マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 10分~20分
  • 7歳~
  • 2019年~

サるシャベるbine(ビネ)さんのレビュー

66名 が参考
1名 がナイス
14日前

プレイしてみると「最後にるのつく言葉」がこんなに多いのかとちょっと驚く。「走る」「捕まえる」などの動詞は勿論として、「パラソル」「グローバル」など名詞(特に外来語)も意外に多くて最初の1歩で考え付かないという事は少ないが、いざ場に出ている単語を伸ばそうとすると普段使わないような考え方をしなくてはならないので少し長考気味になるような気がした。(それはそれでパッと思いついたときは「やったぜ」って思うわけですが)

ある程度単語が場に出そろってくるとそこから伸ばすのはかなり難しく頭打ちになってしまう頃にこのゲームの次のフェイズが訪れる。単語はおおむね「動詞」なことが多く主語がない場合が多い。「走り回る」「立てかける」」「重ねる」といった具合。なのでそこからは主語をくっ付けて「文章」を作る様なゲームになる。
「猫、走り回る」という具合だ。このフェイズになると接続に使う「て、に、を、は」の文字がジョーカー級の強さになる。もう無双状態といっても良い。

それ以外にゲーム全体を通して「走る」を「走れる」「走られる」の様に伸ばせる「ら、れ」や、「いぬ」や「さる」を「こいぬ」「おさる」の様に修飾できたりして知識よりもひらめきが重要なゲームだなと感じた

苦手な人はすこぶる苦手な方向性ではあるものの、年齢差のある人とやると世代ギャップで意外な発見や知見が得られるかもしれない。(そういう時は寛容な心でプレイした方が良い)

「タピる」「サスティナブル」など俗語や最近の言葉が出てきた場合は後で調べておいたりすると学びもあるかもしれない。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
きむにぃ
サるシャベる
サるシャベるの通販
サルを喋らせる。だからサるシャベる
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,200(税込)
勇者
bine(ビネ)
bine(ビネ)
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 12経験あり
  • 4お気に入り
  • 12持ってる
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルサるシャベる
原題・英題表記Saru Shaberu
参加人数2人~4人(10分~20分)
対象年齢7歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワークQUESTION_no6
関連企業/団体スタジ オタービン(Studio Turbine)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

bine(ビネ)さんの投稿

会員の新しい投稿