マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

シュタウファーDie Staufer

議会に配下を送り込んで領主を目指せ! 中世を舞台にした陣取りゲーム

シュタウフェン家は12~13世紀にかけて、数多くのドイツ王や神聖ローマ皇帝を輩出した名門。この家をこの繁栄の極みにまで導いたのは、ハインリヒ6世でした。

プレイヤーたちはハインリヒ6世の重臣となり、各地に奔走する王についてまわる一方で、各国に自分の配下を送り込んで自分の利益を確保し、最も有力な領主となることが目的です。

配下を送り込むことで、プレイヤーたちは現地の宝物を手に入れることができます。しかし、配下を送り込み続けているだけでは、配下も足りなくなってしまうため、適宜補充を行う必要があります。宝物を獲得できるのは最初の配下だけなので、バランスを見て配下を送り込んでいきましょう。

また、それ以外にも、各プレイヤーたちは独自の目的を持っています。それぞれの目的を達成することも、大きな利益を獲得する重要な要素です。お互いの目的は伏せられており、最後の最後まで明かされません。重臣たちは、お互いの目的を探り、時にはその邪魔をすることも必要になってくるでしょう。

果たして、あなたは歴史に名を残す領主となれるでしょうか?

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. R@R@
マイボードゲーム登録者
  • 51興味あり
  • 173経験あり
  • 36お気に入り
  • 153持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力6
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルシュタウファー
原題・英題表記Die Staufer
参加人数2人~5人(40分~100分)
対象年齢12歳から
発売時期2015年~
参考価格6,480円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 133
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月12日 22時20分

    ディスタウファーがボードゲームであることは一旦脇に置いて、これが「教材」としてどう有用であるか、ということを考えてみたい。まず、議席の獲得について。これがなければ王ハインリヒ6世の覚えがよろしくない。都市の議席を得るためには、人的資源を多く確保しておく必要がある。このことから以下の教訓が得られるかもしれない。「身内を重要なポストに付けるためには、その何倍もの人材とそれなりの根回しが必要だ」また、議席を獲得したり人的資源を補充する際に、様々な効果が得られる宝箱が付属してくる。これについては以下のように考えられるだろうか。「何か行動を起こせば、また誰かを味方につければ、芋づる式に次へのステッ...

    ダルニさんのレビューを読む
  • 248
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月22日 00時10分

    中世、シュタウファー家の史実がテーマのゲームです。ゲームは各ラウンド3回の手番を駆使して、6カ所あるエリアを取り合う、マジョリティのゲームです。アクションは少なく、得るものは多く、それに付随するものも多く、得点は各ラウンドに獲得、というある意味王道を行くゲームです。手番順の変化に特徴のあるゲームです。▼ゲームの概要最初に写真のようにボードを組み立てます。順番の変更などが毎回でき、各ボードから受け取る得点も毎回変更できるよう、タイルにされています。各プレイヤーは自分の色のコマを、貴族コマ1つ、皇族コマ4つもってスタートします。手番では、王様(ボード上の紫のコマ)を0エリア目と考えて、どのエ...

    atcktさんのレビューを読む
  • 171
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月04日 21時56分

    シュタウファー好きの人みんなが言ってるシュタウファーのここが駄目いくらボードのスペースが微妙に余ったからって得点ボード25点刻みは頂けない。全然100点超えるゲームなので、何周もしなきゃだし、繰り上がり処理がいちいち面倒くさいとのこと。→有志がBGGってところでスコアボードを公開しているので、初回から印刷して使いましょう。ラミネートとかベストでしょうけど私は100均のA4のハードファイルに入れてます。(リンクの Alternativescoreboard(50)ってやつです。(ダウンロードするには登録が必要かもってなぜボドゲーマでBGGの登録を推奨するのか。)手番順によってはラウンドと最...

    フーガさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 272
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月08日 09時04分

    特権について考える(書き殴り)単語はドイツ語版の和訳がベースになっていますので、日本語版をお持ちの方は以下のように読み替えてください。家族→一族公使→市民見出しの色は特権カードに描かれている薔薇の色と対応しています。青は初回プレイ向けの特権です。特権1即座に勝利点獲得お勧め度:★★★☆☆最大で8点取れる。誰かが取るたびに点数が下がっていくため、取るなら早めに決断しないといけない。他の特権はだいたい8点以上取れるポテンシャルを持っているので、序盤はスルーでOK。ゲーム後半に差し掛かって、他の特権を取っても、このカード以上に得点できないと判断したときに「まぁ取ってもいいかな」という感じ。とは...

    ヒロさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 264
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月04日 00時24分

    一番モチベが高かった頃に作った奴で、実際見せないと分からないところもあるかもしれませんし全体的にくどいですが参考までに晒します。とりあえずざっくり流れを説明して、細かい説明や効果、例外処理を後で補足する形で説明していきますね。 ディスタウファーは、王様と一緒に地域を巡回する中で、手下を各地の役職につけつつ、影響ポイントを一番稼いだ人が勝ち、というゲームです。 ◯ポイントの流れ ではそのポイントはどうやって稼ぐのか。5ラウンドあるので、ラウンドごとの決算と、最後にボーナスポイントがあるのでその合計で決まります。 決算が行われる場所もラウンドごとに決まります。最大2つの地域で決算が起こり、一...

    フーガさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク