シュタウファーDie Staufer

議会に配下を送り込んで領主を目指せ! 中世を舞台にした陣取りゲーム

シュタウフェン家は12~13世紀にかけて、数多くのドイツ王や神聖ローマ皇帝を輩出した名門。この家をこの繁栄の極みにまで導いたのは、ハインリヒ6世でした。

プレイヤーたちはハインリヒ6世の重臣となり、各地に奔走する王についてまわる一方で、各国に自分の配下を送り込んで自分の利益を確保し、最も有力な領主となることが目的です。

配下を送り込むことで、プレイヤーたちは現地の宝物を手に入れることができます。しかし、配下を送り込み続けているだけでは、配下も足りなくなってしまうため、適宜補充を行う必要があります。宝物を獲得できるのは最初の配下だけなので、バランスを見て配下を送り込んでいきましょう。

また、それ以外にも、各プレイヤーたちは独自の目的を持っています。それぞれの目的を達成することも、大きな利益を獲得する重要な要素です。お互いの目的は伏せられており、最後の最後まで明かされません。重臣たちは、お互いの目的を探り、時にはその邪魔をすることも必要になってくるでしょう。

果たして、あなたは歴史に名を残す領主となれるでしょうか?

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. R@R@
マイボードゲーム登録者
  • 37興味あり
  • 126経験あり
  • 26お気に入り
  • 113持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルシュタウファー
原題・英題表記Die Staufer
参加人数2人~5人(40分~100分)
対象年齢12歳から
発売時期2015年~
参考価格6,480円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 195
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月08日 09時04分

    特権について考える(書き殴り)特権1.勝利点(青)最大で8点取れる。他の特権のポテンシャルはだいたい8点以上取れる可能性を秘めているものの、後半に取るとそれも難しくなることが多い。なので、この特権も後半に差し掛かって、他の特権の効果が十分に発揮できないと思ったらまぁ取ってもいいかな、という感じ。基本的に特権が取れるけど、他に取りたいものが無い時に取るイメージ。特権2.同じ配置マスに入れる(青)プレイスタイルに柔軟性を与える特権。ある程度精神的負担が減らせる。各ラウンドの得点計算においては、影響力が同点でも強引に1位をもぎ取れる選択肢が生まれ、指令の達成においては、狙った配置マスを先に取ら...

    ヒロさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 135
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月04日 00時24分

    一番モチベが高かった頃に作った奴で、実際見せないと分からないところもあるかもしれませんし全体的にくどいですが参考までに晒します。とりあえずざっくり流れを説明して、細かい説明や効果、例外処理を後で補足する形で説明していきますね。 ディスタウファーは、王様と一緒に地域を巡回する中で、手下を各地の役職につけつつ、影響ポイントを一番稼いだ人が勝ち、というゲームです。 ◯ポイントの流れ ではそのポイントはどうやって稼ぐのか。5ラウンドあるので、ラウンドごとの決算と、最後にボーナスポイントがあるのでその合計で決まります。 決算が行われる場所もラウンドごとに決まります。最大2つの地域で決算が起こり、一...

    フーガさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿