加で3枚補充する。 15枚のときセットが存在しない確率は1/2500。

続きを読む
閉じる
66
名に参考にされているレビュー
2017年03月29日 17時27分

得意不得意がはっきり分かれるのはおばけキャッチ以上。


カード1カード2カード3
形状


塗り方





個数


カード三枚に対して上の表を書いたときに、4つある横列のすべてが○○○×××で埋まるものがセットである。○○×や××○などの列が一つでもできるなら、それはセットではない。

慣れると、任意のカード二枚を出されたときに、それとセットになるものがわかるようになるのが面白い。ただ、これがゲームとしての面白さなのか、試験勉強に近い自己陶冶の面白さなのか、私にはわからない。個人的にはこういったゲームも好きである。一人プレイもできるので気分転換にも。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,620(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 27興味あり
  • 390経験あり
  • 54お気に入り
  • 175持ってる

チェックした商品